お迎えです。

この世に未練を残し死後の世界へと旅立てない魂たち。霊感の強い主人公・堤円が、そんな霊たちの想いを果たすべく奮闘する。残される命と旅立って逝く命、それぞれの切なくも温かい想いが描かれている。第24回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞受賞。

正式名称
お迎えです。
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
花とゆめCOMICS(白泉社) / 白泉社文庫(白泉社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

大学受験を目前にした主人公堤円は、夜道でウサギの着ぐるみと老人が取っ組み合いのケンカをしているのを目撃する。しかもその老人は最近亡くなったばかりの、近所の馬場ジイだったのだ。着ぐるみを被った男はいわば「お迎え」の人で、この世に未練を持っている魂をあの世に連れていく仕事をしているというのだ。馬場ジイがこの世でやり残した事を聞き出すのに困難を強いられていた男は、を仕事の助っ人にスカウトしてしまう。

果たして馬場ジイの未練を突き止め、無事成仏させる事ができるのか!?

登場人物・キャラクター

堤 円 (ツツミ マドカ)

『お迎えです。』の主人公。初登場時は18歳。霊感が強く、死んだ人間が見えたり身体に取り込む事ができる。あの世にある会社GSG(極楽送迎)にスカウトされ、未練持ちの魂を成仏させるバイトをしている。霊に肉体を貸し、この世でやり残した事を代わりに体験させる事が主な仕事である。普通ならそのまま身体を乗っ取られてしまうケースも多いが、円の場合、誰にもコントロールされない強靭な精神力を持っているのでその素質を買われている。 イケメンで女子からの人気は高いが、普段からポーカーフェイスで近づきにくいオーラを放っている。実はかなりお人よしで心優しい性格。運動神経抜群で、中学の時は野球部で全国に行った事もある。

ナベシマ

主人公・堤円をGSG(極楽送迎)にスカウトした人物。あの世に存在する会社GSGの社員。ロン毛で若いイケメン男性の姿をしている。大昔に死んでおり、会社から支給された肉体であの世とこの世を行き来している。生きた人間にも姿は見える。予定時刻を過ぎてもあの世に到着しない魂を対象に、その原因の究明・解決を行う。 霊感の強い円や阿熊幸を利用して、仕事の能率を上げようとしている。面倒くさがりだがお節介で、優しい性格。愛煙家。会社のキャンペーンでいつも何かしらの仮装をしている。

ゆずこ

ナベシマの相棒。ナベシマと同じくGSGの社員で、未練持ちの魂を成仏させあの世へ送り届ける仕事をしている。最近亡くなったばかりの女性でナベシマの後輩に当たる。可愛らしい少女の姿をしているが、その肉体は会社から支給されたもの。中身はかなり大人で懐も深く、堤円やナベシマのくだらないやりとりにも笑顔で付き合っている。 円のサポート役に回る事が多い。

阿熊 幸 (アグマ サチ)

主人公・堤円の仕事のパートナー。初登場時は16歳。円同様霊感が強く、ナベシマにスカウトされて魂を成仏させるバイトをしている。祖父の魂を迎えにきていたナベシマに惚れ、叶わぬ想いと知っていながらも猛アタックを続けている。実家は空手道場で、身体能力は抜群。中・高と女子高に通っており、男前な性格や美人で凛とした雰囲気に女子からかなりモテている。 他人に弱みは見せないが、円の前では素直に泣いてしまう自分に戸惑っている。

津田 (ツダ)

主人公・堤円の親友。円とは中学からの付き合い。高校の英語教師一色の事が気になっており、大学受験に失敗した後も、勉強を教わる事を口実に頻繁に会うようになる。しかし、受験を目前に一色は亡くなってしまい、ショックから受験どころではなくなってしまう。円の身体に収まった一色に喝を入れられ、一瞬だがお互いの気持ちを通じ合わせる事ができ、悲しみを乗り越えた。 円の通う大学に見事合格し、ついには新しい彼女を見つけている。高校生の時はタバコで停学になるなど多少問題児。

根本コーチ (ネモト)

主人公・堤円が中学生の時の野球コーチ。試合に向かう途中に事故に遭い、幽体離脱中に「迎え人」のナベシマに出会った。自分が死んだと思い、円たちの試合を見届けて逝こうとしていたが、ナベシマにまだ生きていると教えられ病院にある肉体に戻った。選手想いの優しいコーチでよく感極まって涙を流す。 円が他人に弱みを見せない性格だと理解しており、微妙な心境の変化を見逃さないよういつも気を付けている。現在は阿熊幸の通う女子高のソフト部コーチをしており、円にコーチ代理を頼む事がある。よく居眠り運転の車に突っ込まれてしまう。

林田 (ハヤシダ)

ナベシマの上司。死後の世界に存在する会社GSGの課長。見た目は若い男性。主人公・堤円は、死後の世界を訪れた際に1度だけ会った事がある。部下のゆずこがお気に入り。

緒川千里 (オガワ チサト)

主人公・堤円が好きだった少女。円と同じ大学に通っていたボーイッシュな少女。円に惚れていたが、自分から話しかけようと決意した当日に事故に遭って死んでしまう。想いが伝えられなかった事に未練を感じていたが、阿熊幸の身体を借りて花火大会でのデートが実現。自分の気持ちを伝え終え、思い残す事なくあの世に旅立った。 実は円も緒川の事が気になっており、両想いだった事を知りショックを受ける。後に円は自分の気持ちを整理するため、あの世にいる緒川まで会いに行く事になる。

馬場ジイ (ババジイ)

主人公・堤円が成仏させた霊。円が小さい時から近所同士の付き合いがあり、葬式にも参加している。初孫が産まれる目前に亡くなったためあの世行きを拒み続けていたが、円の身体を借りて無事出産を見届け、無事成仏する事ができた。円がはじめて接触した霊でもある。

坂本 信也 (サカモト シンヤ)

主人公・堤円が成仏させた霊。14歳没。お節介で優しい看護婦に反抗的な態度を取り続け、泣かせてしまった事を強く後悔していた。円の協力により、その看護婦との約束を果たし、無事成仏する事ができた。

堀田 太郎 (ホッタ タロウ)

主人公・堤円が成仏させた霊。野球部のピッチャーとして初めて選手に選ばれるも、試合に向かう途中に事故で亡くなってしまう。一度でいいから野球で真剣勝負がしたかったという未練からこの世に留まっていた。円の身体を借り、ナベシマをバッターに迎え念願の真剣勝負を実現させる事ができ、無事あの世へと旅立っていった。

市橋 剛志 (イチハシ ツヨシ)

主人公・堤円が成仏させた霊。ヒーローショーの舞台役者をしていた美青年。ビジュアル5という戦隊ヒーローで、憧れのブルー役に抜擢されたが、ショウの千秋楽の直前に亡くなってしまう。円の身体に入り、見事なアクション演技で最終日のショウを盛り上げた後、思い残す事なくあの世へと旅立った。

一色先生 (イッシキセンセイ)

主人公・堤円が成仏させた霊。生前は円が通う高校で英語教師をしており、美人だがスキがなく、生徒からは冷たい印象を持たれていた。浪人中の円の親友津田に頼まれ図書館で勉強を見ていたが、次第にお互い惹かれ合ってしまう。しかし、幸せな日々の中、一色は突然死んでしまい、自分の死でショックを受けている津田の事が気がかりで成仏できずにいた。 円の身体を通して津田とほんの一瞬想いを通じ合わせ、目前に迫った受験にエールを送った後にあの世へ逝く事ができた。

佐野 晴美 (サノ ハルミ)

主人公・堤円が成仏させた霊。11歳没。近所で飼われている犬と一度でいいから散歩がしたかったという未練から、あの世へ逝けずにいた。偶然にもその犬は阿熊幸の飼い犬だった事から、晴美が円の身体に入り散歩させてもらえる事になった。犬が苦手な円の意志が働き、なかなか晴美と犬の距離は縮まらなかったが、最後は円が犬のトラウマを克服し、無事に散歩を終える事ができた。

小池 メグ (コイケ メグ)

主人公・堤円が成仏させた霊。50年前に好きな人からもらった指輪を落としてしまい、結局見つからないまま亡くなってしまう。その事に対する後悔からこの世に留まっていたが、円によって指輪は発見された。

卓球部の部長さん

主人公・堤円が成仏させた霊。円の大学の体育館倉庫に住み着いていた幽霊。元々卓球部だったが、部員が一人のため練習相手を求め続けていた。一度も球を打ち合う相手が見つからないまま事故で亡くなったため、未練でこの世に留まっていた。円の身体を借り、ナベシマと真剣勝負の末、見事勝利を果たす。 無事あの世へ旅立ち、大学の幽霊騒動もなくなった。

パン屋の店員

ゆずこが生前好きだった男の子。入院中のゆずこに手作りのパンを届けては、励ましていた。彼が堤円の近所のパン屋で働いている事を偶然知ったゆずこは、昔の恋心を思い出し悲しみに暮れる。しかし、ナベシマのさりげない励ましにより乗り越えてみせた。ゆずこに作っていたオリジナルのパンは、ゆずこがネーミングした「ソウルパン」の名で商品化している。

八十田 聖士 (ヤソタ セイジ)

編み物を生業にするプレイボーイ。21歳没。生前は「毛糸のプリンス」と呼ばれていた。幼馴染で秘かに想っていた女性にマフラーを編んでいたが、完成前に事故で死んでしまう。その事が未練でこの世に残っていたが、円の身体使い、約束していたクリスマスまでにマフラーを完成する事ができた。ナベシマにマフラーを届けてもらい、思い残す事なくあの世へ行く事ができた。

二ノ宮 楓 (ニノミヤ カエデ)

主人公・堤円が成仏させた霊。18歳没。阿熊幸と同じ女子高に通っていた美少女。文化祭では毎年学園一の美女に選ばれていたが、自分より遥かに人気で女子からモテていた阿熊にライバル心を燃やしていた。だが、自分にない魅力を全て持っている阿熊に次第に惹かれ、ついには恋心を抱くようになる。 病気で亡くなった後、阿熊の記憶に自分の存在を焼き付けるため円の身体を借りた。阿熊の髪を切り、髪が伸びるまでの間だけでも自分の事を思い出して欲しいと伝え、あの世に旅立った。

鳥居 海人 (トリイ カイト)

主人公・堤円が成仏させた霊。17歳没。阿熊幸の幼馴染。幼い頃阿熊の実家が営む空手道場に通っていたが、生まれつき身体が弱いせいで好きな阿熊に負けてばかりいた。男と認められるため阿熊のロッカーに果たし状を入れるが、そのローッカーはそのまま処分されてしまう。 阿熊に勝負をすっぽかされたと思い込んだまま事故で亡くなってしまい、その事が原因で成仏できずにいた。円の身体を借りて阿熊との勝負も果たし、誤解も解けた事で無事あの世へ行く事ができた。

集団・組織

GSG

『お迎えです。』に登場する組織。主人公堤円がアルバイトする会社。死後の世界に存在する会社で、未練持ちの魂を対象にその原因の究明・解決を行う。円の場合、バイト代は死んだ後に支払われる。

書誌情報

お迎えです。 全6巻 〈花とゆめCOMICS〉 完結

第1巻

(1999年12月発行、 978-4592177463)

第2巻

(2000年6月発行、 978-4592177630)

第3巻

(2001年5月発行、 978-4592170204)

第4巻

(2001年11月発行、 978-4592170211)

第5巻

(2002年5月発行、 978-4592170228)

第6巻

(2016年6月3日発行、 978-4592211167)

お迎えです。 全3巻 白泉社〈白泉社文庫〉 完結

第1巻

(2007年9月発行、 978-4592885283)

第2巻

(2007年11月発行、 978-4592885290)

第3巻

(2008年1月発行、 978-4592885306)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo