とざわはく うんさい

猿飛佐助(漫画)の登場人物。

  • とざわはく うんさい
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
猿飛佐助(漫画)
正式名称
とざわはく うんさい

総合スレッド

とざわはく うんさい(猿飛佐助)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

信州(長野県)の険しい山奥に住む仙人。忍術を教わるために訪ねてきたさるとびさすけを弟子とし、甲賀流忍術を授ける。三年間ですべての術を教えた後、術比べの試験を経てさすけを卒業させた。その際、極意の巻物を渡し、さすけを甲賀流の跡継ぎとした。さすけが独り立ちした後は、飛騨の鬼面山に隠棲している。

立川文庫の『猿飛佐助』等に登場するキャラクター戸沢白雲斎がモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

さなだゆきむらに仕える忍術使いの青年。さなだ十勇士の一人。少年の頃、信州(長野県)の山奥でとざわはくうんさいから三年間の指導を受け、甲賀流忍術の跡継ぎとなった。日本一の忍術名人として、忍や侍の間だけで...

登場作品

忍術使いを志し、信州(長野県)の山奥でとざわはくうんさいの元で指導を受け、甲賀流忍術の後継者となったさるとびさすけは、とよとみがたの武将さなだゆきむらに見出され、さなだ十勇士のひとりとなった。やがて日...