おっさん冒険者ケインの善行

おっさん冒険者ケインの善行

剣と魔法の世界を舞台に、20年以上も薬草の採取を続けてきた善良な冒険者が超レアなアイテムを手に入れたことで、人生が好転していく姿を描いたサクセスストーリー。剣の技術も魔法の才能もない冒険者が、善行を積むことで少しずつ周囲の人々を魅了していく様子を描く。「マンガUP!」2018年10月から連載の作品。

正式名称
おっさん冒険者ケインの善行
ふりがな
おっさんぼうけんしゃけいんのぜんこう
原作者
風来山
漫画
ジャンル
ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

冒険者のケインは、20年以上もの長きにわたって山で薬草を採取し、その薬草を教会に納入することを日課としていた。ある日、いつものように山に入ったケインはその山で「蘇生の実」というレアなアイテムを発見する。そこへ偶然居合わせたアナストレア・アルミリオンは、死んでしまった仲間を生き返らせるために「蘇生の実」をゆずってくれないかとケインに頼む。高額で取り引きされる「蘇生の実」だったが、ケインはアナストレアの頼みを聞き入れ、わずかな金額で彼女にゆずるのだった。ケインの優しさに感動したアナストレアは、自分たちのパーティ「高所に咲く薔薇乙女団」に加入するように勧める。しかし薬草採取で生計を立てていたケインには剣や魔法の才能はなく、アナストレアたちと冒険をすることはできないと断る。それでもあきらめきれないアナストレアは、仲間のセフィリア・クレメンスマヤ・リーンと協力し、ケインを仲間に引き入れようと画策する。

第2巻

心優しい冒険者のケインに惹かれたアナストレア・アルミリオンは、彼を仲間に引き入れようとするが、パーティのメンバーであるマヤ・リーンは、ケインの冒険者としてのレベルが低すぎることを理由に反対する。マヤを説得するため、アナストレアはケインのレベルを上げようと強力なモンスターの討伐隊に参加させる。偶然とはいえそのモンスターを撃退したケインの姿に、その場に居合わせた冒険者のアベルはケインを尊敬するようになり、アナストレアの仲間であるセフィリア・クレメンスはケインに好意を抱く。聖女であるセフィリアは、ケインに自らの純潔を捧げる決心を固め、それを受け入れたケインはかつての自分の仲間だったアルテナが精神体としてつねにケインのそばにいたことを知る。そんな中、ケインたちの住む町に大量のモンスターがせまっていることを知ったアナストレアは、ケインと共に迎え撃つ準備を進める。

第3巻

ケインは、アナストレア・アルミリオンの協力もあり、町を襲おうとしていたモンスターの撃退に成功する。ケインはこれは功績ではないと語り、アナストレアに対し、報奨が欲しくてモンスターを撃退したわけではないと告げるが、町の人々は自分たちの町を救った英雄であるケインのために土地と家を提供し、この町で暮らすことを提案する。ケインのランクアップをあきらめきれないアナストレアは、獣人族のテトラをけしかけてケインのランクを上げようとするが、テトラはケインの優しさに触れて仲間となる。だがテトラは、地上征服を企む魔王の手下の一人だった。テトラの離反を受けて、魔王の手下の一人であるフォルネウスがケインたちの前に現れる。

登場人物・キャラクター

ケイン

教会に納入するための薬草を山で採取することで生計を立てている、冒険者の男性。ある日、山でレアアイテムの「蘇生の実」を発見し、それをアナストレア・アルミリオンにゆずったことで彼女に気に入られる。剣や魔法の才能に乏しいものの、心優しい性格のために多くの人から慕われており、特にアナストレアは自分たちのパーティである「高所に咲く薔薇乙女団」に引き入れようとしている。かつては冒険者として一旗揚げようと野心にあふれていたが、若い頃の戦闘で幼なじみのアルテナを失い、それからはケイン自身の才能に見切りをつけて薬草の採取を生業としている。

アナストレア・アルミリオン

「神速の剣姫」という異名を持つ冒険者の女性。セフィリア・クレメンスやマヤ・リーンと共に「高所に咲く薔薇乙女団」を結成して魔物討伐を行っている。冒険者としてのランクは最高位であり、異名どおりのすさまじいスピードで剣を振るい、極めて高い戦闘力を誇る。山でケインと出会い、ケインからレアアイテムの「蘇生の実」をゆずってもらったことで彼に興味を抱く。やがてケインの持つ優しさに惹かれ、自分たちのパーティにケインを引き入れようとするが、ケインのランクが低いことを理由にマヤからは反対されている。ケインたちの住む国をおさめる大伯爵の娘であり、次期王位の継承者でもあることから絶大な権力を持っている。

セフィリア・クレメンス

「純潔の聖女」という異名を持つ冒険者の女性。アナストレア・アルミリオンやマヤ・リーンと共に「高所に咲く薔薇乙女団」を結成して魔物討伐を行っている。神の加護を受けた聖女として、パーティでは主に回復呪文などを担当している。とある戦闘の際に不慮の事故で死んでしまうが、アナストレアがケインからゆずられた「蘇生の実」の力を使ったことで復活する。ケインのことを命の恩人と考えており、アナストレアと同様にケインを慕っているが、そのためにアナストレアとケインをめぐって対立することも多い。教会を束ねる最高司教の娘であり、幼い頃から教会で聖女としての修行を積んできたため、一般常識に疎い。

マヤ・リーン

「万能の魔女」の異名を持つ冒険者の女性。アナストレア・アルミリオンやセフィリア・クレメンスと共に「高所に咲く薔薇乙女団」を結成して魔物討伐を行っている。パーティではリーダーを務めており、メンバーのまとめ役であるとともに、戦闘では魔法使いとして強力な呪文でアナストレアたちをサポートする。貴族の娘であるアナストレアと並ぶ権力を持ち、独自の判断で罪人を裁く権限を与えられている。男嫌いで、「高所に咲く薔薇乙女団」を結成したのも、アナストレアやセフィリアと旅をしたいがためだった。ケインに対しては、セフィリアを救ってくれたことに感謝はしているものの、それ以外の感情は抱いておらず、ケインを仲間に入れようとするアナストレアに反対している。

エレナ・チェーン

冒険者たちに仕事を斡旋する「ギルド」で受付をしている女性。ケインに薬草採取の仕事を依頼しており、ケインをはじめとする冒険者たちにとっての窓口となっている。心優しい性格で戦闘力に乏しいケインのことを心配しており、ケインを仲間にしようとしているアナストレア・アルミリオンに対し、彼を巻き込まないでほしいと考えている。

アベル

仲間たちとパーティを組んで主に魔物退治を生業としている、冒険者の青年。成り行きから魔物の討伐隊に加わったケインのことを当初は見くびっていたが、偶然とはいえ魔物を撃退した彼を見て自身の考えを改める。さらに、ケインの持つ優しさと善行の数々に感動し、ケインのことを尊敬するようになる。その後はケインをアベル自身の目標として定め、日々ケインに近づけるように努力を重ねている。

アルテナ

ケインの幼なじみの女性。かつてはケインと共に旅をしていたが、ある戦闘の末にケインをかばって死亡した。ケインにとってアルテナは特別な女性であり、そのアルテナを守れなかったことをずっと悔やんでいた。アルテナは死亡しているものの、精神体としてつねにケインのそばにおり、セフィリア・クレメンスの純潔を受け入れたケインはアルテナの存在を感じられるようになった。その後はケインにだけ見える存在として共に過ごすようになる。しかし、精神体のために年齢を重ねることなく、ケインに触れることもできないことにもどかしさを感じている。

テトラ

獣人族の少女。ケインを仲間に引き入れるためにケインのランクアップを狙うアナストレア・アルミリオンによって重傷を負わされたが、ケインに命を救われる。幼い頃に人間たちによって両親を殺された過去があり、それ以来人間を恨んでいたが、ケインに命を救われたことで彼に対しては忠誠を誓っている。

フォルネウス

魔王軍配下の男性。地上征服を企む魔王の尖兵として、その弊害となるであろう「高所に咲く薔薇乙女団」の殲滅を使命としている。人間を幻術であやつる能力を持っており、獣人族であるテトラをかくまっているケインを抹殺するように仕向けるが、テトラによって見破られ、ケインたちと対決する。

集団・組織

高所に咲く薔薇乙女団 (こうしょにさくばらおとめだん)

マヤ・リーンが魔物討伐と女子会を同時にすることを目的に結成した冒険者パーティ。アナストレア・アルミリオン、セフィリア・クレメンスにマヤを加えた三人パーティで、数々の魔物を討伐してきた実績から冒険者たちのあいだでも恐れられている。

その他キーワード

蘇生の実 (そせいのみ)

死者をよみがえらせることができる効力を持ったアイテム。その名のとおり樹に実った果実だが、実をもぐと樹が消えるために生態には謎が多く、非常に貴重なレアアイテムとなっている。そのため、市場では城が建つほどの高値で取り引きされている。ケインは偶然このアイテムを発見し、アナストレア・アルミリオンにゆずったことでセフィリア・クレメンスの命を救った。

クレジット

原作

風来山

キャラクター原案

すーぱーぞんび

SHARE
EC
Amazon
logo