魔界衆

魔界衆

江戸時代初期。超科学と超能力を持つ魔界衆と天海僧正率いる徳川幕府の隠密軍団との戦いを描いたSF時代アクション漫画。

概要

大坂夏の陣で死んだとされていた真田幸村が生きていた。幸村は豊臣家再興のため、超科学と超能力を有す魔界衆に助力を求める。魔界衆幸村の頼みこそ断ったものの、外の世界を学ばせるため、兵馬を初めとする若者たちを村の外に旅立たせる。しかし、魔界衆を危険視した徳川幕府は、天海僧正率いる忍者集団・九鬼一族らを差し向け、魔界衆を根絶やしにしようとする。

登場人物・キャラクター

兵馬

『魔界衆』の主人公のひとり。魔界衆の若者で、外の世界を学ぶため、真田幸村に同行する。身のこなしが軽く、小太刀を武器として戦う。テレパシー能力の他、幻影を見せる力などを持つ。

主人公

『魔界衆』の主人公のひとり。元は大坂の陣における豊臣方の武将で、徳川家康に最も恐れられた男である。夏の陣で討ち死にしたとされていたが、密かに生き延びていた。魔界衆の力を借りて豊臣家再興を図ろうとし、猿... 関連ページ:真田 幸村

天海僧正

徳川家康に仕える僧。家康の側近として絶大な権力を握っている。真田幸村が生きていることを知り、刺客を送るが、失敗する。後、幸村が魔界衆を利用しようとしている事を知り、魔界衆を滅ぼそうとした。催眠術を使うことができる。安土・桃山時代~江戸時代初期の天台宗の僧・南光坊天海をモデルとする。

猿飛 佐助

真田幸村に仕える忍者。忍者の世界では名を広く知られた術者で身が軽い。幸村に同行して魔界衆の村を訪ねた。講談や立川文庫のヒーロー、真田十勇士・猿飛佐助をモデルとしている。

霧隠 才蔵

真田幸村に仕える忍者。伊賀出身で分身の術を得意とする。真田幸村が魔界衆の村を訪ねた際には、猿飛佐助と共に同行した。しかし、御神体を祭る洞窟に侵入した際、洞窟の守護神である泥人形に襲われ死亡した。講談や立川文庫の真田十勇士・霧隠才蔵をモデルとしている。

三好青海入道

真田幸村の家臣。僧形の豪傑。真田幸村の隠れ家を訪れた際、天海につかまり、催眠術をかけられたことで、幸村が魔界衆を探していることを明かしてしまう。講談や立川文庫の真田十勇士・三好青海入道をモデルとしている。

弥生の子供

魔界衆の女性・弥生の子供。赤ん坊。川に流されているところを真田幸村たちに助けられた。この赤ん坊を伴っていることが幸いして、幸村たちは魔界衆の村に入ることができた。赤ん坊であるが、催眠能力などの超能力を持つ。危険予知の力にも優れ、魔界衆の村に危険が迫る度に、泣いて知らせた。

魔界衆長老

魔界衆の指導者で年齢は100歳をこえていると思われる。外の世界を見たいという兵馬たち若者の願いを聞き入れ、五人の者に村から出る許可を与えた。

太一

魔界衆の子供で10歳ぐらいの年齢。外の世界に見聞の旅に出る兵馬たちがうらやましくて、勝手についてきてしまう。その際、御神体を祭った洞穴からハンドガンタイプの御神器を持ち出した。

岩五郎

外の世界を学ぶため村から離れた魔界衆の5人の若者のひとり。頭をそり上げた大男。兵馬たちと共に天海に捕らわれるが、兵馬を逃がすための囮となって死亡する。

服部 半蔵

天海僧正の命を受け、伊賀者たちを率いて、魔界衆の村を襲った。半蔵と配下の者が川と村の井戸に毒を投げ込んだことで、魔界衆の多くは毒殺されてしまう。戦国時代-安土桃山時代の武将・服部半蔵がモデル。

集団・組織

魔界衆

『魔界衆』に登場する一族。進んだ科学力と不思議な力を持つ一族で、奥飛驒山中に隠れ住む。進んだ文明をもっていた宇宙人の子孫たちであるが、その力を利用されることを恐れ、外界との接触を断っている。彼らが神とあがめる御神体は天下を制する力を持つとされている。

九鬼一族

『魔界衆』に登場する忍者の一族。天海僧正の直属の隠密集団で、服部半蔵の伊賀者たちとは別の部隊として魔界衆と戦った。9人のメンバーがいて、それぞれが特殊な忍術を使う。

場所

魔界衆の村

超科学と超能力を有す魔界衆が隠れ住む集落。奥飛驒山中にある。魔界衆は霧や幻覚を発生させることで結界を張り、外部の者をこの魔界衆の村に寄せ付けないようにしている。村のはずれにはご神体を祭る洞穴があり、そこには科学兵器である御神器が隠されている。

その他キーワード

御神器

『魔界衆』に登場する科学兵器。魔界衆に先祖から伝わる兵器の総称。一種のレーザー兵器と推測され、ハンドガンタイプと小銃タイプが存在する。魔界衆の村のはずれの洞窟に隠されている。

書誌情報

魔界衆 全2巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2000年9月発行、 978-4062608169)

第2巻

(2000年9月発行、 978-4062608176)

SHARE
EC
Amazon
logo