さなだ ゆきむら

さなだ ゆきむら

猿飛佐助(漫画)の登場人物。

登場作品
猿飛佐助(漫画)
正式名称
さなだ ゆきむら
関連商品
Amazon 楽天

概要

上田の城主である武将。とざわはくうんさいの元へ忍術修業に赴いていたため空き家となっていたさるとびさすけの家を狩りの陣屋としていたことをきっかけに、さすけと出会い、忍術使いと知って彼を召抱える。亡き太閤(豊臣秀吉)に深い恩義を感じており、その恩を忘れ勢力拡大に走るとくがわいえやすに対抗すべく、さすけたちに徳川方の情報を探らせたり、大阪城に築く砦「さなだ丸」の設計を行うなど、決戦の用意を着々と進めている。

日本一の軍師として名高い。実在の武将真田信繁(幸村)がモデルとなっている。

関連人物・キャラクター

さるとびさすけ

さなだゆきむらに仕える忍術使いの青年。さなだ十勇士の一人。少年の頃、信州(長野県)の山奥でとざわはくうんさいから三年間の指導を受け、甲賀流忍術の跡継ぎとなった。日本一の忍術名人として、忍や侍の間だけで... 関連ページ:さるとびさすけ

登場作品

猿飛佐助

忍術使いを志し、信州(長野県)の山奥でとざわはくうんさいの元で指導を受け、甲賀流忍術の後継者となったさるとびさすけは、とよとみがたの武将さなだゆきむらに見出され、さなだ十勇士のひとりとなった。やがて日... 関連ページ:猿飛佐助

SHARE
EC
Amazon
logo