のらくろ一等兵

「少年倶楽部」に連載された田川水泡の漫画『のらくろ』を瀬尾光世が短編アニメ化。のらくろシリーズの1本。猛犬連隊の一等兵に昇進したのらくろの活躍を描く。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
のらくろ一等兵
ふりがな
のらくろいっとうへい
原作者
制作
瀬尾発声漫画研究所
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
 
戦争一般
 
動物擬人化

総合スレッド

のらくろ一等兵(アニメ映画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

モール中隊長(のらくろ一等兵)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30
のらくろ(のらくろ一等兵)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30

新着関連スレッドもっとみる

概要

寂しい風の吹く日、のらくろは1人見回りをしている。猛犬連隊ブル連隊長が乗った気球が風に流され、敵対する山猿軍に捕えられてしまう。単身後を追ったのらくろは樽に隠れて山猿軍に近づき、樽に仕掛けたビックリ箱で山猿軍を驚かせてブル連隊長を救い出す。

追って来る山猿軍を振り切り、木に繋がれていた気球に乗って2人は脱出する。

登場人物・キャラクター

主人公
本名は野良犬黒吉、略してのらくろと自称する。雑種で、名前の通り真っ黒な体に口元と手足の先だけが白い。猛犬連隊に所属し本作では一等兵に昇進している。機転が利き、勇敢で上官思い。
犬種はテリア。のらくろが所属する猛犬連隊の中隊長。階級は大尉。真面目で責任感が強い。
『のらくろ一等兵』に登場する犬の軍隊。大日本帝国陸軍を模している。ブル連隊長以下、のらくろたち大勢の犬がいる。本作で気球を新装備。
猛犬連隊と敵対する山猿の軍隊。山向こうに陣を構える。大きくて狂暴なボス猿に率いられる。身軽で数に物を言わせる集団攻撃が得意。焚火の周りを踊り回るなど行動は野蛮。武器は軍刀が主で機関銃も備える。猛犬連隊...
白い体のブルドッグ。のらくろが所属する猛犬連隊の連隊長。階級は大佐。勇猛で豪胆。自ら気球に乗りたがる等、好奇心旺盛なところを見せる。

クレジット

原作    
演出 瀬尾光世    
音楽 落合朝彦    
アニメーション制作 瀬尾発声漫画研究所