のらくろ

のらくろ

田河水泡の同名タイトルの漫画作品『のらくろ』をアニメ化。猛犬連隊に所属する犬の兵士のらくろが仲間たちと楽しい日々を送ったり戦陣で活躍したりという姿を描くファンタジー作品。昭和初期の原作漫画がリバイバルヒットしたことによりカラーアニメ化された。

正式名称
のらくろ
ふりがな
のらくろ
原作者
制作
TCJ動画センター
放送期間
1970年10月5日 〜 1971年3月29日
放送局
フジテレビ
話数
26話
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
 
戦争一般
 
動物擬人化
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公ののらくろは猛犬連隊の二等兵。ブル連隊長やモール中隊長のもと、デカらの同僚とともに楽しくも厳しい兵隊生活を送っている。演習や連隊の行事のほか、時には近隣の山ザルなどと戦争状態になることも。

その中でのらくろは持ち前の知恵と勇気を生かして活躍していく。

登場人物・キャラクター

主人公

幼い頃に捨てられて身寄りがないことから「のら犬黒吉」と名づけられ、のらくろと呼ばれるようになった。猛犬連隊に入隊し、勇敢さと奇抜なアイデアで活躍する。 関連ページ:のらくろ

猛犬連隊でののらくろの同僚で、大柄な白犬。ややぼんやりした性格。 関連ページ:デカ

猛犬連隊の従軍看護婦で、唯一の女性キャラ。 関連ページ:ミコちゃん

猛犬連隊の中隊長。のらくろの能力を高く評価しており、ブル連隊長に抜擢を進言することもある。 関連ページ:モール

猛犬連隊の連隊長。のらくろにとっては父親代わりと言える存在。のらくろのいたずらに引っかかり怒ることも。 関連ページ:ブル

猛犬連隊でののらくろの同僚で、半分ブルドッグの顔をしていることからハンブルと呼ばれる。 関連ページ:ハンブル

クレジット

原作

チーフディレクター

村山徹

チーフアニメーター

角田利隆

音楽

嵐野英彦

アニメーション制作

TCJ動画センター

原作

のらくろ

勇敢な犬の軍隊・猛犬連隊に入隊した二等兵・のらくろは、そそっかしくミスも多かったが、持ち前の勇気と知恵で軍功を重ねていき、やがては大尉にまで出世する。その後、のらくろは猛犬連隊現役を引退し、大陸へと行... 関連ページ:のらくろ

SHARE
EC
Amazon
logo