まんが極道

漫画業界や同人誌界にうごめく、漫画家・編集者・アシスタント・同人誌作家たちを、虚実取り混ぜて戯画化して描いた、毎回一話完結のギャグ漫画。80話で終了したが、題名を『まんが家総進撃』と変えて継続している。

  • まんが極道
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
まんが極道
作者
ジャンル
漫画家
レーベル
ビーム コミックス(アスキー、KADOKAWA)

総合スレッド

まんが極道(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

干野 ギミノリ(まんが極道)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.08.15 17:59
晴山 ノイズ(まんが極道)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

概要

漫画業界や同人誌界で、人々が起こしたエピソードや起こりそうな話を、虚実取り混ぜて過激に戯画化して毎回完結一話16ページのギャグ漫画として描いているため、特にあらすじは存在しない。しかし、それぞれの話で、同一の雑誌や漫画家・編集者・アシスタント・同人誌作家などが登場するため、ある作家の栄枯盛衰や苦難に打ち勝ち栄光を掴んだ姿が読み取れる。

また、出版不況と様々な規制、インターネットによって変転しつつある漫画業界の姿も見えてなくもない。

登場人物・キャラクター

第2話の主人公で、以後、いろいろな回に登場。本名の烏岳和夫は、第25話で明らかになる。「週刊少年青虫」連載の大ヒット漫画『あぶらげくん』の作者。インターネットの中傷でスランプになるが、半年の休載後、編...
第4話の主人公。以後いろいろな回に登場し、おそらく最多登場キャラ。ベレー帽でお下げ二本のメガネ娘。凄まじく絵が下手だが、漫画家志望。やたらと自分の漫画に自信がある。持ち込みをして、作品を全否定されるが...
第6話の主人公。「月刊少女青虫」に、単行本売上一千万部突破の『信じれば愛×2』(ラブラブ)を連載中の少女漫画家。しかし彼女は新興宗教団体「善人信仰会」の熱烈な信徒で、朝昼晩に「よいひと様」の御言葉を受...
第7話・14話・40-41話(前後編)の主人公。第7話では、飛ぶ鳥を落とすほどの売れっ子漫画家で、「週刊少年青虫」に『ごわごわくん』を、「YOUNGコガネムシ」に『かつぶし番長』を連載し、前者は累計五...
第7話の主人公、以後いろいろな回に登場。「少年ガガンボ」で『萌えロリメイドののたん』というヒット作を連載する中堅漫画家。気晴らしにライブに行き、触発されて若いフリーターたちとバンド活動を始め、印税で高...
第9話に登場。『僕は貧乏で童貞』でデビュー、マイナー漫画雑誌「コミックひよけむし」で『貧乏くん』を連載。その後突如「週刊少年青虫」で『低所得労働者くん』を連載開始。あっという間に人気が出て、ドラマ化・...
第10話の主人公。ハードSFフアンで設定馬鹿。好きな作家はグレッグ・イーガン。物語やキャラクターの面白さより、一般が理解できない世界観や宇宙の構造や作中ギミックの設定に精魂を費やす。一般受けをかたくな...
第11話の主人公。漫画家志望者だったが、「30までにモノにならなかったら家業を継ぐ」約束を父と交わしていた。蓑虫町へ帰省して、東京暮らしをもう1年伸ばしてもらおうとしたが、許されずそのまま実家の「象亀...
第19話の主人公。ギャグ漫画家で、1本あたりのページ数は少ないが、月30本の締め切りに追われている。ギャラを払う気のないウェブ漫画サイト運営者からの仕事依頼や、編集者の理不尽なネーム変更など、多くの迫...
第22話の主人公。夷藤は「少年蛆虫」にまるっきり『あぶらげくん』そっくりの『あつあげBOY』を持ち込む。編集者たちは「パクリじゃないか」と怒るが、夷藤は「オリジナルです」と悪びれもせず言い切る。結局、...
第25話に女性漫画家志望者として初登場。同人誌「LEGEND」躍進の推進力となって作品『薔薇の伝説』を執筆していたが、漫画サークルに売り子として入ってきた小路町たなごの策略で追い出される。第26話で、...
同人作家で、壁サークル主宰者。ヘラヘラしていて、とても口が悪い。年2回の同人誌即売会、コミプ(コミック頒布会の略)で、一番人気のある漫画を見抜く力を持ち、そのエロ同人誌を高額の利益を上乗せした上で売っ...
「20年と少し未来―」で始まる「老後」シリーズ(2031~3年ころの話)の主役級人物。第62話第71話第77話、そして『まんが家総進撃』の第16話と第25話の5回にわたって続いている。70歳過ぎの同人...

イベント・出来事

『まんが極道』に登場するイベント。大型施設を借りきって、同人誌を頒布する。夏と冬の年2回開催。作品中では2030年を過ぎてもまだ開催されており、その頃の開催日数は5日間になっている。60歳以上のサーク...