ましろのおと

ましろのおと

青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪が、様々な人との出会いを通じて、自分の音を探す姿を描く。津軽三味線をテーマにした青春ストーリー。第36回(平成24年度)講談社漫画賞(少年部門)、第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

正式名称
ましろのおと
作者
ジャンル
津軽三味線
レーベル
講談社コミックス月刊マガジン(講談社)
巻数
既刊18巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

16歳の津軽三味線奏者・澤村雪は、育ての親で師匠でもある祖父・澤村松吾郎を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまう。故郷青森に「自分の音」が無くなったと感じたは、思い付きで東京へ。母親に強引に入学させられた私立梅園学園の津軽三味線愛好会の仲間や三味線奏者のライバルたちとの出会いを通じて、は少しずつ成長していく。

登場人物・キャラクター

主人公

16歳の津軽三味線奏者。育ての親で師でもある祖父・澤村松吾郎を亡くし、「自分の音」を探して青森から東京へやってくる。祖父譲りの才能を持つが、プロのように安定した演奏ができるわけではなく、自らが意義を見... 関連ページ:澤村 雪

澤村 松吾郎

主人公である澤村雪の祖父であり師匠。全盲の津軽三味線奏者。故人。野心がなかったため世に存在を知られていないが、その音色は聴く人の心を大きく揺さぶる。澤村雪の師匠であるが、手とり足とり指導することはなく、「音を奪え」と言うだけだった。

澤村 若菜

19歳。主人公である澤村雪の兄。青森在住。津軽三味線奏者であり、全国大会3位に入賞するなど、実力者だが、自分の才能に限界を感じている。

澤村 梅子

主人公である澤村雪の母。澤村雪たち兄弟を澤村松吾郎に押し付け、家を出ている。40代だが異常に若く見える。性格は強引、豪快。ビューティ業界の会社・梅丸の社長。息子・澤村雪のために、父の名を冠した津軽三味線甲子園「松吾郎杯」を開催する。

立樹 ユナ

グラビアアイドルをやりながらキャバクラで働く22歳。上京直後、暴力団に絡まれていた澤村雪を助け、自分のマンションに住まわせる。彼氏であるタケトの浮気やアダルトビデオへの出演依頼などをきっかけに、夢を諦め故郷に帰る。

タケト

インディーズバンドのボーカル。キャバクラで働くグラビアアイドル、立樹ユナの彼氏で彼女に経済的に援助してもらっていた。浮気性。

梅園学園一年生。ショートカットで大きな目をした女子高生。主人公、澤村雪のクラスメイト。不器用で人と話すのが苦手。男性からは好かれるが女性からは「ブリっ子」と思われ敬遠されがち。山里結、矢口海人とは幼馴... 関連ページ:前田 朱利

山里 結

梅園学園一年生。ゲームや漫画オタクの女子高生。矢口海人、前田朱利とは幼馴染。津軽三味線愛好会に入部する。矢口海人に思いを寄せているが、気づいてもらえない。前田朱利の純粋さ、可愛らしさに惹かれているが、嫉妬とコンプレックスから素直になれない。

矢口 海人

梅園学園二年生。山里結、前田朱利とは幼馴染。サッカーのスポーツ推薦で高校へ入学したが、練習試合で左ひざ半月板を損傷、プロへの道を断念。好きなことができるのに才能を活かさない澤村雪に苛立ちつつも、過去のプライドを断ち切り、津軽三味線愛好会に入部する。

永森 雷

梅園学園二年生。手芸部員でオネエ言葉で話す。津軽三味線甲子園「松吾郎杯」団体戦の数合わせで、津軽三味線愛好会に入部する。澤村雪と同じ下宿に住む噺家・米福の息子。母親が三味線の師範で細竿(長唄や小唄用の三味線)を教え込まれた。

小藪 啓子

梅園学園教師で澤村雪らの担任。梅園学園のOBで津軽三味線奏者の緒方洸輔と連絡を取りたいがために津軽三味線愛好会の顧問になった。

田沼 総一

青森在住の高校3年生。津軽三味線奏者で全国大会A級準優勝者。神木流家元・神木流絃の養子。「桂馬の動きで歩く」「石を蹴りながら歩く」など、独自ルールを設定する変わり者で友達がいない。

田沼 舞

青森在住の高校2年生。津軽三味線奏者で田沼総一の妹。小学校時代から澤村雪をライバル視しており、他人に左右されずあくまで自分の音を探す澤村雪に嫉妬する。演奏は伝統的なスタイルに挑戦するかのようで「モダン」と評される。

神木 流絃

津軽三味線の神木流家元。58歳。本名は田沼源造。40代で家元に大抜擢された。澤村雪の実の父親で、雪に神木流を継がせ、澤村松吾郎の音を手に入れようともくろむ。

緒方 洸輔

神木流絃に師事する津軽三味線奏者。名取名は神木清流。全国大会A級二連覇の実力者。梅園学園のOBで、津軽三味線愛好会を一人でやっていた。

梶 貴臣

大阪の高校三年生で津軽三味線奏者。津軽三味線甲子園「松吾郎杯」に出場。地味だが正確な音を奏でる奏者で、団体戦で優勝を果たす。

荒川 潮

福岡の高校三年生で津軽三味線奏者。目立ちたがり屋で荒々しく独創的。三味線のテクニック「スリ上げ」を連続多用する「荒川トゥイン」が得意技。小学校六年生から津軽三味線を習い、九州大会でジュニア優勝、A級入賞の経験がある。

山野 寅治

43歳。東京都葛飾区にあるたぬきち食堂を経営している。食堂の二階を下宿屋にしており、澤村雪の大家でもある。

山野 桜

中学一年生の少女。東京都葛飾区にあるたぬきち食堂を経営する山野寅治の娘。澤村雪に好意を寄せており、中学生ながら母親のように世話を焼く。

集団・組織

津軽三味線愛好会

『ましろのおと』の舞台となる私立梅園学園のクラブ。顧問は小藪啓子。当初は前田朱利一人で活動していたが、後に澤村雪、山里結、矢口海人、永森雷が入部。みんなで津軽三味線甲子園「松吾郎杯」を戦うことになる。梅園学園OBの津軽三味線奏者・緒方洸輔も、かつてこのクラブを一人でやっていた。

書誌情報

ましろのおと 既刊18巻 講談社〈講談社コミックス月刊マガジン〉 連載中

第1巻

(2010年10月発行、 978-4063712612)

第2巻

(2010年12月発行、 978-4063712667)

第3巻

(2011年4月発行、 978-4063712810)

第4巻

(2011年9月発行、 978-4063712988)

第5巻

(2012年1月発行、 978-4063713169)

第6巻

(2012年6月発行、 978-4063713343)

第7巻

(2012年11月発行、 978-4063713534)

第8巻

(2013年4月発行、 978-4063713718)

第9巻

(2013年10月発行、 978-4063713930)

第10巻

(2014年2月発行、 978-4063714111)

第11巻

(2014年6月17日発行、 978-4063714258)

第12巻

(2014年10月17日発行、 978-4063714432)

第13巻

(2015年4月17日発行、 978-4063714661)

第14巻

(2015年8月17日発行、 978-4063714791)

第15巻

(2016年2月17日発行、 978-4063925104)

第16巻

(2016年10月17日発行、 978-4063925586)

第17巻

(2017年3月17日発行、 978-4063925722)

第18巻

(2017年7月14日発行、 978-4063925944)

SHARE
EC
Amazon
logo