ないしょのハーフムーン

ないしょのハーフムーン

『アルペンローゼ』とほぼ同時期に描かれた赤石路代の初期の代表作品。芸能界に飛び込む羽目になったヒロイン榎木有羽が天性の明るさで困難を乗り切る姿、また義理の兄への恋に悩む姿を描く。

正式名称
ないしょのハーフムーン
作者
ジャンル
青春
 
女優
 
演劇
レーベル
フラワーコミックス(小学館)
巻数
全6巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

人気若手俳優・瀬里沢慎一を兄に持つ、血の繋がらない妹・榎木有羽。友人が有羽の写真をオーディションに送ったことから、慎一主演の映画『アフター8』の恋人役に抜擢されてしまう。ラブシーンの撮影中、慎一と有羽は互いに秘めた想いに気付いてしまう。許されない関係に困惑する慎一は、事故で役者生命を断たれる大怪我を負う。

治療のために渡米した慎一を日本で待ちつつ、有羽は女優への道を本気で歩き始める。

登場人物・キャラクター

榎木 有羽

私立葵女子高校に通う16歳の女の子。髪はショートカットで一人称が「ぼく」の、ボーイッシュで活発なタイプ。瀬里沢慎一とは血の繋がらない兄妹関係にあるが、演技を通じて恋愛感情に気づいてしまう。実父は映画監督の榎木誠。母親は再婚相手だった慎一の父親と共に、自動車事故で亡くなっている。

瀬里沢 慎一

実力派の二枚目男性俳優として高い評価を得ている。榎木有羽の11歳年上の義兄で、父親代わりとして彼女を9歳の頃から育ててきた。有羽のことを異性として愛していると気づき始めた直後に、映画『アフター8』の撮影の事故で大怪我を負う。怪我の治療のため、有羽を日本に残し渡米する。

小田 裕智

人気アイドルで、映画『アフター8』の主演男優。レセプションに届け物を持ってきた榎木有羽を見初め、ハーフムーン役にプッシュする。その後、有羽を巡って瀬里沢慎一と張り合うが、2人の絆の深さを知り応援するようになった。

板東 良平

映画『アフター8』の監督を務める、顎鬚をはやした初老の男性。オーディションで榎木有羽の演技を見て、周囲の反対を押し切って採用する。『アフター8』の撮影が終了した後も、なにかと有羽の手助けをするようになる。

宗 ひろみ

物語序盤で瀬里沢慎一と恋人関係にあったキツイ雰囲気を漂わせる美人女優。しかし、慎一が榎木有羽への気持ちに気づき、それ以降関係が疎遠になる。嫉妬から有羽をナイフで刺そうとまでしたことがあるが、いつの間にか有羽を応援するようになっていた。

柚菜 達仁

演劇部で活動する男子大学生。その実力は高く、舞台俳優時代の瀬里沢慎一になぞらえ、「幻の瀬里沢慎一」とまで呼ばれている。慎一が事故に巻き込まれた時に榎木有羽を病院へ車で送っている。その後、有羽と関わりを持つようになり、彼女の目が舞台劇へ向くきっかけを作った。

柚菜 玲子

柚菜達仁の姉で、長い黒髪と眼鏡で知的な雰囲気のある女性。大手芸能プロ、スタープロダクションのマネージャーをしている。芸能界の仕事を続けることを決意した榎木有羽を自分の住むアパートに引き取ったり、マネージャーとしてスケジュール管理や仕事を回すなどのサポートをする。

五木

週刊ダウトで芸能関係を担当する中年の記者。最初は興味本位だったが、榎木有羽が柚菜達仁の大学で行われた『オセロー』に代理出演した頃から、好意的な記事を書くようになる。物語終盤に、撮りためた写真を使った榎木有羽の写真集「ないしょのハーフムーン」を刊行している。

水村 由貴

オーディション詐欺を行っていたJP企画の前で、榎木有羽と知り合った女優志望の女の子。笹川プロダクションにスカウトされてミュージカル劇ジャンヌ・ダルク乗っ取りの手駒になり、有羽のライバルとしてデビュー。その人気を背景に、劇のジャンヌ役は有羽と由貴のダブルキャストになってしまう。

アラン=フランシス・レイ

フランス人の脚本家。アメリカのオフ・ブロードウェイの舞台でも脚本も手がけた著名人。板東監督の口添えもあり、榎木有羽のためにミュージカル劇ジャンヌ・ダルクの脚本と演出を担当する。しかし実際は脚本のみで、演出は榎木誠が行っていた。

榎木 誠

榎木有羽の実父。幼い有羽と母親を捨てて単身渡米、映画監督として数々の活躍をしている。アラン=フランシス・レイの友人で、名を伏せ陰から見守る形でミュージカル劇ジャンヌ・ダルクの演出を担当する。

その他キーワード

アフター8

『ないしょのハーフムーン』内で製作された劇中劇(映画)。謎めく美少女ハーフムーンと、2人の男の愛を描く。主人公の裕介役の小田裕智のファンに向けてのアイドル映画だが、実力派監督板東良平がメガホンを取り、... 関連ページ:アフター8

書誌情報

ないしょのハーフムーン 全6巻 小学館〈フラワーコミックス〉 完結

第1巻

(1985年2月発行、 978-4091317315)

第2巻

(1985年5月発行、 978-4091317322)

第3巻

(1985年10月発行、 978-4091317339)

第4巻

(1986年3月発行、 978-4091317346)

第5巻

(1986年11月発行、 978-4091317353)

第6巻

(1986年12月発行、 978-4091317360)

SHARE
EC
Amazon
logo