おやじグラフィティ

高橋留美子が一話完結の形式で描いたコメディ短編。7年間の不在を経て自分の息子との付き合い方がわからなくなった中年サラリーマンが、親子の関係を失敗したもうひとつの家庭を目の当たりにしたことで、自分の息子ときちんと向き合えるようになるまでを描く。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
おやじグラフィティ
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般

総合スレッド

おやじグラフィティ(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

加納(おやじグラフィティ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37
林(おやじグラフィティ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37

新着関連スレッドもっとみる

概要

家の壁がスプレーでラクガキされるという事件が起こった。3丁目に住む加納の息子・が犯人だが、ラクガキ被害を受けた住人たちの抗議にもかかわらず、加納は頑として息子の非を認めようとしなかった。抗議ののちものラクガキは続き、のイライラは募る。ある日の会社帰り、は、息子の真彦らしき人物が、盛り場で働いている姿を目撃する

登場人物・キャラクター

7年間の単身赴任を終えて家に戻ってきたサラリーマン。単身赴任の間に成長した高校1年生の息子・真彦としっくりいかなくなり、イライラを募らせている。
高校1年生になる林家の息子。第一志望の高校受験に失敗して以来、無口になった。
林家近所の3丁目に暮らす主婦。子供の翼がしたラクガキについて、隠し撮りした写真という証拠を突きつけられても、絶対に非を認めようとしなかった。息子の言葉を盲目的に信じる。
加納家の子供である中学生。もともとイタズラっ子だったが、近所の家の塀にスプレーでラクガキをして回る、喫煙をするなど、不良への道を歩み始めている。