はじめ人間ギャートルズ

園山俊二原作のマンガをアニメ化した作品。原始人の少年ゴンとその家族を中心に、マンモス狩りなどの動物や自然との触れ合いをコミカルに描く。登場人物が叫ぶ際に出現した文字が、そのまま石になって落下したり武器になったりするユニークな演出も盛り込まれている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
はじめ人間ギャートルズ
ふりがな
はじめにんげんぎゃーとるず
原作者
制作
東京ムービー
放送期間
1974年10月5日 〜 1976年3月27日
放送局
TBS→NETテレビ
話数
77話
ジャンル
ギャグ、コメディ一般

総合スレッド

はじめ人間ギャートルズ(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.03.22 15:50

新着関連スレッド

かあちゃん(はじめ人間ギャートルズ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.03.22 15:52
ピー子ちゃん(はじめ人間ギャートルズ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.03.22 15:52

新着関連スレッドもっとみる

概要

原始時代のギャートルズ平原に暮らす、原始人の少年ゴンとうちゃんや相棒のドテチンらとともに、食料を求めて日々狩りに奔走したり、行く先々でさまざまな動物たちと出会う。

登場人物・キャラクター

主人公
原始人の少年。いつも元気な自然児で、父親のとうちゃんを手本に立派な人間に成長すべく狩りなどを教わるがよく失敗してしまう。石頭で髪の毛が一本しかないのが特徴で、出歩くときは毛皮のパンツだけを履いた姿で石...
類人猿。大柄で浅黒い肌をしているのが特徴で、気は優しくて力持ち。人間の言葉を理解し、主人公の原始人の少年ゴンとともに主役的な存在である。ゴンの一家と一緒に住み、ゴンとは常に行動をともにする。
主人公ゴンの父親。家族を養うため、マンモー狩りなどに精を出す一家の大黒柱である。美人に弱く大の酒好きで、狩りの後にはさる酒をよく飲んでいる。
主人公ゴンの母親。ゴンを含む4人の子どもを育てるしっかり者で、夫のとうちゃんを日々叱咤激励する。外出時は幼い子ども3人とタヌキ1匹を服の中に包み込み、片方の胸を出したまま歩くのが特徴。
主人公ゴンのガールフレンド。ゴンが狩りなどに失敗し、ピンチになると度々心配してしまうなど、優しさとおませな性格の持ち主である。いつも頭に大きな花を一輪挿している。
『はじめ人間ギャートルズ』に登場するキャラクター。モグラでありながらサングラスをかけていて、主人公のゴンによくイタズラを仕掛ける。彼女の前では男らしさを見せようと躍起になる一面も持つ。
マンモス。主人公のゴンや、その父親であるとうちゃんたちの狩りの対象であると同時に宿敵でもあり、ゴン一家に攻撃を仕掛けて追い詰めることもある。
全身ガイコツ姿で、死者や死んだ動物に死亡許可証を与える神の使いの役目を負っている。武器として携帯する槍も骨であり、また移動する際に乗る馬も全身がガイコツ姿である。
主人公ゴンの友達。頭部に角が1本生えている鬼族で、会話の際は関西弁で話す。イタズラ好きだが、ゴンのよきパートナーとして困った際にはしばしば手助けをする。
主人公ゴンとその家族たちに襲い掛かるピンク色のトラで、マンモー(マンモス)とは違って食糧にはならないため狩りの対象とはならないこともあり、ゴンたちからは恐れられている。

その他キーワード

『はじめ人間ギャートルズ』に登場する、生きた猿が1度口に含んだものを吐き出させて作る酒。主人公ゴンの父親であるとうちゃんの大好物で、マンモー(マンモス)狩りの後などによく飲んでいる。

クレジット

原作    
演出     岡部英二    
脚本        
作画監督 香西隆男    
音楽 かまやつひろし     藤沢守    
アニメーション制作 東京ムービー    

原作

見渡す限り地平線が続く古代の平野で暮らす原始人たち。原始人の男は石の武器を持ち、危険を顧みずマンモスやイノシシなどを狩っている。厳しい自然の中、弱肉強食の世界で生きる原始人たちだが、そこにも家族愛や楽...