つんのいちぞく

つんのいちぞく

2児の母であるつんが体験した、エキサイティングな子育ての日々を、明るくフリーダムなタッチで描いた育児コミックエッセイ。

正式名称
つんのいちぞく
作者
ジャンル
家族
 
妊娠・出産・育児
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

ふだんは眼鏡をかけて生活しているつんは、家族でテレビ番組を観ている最中に、いたずらで眼鏡を取ろうする息子のムギに手を焼いていた。ムギをなんとか抑えつつ、番組の鑑賞を続けていたつんだったが、番組を観て興奮し、立ち上がった娘のヤンの手がぶつかったことで眼鏡を思い切りずらされてしまう。何もかもがどうでもよくなったつんは、虚無の表情でそのまま番組を鑑賞し続けるのだった。(エピソード1「メガネの運命」。ほか、191エピソード収録)

登場人物・キャラクター

つん

主婦の女性。パワフルでポジティブな性格をしている。頭髪が薄めで、一見すると男性のようにも見える2児の母親。夫のちぇんが単身赴任しているため、女手一つで日々育児に奮闘している。娘のヤンと息子のムギの、子供らしい謎の行動にいつも振りまわされ気味だが、二人の子供を溺愛しており、さまざまな苦労を含めて育児を楽しんでいる。出産経験後、尿漏れするようになったのが目下の悩み。幾多の授乳を経て、右乳が傷だらけになっている。顎が若干尖っていることがコンプレックスで、母親の適当なアドバイスに従って毎日顎を揉んでいたら、より顎が尖ってしまったという過去を持つ。実在の人物、つんがモデル。

ヤン

つんとちぇんの娘。天真爛漫な性格をしている。弟のムギを溺愛し、帰宅後にすぐムギを貸してくれるようつんに頼むなど、昼夜を問わずムギをかわいがっている。親に従わないイヤイヤ期だった頃には大暴れし、つんといっしょに号泣することもあったが、今はすっかりいい子になっている。恥ずかしくなる系のドラマをまともに観ることができず、鑑賞中に悶絶しながらつんの服の中に顔を隠してしまう。

ムギ

つんとちぇんの息子。好奇心旺盛な性格をしている。まだ言葉はしゃべれない赤ん坊だが、目としぐさで語り、周囲の愛情をたっぷり受けつつすくすく育っている。ムギ自身のちんこの存在に気づいてからは、ちんこを両手でガードする「CHINコリガード」という技を身につけ、おむつ替えやお風呂に入る時に技を披露していた。成長と共に徐々に言葉を覚え、自力で立てるようになった。ネネの家に行くのが大好き。

ちぇん

つんの夫。会社員で、ムギが2歳の頃から単身赴任している。いつでもどこでも寝られるという特技の持ち主。

ジョルノ

オスの猫。まだ小さい頃に捨てられていたところをちぇんとヤンが拾って保護し、そのままつんの家のペットとなった。完全室内飼いで、家の中では大暴れしているが、外に出るとすっかりおとなしくなってしまう。ムギと非常に仲がいい。

ネネ

つんの姉。明るい性格の主婦で、夫のヒロシと息子のリクと暮らしている。つんの一家とは家族ぐるみの付き合いをしている。いつでもどこでもワンピースを着ている。ヒロシと喧嘩した時は、彼の胸毛を思い切り引っこ抜く、なかなかの武闘派。

ヒロシ

ネネの夫。会社員で、背が高くスタイル抜群。息子のリクを愛しているが、リクから微妙に邪険にされている。

リク

ネネとヒロシの息子。物怖じしない明るい性格をしている。その一方で寂しがり屋な一面があり、ネネが外泊でいないと一晩中泣いてしまう。蜘蛛が苦手で「パパと同じで気持ち悪い」と言い放つなど、言動は割とフリーダム。

SHARE
EC
Amazon
logo