フェンリル母さんとあったかご飯@COMIC

はらくろの小説『フェンリル母さんとあったかご飯 ~異世界もふもふ生活~』のコミカライズ。忌み子であるために父親から森に捨てられた赤子が、フェンリルに拾われて成長し、さまざまな料理を家族や知り合いに振る舞う姿を描いている。

正式名称
フェンリル母さんとあったかご飯@COMIC
ふりがな
ふぇんりるかあさんとあったかごはんあっとこみっく
原作者
はらくろ
漫画
ジャンル
ファンタジー
 
料理
レーベル
コロナ・コミックス(TOブックス)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

ある裕福な家庭に双子が生まれるが、その国では昔から「双子の兄の方は国を滅ぼす存在」として忌み子とされていた。さらに赤子は生まれつきさまざまな知識を持つ「悪魔憑き」だったため、辺境の森に捨てられてしまう。赤子は森に棲む獣に食べられるところだったが、たまたま居合わせたフェンリルのフェルリーダに助けられ、事情を知ったフェルリーダからいっしょに暮らさないかと誘われる。その申し出を快諾した赤子に名前がないことを知ったフェルリーダは、すでに死んでしまった自分の息子の名前である「フェムルード」を赤子に付け、人間とフェンリルの共同生活が始まる。フェムルードとフェルリーダが家族として暮らし始めて12年、フェムルードは立派に成長。フェルリーダが狩った獲物を火で焼いている姿を見たフェムルードは、自分も料理をしてみたいとフェルリーダにお願いする。初めて作った料理は予想以上においしく、料理の楽しさを知ったフェムルードは毎日さまざまな料理を作り始める。

登場人物・キャラクター

フェムルード

フェンリルのフェルリーダ、猫人のクロケットといっしょに暮らす人間の少年。年齢は12歳。生まれてすぐに双子の兄という理由から忌み子とされ、さらに生まれつきさまざまな知識を持つ「悪魔憑き」でもあったため、辺境の森に捨てられる。その後、フェルリーダに拾われ、フェルリーダの息子となる。その際、フェルリーダから「フェムルード」という名前を付けられる。周囲から「ルード」と呼ばれることもある。獣語が理解できるため、フェルリーダやクロケットともふつうに会話ができる。家族思いで優しい性格をしている。「悪魔憑き」なため、誰からも教わっていない料理の知識があり、簡単な野菜炒めを作ったことで料理の楽しさを知る。その後はさまざまな料理を作って、フェルリーダやクロケットと楽しい食卓を囲んでいる。

フェルリーダ

伝説の神獣であるフェンリル族のフェンリラ。周囲から「リーダ」と呼ばれることもある。母性豊かな性格で、捨て子だった人間の赤子を拾い、亡くなった息子と同じ「フェムルード」と名付けて、自分の息子として育て始めた。最近はフェムルードが作る料理がおいしすぎて「食っちゃ寝生活」を送っている。

クロケット

猫人の少女で、年齢は17歳。語尾に「にゃ」を付ける独特なしゃべり方をする。人間に捕まって売り物にされそうなところをフェムルードに助けられ、さらに猫人の里の危機を救ってもらったお礼に、フェムルードとフェルリーダのお世話をするためにフェムルードたちといっしょに暮らすようになる。里を離れる際に、フェルリーダとクロケットの母親であるヘンルーダのあいだの取り決めで、フェムルードの許婚となる。

クレジット

原作

はらくろ

キャラクター原案

カット

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo