サザエさんうちあけ話

サザエさんうちあけ話

新聞漫画『サザエさん』連載終了から4年後、当時58歳だった作者の長谷川町子がそれまでの生涯をユーモラスなタッチで描く自伝エッセイ漫画。手書き文字に絵をちりばめた絵文字、挿画つき活字文、漫画の3形式で綴られる。

正式名称
サザエさんうちあけ話
作者
ジャンル
漫画家
 
自伝
関連商品
Amazon 楽天

概要

長谷川家は両親と娘3人の5人家族。戦前の福岡県で楽しく暮らしていたが、1934年にが病死する。その1年後にが一念発起し、残された貯えを頼りに娘らを連れて上京。は東京で、三姉妹に理想的な教育を受けさせるため奔走する。2歳の頃から絵を描くのが好きだった二女・長谷川町子は、当時随一の人気漫画家・田河水泡に弟子入り。

田河に出版社を紹介され、10代半ばで漫画家デビューする。姉・長谷川毬子も東京で挿絵画家の仕事を得た。だが太平洋戦争が勃発すると、一家は疎開のため福岡県へ帰郷。毬子は朝日新聞社の記者と結婚していたが、夫は出征からほどなく戦死した。

1946年に西日本新聞社から夕刊フクイチが刊行されるにあたり、町子は『サザエさん』の連載を開始。一家は間もなく再び上京し、『サザエさん』も1949年から朝日新聞夕刊へ移った。毬子は『サザエさん』の単行本を刊行する出版社・姉妹社の切り盛りに奮闘する。やがて三女・長谷川洋子も結婚し、タカコ、サイコの姉妹が誕生。

タカコが大人になった頃、町子、毬子らはの痴呆症と格闘を始める。

登場人物・キャラクター

主人公

作者自身で、長谷川家の二女。福岡県で絵といたずらに明け暮れる少女時代を過ごす。父の没後、14歳の時に家族と初上京。母親の強い勧めで、人気漫画家・田河水泡に1年ほど師事した。10代半ばで少女雑誌、児童雑... 関連ページ:長谷川 町子

長谷川町子ら長谷川家三姉妹の母親。夫が病で没してから1年間泣いて暮らした後、一念発起して娘らとともに上京する。絵が好きな長谷川毬子と町子が東京で画業へ進めるよう後押しし、また三女・長谷川洋子を東京女子... 関連ページ:

長谷川町子ら長谷川家三姉妹の父親。ハンサムだが、かんしゃく持ちで貧乏揺すりのくせがある。三菱炭鉱の技師から独立し、ワイヤーロープの事業を興した。子煩悩で仕事より家庭を大事にするタイプ。仕事を放っぽって... 関連ページ:

長谷川家の長女で長谷川町子の姉。福岡時代から油絵をたしなみ、16歳で家族と初上京した際に母のすすめで洋画の大家・藤島武二に弟子入りした。芸大を目指していたが、一家の貯えが尽きた後は挿絵画家として家計を... 関連ページ:長谷川 毬子

長谷川家の三女で町子の妹。8歳の時に家族と初上京し、後に東京女子大学に入学する。後に母のすすめで作家の菊池寛に弟子入りし、大学を自主退学した。疎開に前後して肋膜を病むが、のちに快癒する。1953年に読... 関連ページ:長谷川 洋子

長谷川毬子の夫。福岡県出身。朝日新聞社の新人記者時代、アサヒグラフの挿絵を依頼した毬子に好意を抱く。プレゼントの木綿の足袋を携えて長谷川家に足しげく通ううち、縁談が進んだ。やがて招集を経て出征が決まる... 関連ページ:アズママナブ

戦前に一世を風靡した漫画界の第一人者。姉・長谷川毬子に連れられて弟子入りを願い出た長谷川町子を追い返そうとするが、熱意に折れて弟子入りを認める。振る舞いは泰然としているが、話し好き。何ごとにも「盛り上... 関連ページ:田河 水泡

箱根を訪れた母が即日購入した別荘の番人一家で、中高年夫婦と幼い娘の3人家族。前のオーナーから長谷川家が引き継いで雇うことになった。周辺は著名な政治家や作家などの上流階級の別荘が立ち並び、別荘番一家も格... 関連ページ:別荘番一家

大富豪の作家。長谷川家が購入した箱根の別荘の向かいに別荘を構える。東京の長谷川家を訪ね、四国へ移転するので庭の半分を買ってほしいと持ちかけた。姉妹は反対したが、母に押し切られて金策の末に購入する。 関連ページ:さつま 治郎八

長谷川洋子の長女。サイコという名の妹がいる。6歳の時、父親が35歳で病没。中学3年生あたりから、長谷川町子らにも反抗的に振る舞い出す。だがやがて反抗期を脱し、老いた祖母の面倒をかいがいしく見るようにな... 関連ページ:タカコ

SHARE
EC
Amazon
logo