めぞん一刻

一刻館に新管理人として赴任してきた音無響子は、古アパート一刻館には不似合いな美人だった。彼女にひと目惚れした住人の五代裕作は、そのハートを射止めようと様々なアプローチを開始する。だが、ほどんど進展のないうちに、容姿端麗、スポーツ万能、しかも金持ちのライバル・三鷹瞬が出現。大人気漫画家・高橋留美子の代表作のひとつ。主人公たちの年齢が20代と、作者の他作品に比べると少し大人の設定になっていることや、ファンタジックな要素がなく、普通の日常が描かれていることが特徴。

概要・あらすじ

時計坂にある古いアパート一刻館。そこはひと癖もふた癖もある破天荒な住人たちが住み、毎晩のようにどんちゃん騒ぎを繰り広げるという、いわば貧乏長屋だった。住人のひとりである貧乏浪人生・五代裕作は、受験生にとって最悪な環境であるこのアパートからの引っ越しを決意する。だが、そこに訪れた新たな管理人・音無響子をひと目見た瞬間、彼女の美しさに夢中になってしまい、彼の決意はあっさりと翻えるのだった。

しばらくして、五代裕作は無事に大学入試を突破したものの、音無響子との関係はほとんど進展ないまま。そうこうしているうちに、彼女の通うテニスクラブの美男子コーチ・三鷹瞬が登場し、彼もまた音無響子を口説き始める。

しかし、ふたりの気持ちを知ってか知らずか、当の音無響子は彼らの誘いをのらりくらりと躱すばかり。音無響子と、彼女を巡るふたりの男の恋の行方は、なかなか決着しないのだった。

登場人物・キャラクター

音無 響子

一刻館に赴任してきた、二十代半ば(五代裕作より2歳年上)の美人管理人で、管理人室に居住している。トレードマークはヒヨコのロングエプロンと竹ぼうきで、五代裕作が出かけるときや帰宅する際には大抵(たとえ夜であっても)庭を掃除している。誰に対しても人当たりがよく、明るくて優しい人物だが、実は結婚して半年足らずで夫の音無惣一郎を亡くしており、心中ではその悲しみと喪失感から抜け出せていない。 夫の姓である音無を名乗り続けたり(旧姓は千草)、飼い犬を亡夫の名で呼んだりするのはその心情の現れである。五代裕作や三鷹瞬に言い寄られても、亡夫への愛を忘れてしまうことを恐れるゆえに、彼らの求愛に答えを出そうとはしない。 しかしその一方で、本人は否定しようとするものの、彼らに対する好意・愛情を次第に抱くようになり、とりわけ五代裕作への気持ちは大きく育まれていく。生来の早とちりと思い込みの激しさが相まって、しばしば過剰なヤキモチが炸裂するが、それは五代裕作への好意の発露でもある。

五代 裕作

一刻館の5号室で浪人生活を送っていた五代裕作は、あまりにも勉強に集中できない環境だったため、引っ越しを考えていた。だが、新管理人として赴任してきた音無響子に心を奪われ、結局、一刻館に住み続けることとなる。その後、大学受験にはどうにか成功し、三流私立大学に入学した。しかしその後も、留年しかける、就職失敗、アルバイト先の保育園の人員削減による解雇など、基本的に多難かつ貧乏な生活が続く。 就職浪人になってからは、元々の希望だった一般企業への就職を取りやめ、保育園でのアルバイト経験などから、保父を目指すことを決意。夜間のアルバイトをこなしながら専門学校に通い、資格を取得してしいの実保育園に就職を果たした。 『めぞん一刻』の登場人物のなかでは最も立場が変遷する人物であり、彼の成長は大きなテーマのひとつとなっている。人柄は基本的に善良で優しい心の持ち主だが、それゆえに優柔不断、かつ生き方も不器用なため、周囲に無用な誤解を与えたり、様々なトラブルに巻き込まれたりしやすい。母性本能をくすぐる性格と、中の上といった容姿により、女性には意外と人気があり、七尾こずえや八神いぶきからはとくに好意を寄せられている。

三鷹 瞬

音無響子や一の瀬花枝が通うテニスクラブのコーチを務める。爽やかな笑顔ときらめく白い歯が特徴の美男子で、当然スポーツは得意、一流大卒で頭も良い。加えて、資産家の御曹司であり、高級マンションに独り暮らしという、五代裕作とは正反対の好青年で、それらに裏打ちされた態度や行動は常に自信に満ち溢れている。 老若男女問わず、人を惹きつける魅力の持ち主だが、とくに女性からの人気は圧倒的。さりとて女性にだらしないわけではなく、応対は非常に誠実かつ紳士的である。音無響子に惹かれて積極的なアプローチを開始したあとは、多少強引な手を使うこともあったが、その場合でも常に彼女の気持ちを慮ることを忘れなかった。 そんな完全無欠な彼の唯一の弱点は、幼少時のトラウマで犬が苦手なこと。犬恐怖症が音無響子との関係を進めるための大きな障害だと感じた三鷹瞬は、自らも犬を飼うことで克服しようとする。だが、最終的にはこの特訓が裏目となり、九条明日菜との人生を歩むことになった。

一の瀬 花枝

一刻館の1号室に夫、息子と共に居住する、酒樽のような体形をしたおばさん。無類の詮索好き、騒動好きで、音無響子が独身と知るや早速見合い相手を見繕ったり、三鷹瞬を音無響子と半ば無理矢理引き合わせたりなど、何かとお節介を焼き、それによって場が混乱するのを大いに楽しんでいる。 また、大変な酒豪でもあり、一刻館でお馴染みの宴席では、日の丸が描かれた扇子を両手に持って踊り出す。その一方で、一刻館の住人たちを家族のように思っている節があり、真に重要な場面では、鋭い助言を与えて音無響子や五代裕作を導くこともある。

四谷

一刻館の4号室に居住する、五代裕作の隣人。名前は不明、職業不明、年齢不詳、趣味は覗きという、住人の中でも最も謎めいて変態的な人物である。4号室と5号室を遮る壁に大きな穴を開けており、そこから勝手に五代裕作の部屋に侵入しては、彼の生活に干渉したり、食糧をたかったりする。 時折、アタッシュケース片手に中折れ帽にトレンチコート、またはスーツ姿で出かけることがあるが、行き先は誰も知らない。また、尾行に対して極めて敏感で、二階堂望や五代裕作が試みたこともあったが、いずれも四谷に振り回され、結局空振りに終わった。

六本木 朱美

一刻館の6号室に居住する、五代裕作のもう一人の隣人。スケスケのベビードールにパンティのみという扇情的な姿で歩き回る、恥じらいとは無縁の女性。一の瀬花枝に負けず劣らずの酒好きで、住人たちの行きつけであるスナック茶々丸のウェイトレスを務めるが、仕事中でも遠慮なく酒を飲み、よく茶々丸のマスターに注意されている。 酔っぱらうと破天荒な行動・言動に拍車がかかり、部屋を間違えて五代裕作の布団に潜り込む、ラブホテルの代金を払わせるために、五代裕作を部屋まで呼びつけるなどし、これが原因でトラブルに発展することもあった。なお、決まった彼氏はいなかったが、最終的には茶々丸のマスターと結婚し、一刻館から茶々丸の2階へ移り住む。

二階堂 望

一刻館の2号室に転居してきた大学生。当初は立国館という名前のマンションに引っ越す予定が、人づてを重ねた契約の末、一刻館に間違われてしまったという顛末だった。母親は再転居を希望したが、二階堂望が音無響子を気に入ったことから、母親の反対を押し切って住むことになる。引っ越し当日に、一の瀬花枝、四谷、六本木朱美による一刻館の洗礼を受け、しばらくは彼らへの復讐を試みるも、結局四谷にあしらわれ、その後は一刻館の環境に次第に染まっていく。 一の瀬花枝とは違った意味で、天然の詮索好きであり、断片情報に基づいて空気を読まずに誰にでも話すため、結果的に話が大きくなったり、誤解を蔓延させてトラブルを引き起こす原因となった。

七尾 こずえ

酒屋のアルバイトで五代裕作と知り合い、その後の再会をきっかけに、五代裕作に接近し始める。極めて積極的な性格で、何度もデートに誘ったり、自宅に連れて行って自分の家族に紹介したりなど、傍から見れば完全に彼氏扱いであった。五代裕作にとっては最後まで音無響子が本命だったため、七尾こずえと付き合っているという自覚は薄く、関係を終わらせようと何度も挑戦したが、彼女の無邪気さや人の話を聞かない独特のペースに悉く敗北し、終盤まで音無響子をヤキモキさせる要因となる。 最終的には、勤め先の同僚からプロポーズされていたこと、五代裕作が他に好きな女性(音無響子であるとは聞かされなかった)がいることを告白したことで関係は円満に終焉する。

八神 いぶき

五代裕作が教育実習で訪れた女子高(音無響子の母校)に通う生徒で、五代裕作の担当クラスの委員長を務めていた。校内で五代裕作の(眠気による)涙を見たことをきっかけに、「この高校の卒業生だった彼女が死んでしまった」というとんでもない勘違いと思い込みをし、彼に恋するようになる。 その後、一刻館に押し掛けるが、そこで音無響子の存在を知ると、彼女をライバル視して宣戦布告の写真を送りつけたり、友達に協力させて半裸の状態で体育倉庫にわざと閉じ込められてみたりと、凄まじいアタックを開始。だが、音無響子の本音を聞いたことをきっかけに、身を引くことを決めた。

九条 明日菜

旧華族である九条家の令嬢。三鷹の叔父が三鷹瞬の見合い相手として選んだ女性で、初めてのお見合いのときに飼い犬たち(非常な愛犬家で、種類の異なる6匹の犬を飼っている)が三鷹瞬に懐いたことから、彼のことを慕うようになる。極度の世間知らずで引っ込み思案、声も小さい(台詞のフォントが一人だけ小さい)が、意外に芯の強い部分もあり、三鷹瞬が音無響子に好意を寄せていることを知っても身を引かず、別れ話を持ちかけられた際には出家するとまで言い放った。 犬恐怖症の三鷹瞬にとって最悪の相性だったが、結果的に、恐怖症克服のために飼っていたマッケンローと九条明日菜の愛犬サラダが2人の仲を取り持つ形で結婚することになる。

響子の父

音無響子の父親で、姓は千草だが名は不明。娘を溺愛しており、元々、音無惣一郎との結婚にも反対していたこともあって、音無家との縁を断って彼女を実家に帰らせようと考えている。それが行き過ぎて、時折、変質者に間違われるような行動を取ったり、音無響子に断りなく管理人の辞職を周囲に伝えたりすることもあった。 また、妻の千草律子とは異なり、娘の再婚は望んでいないが、その思いは「惣一郎を喪ったときの悲しみを二度と娘に味わわせたくない」という親の愛からであり、最終的には結婚を認めた。

千草 律子

音無響子の母親。夫と違って独り身を続ける娘を再婚させようと考えており、相手として申し分ない三鷹瞬が娘に好意を持っていることを知ると、彼をバックアップするようになる。ただ、千草律子的には、再婚さえしてくれれば相手を選ばないようで、三鷹瞬がリタイアした後、娘の気持ちが五代裕作にあることを察すると、五代裕作との関係を後押しするようになった。

音無 惣一郎

音無響子の最初の結婚相手で、彼女の通う女子高で地学の非常勤講師を務めていた。音無響子よりは10歳ほど年上で、彼女が高校を卒業した後に入籍。しかし、それから半年も経たずして亡くなった(死因は不明)。物語の当初から故人だが、音無響子の心理に著しく影響を及ぼす存在であり、五代裕作や三鷹瞬にとってはお互い以上のライバルである。 登場する際は常にシルエットで描かれ、その容姿はついに明かされていない。五代裕作は最後の最後にその姿を知ることになるが、その場面でも読者が音無惣一郎を素顔を見ることはできなかった。

惣一郎の父

音無惣一郎の父で、名は不明。息子のことを忘れずにいようとする音無響子の気持ちを有難く思いながらも、新たな伴侶と共に新たな人生を歩んでほしいと願っている。一刻館の大家で、音無響子が一刻館に赴任してきたのは「破天荒な住人たちに囲まれることで、少しでも気が紛れるように」というはからいだった。 また、音無響子や八神いぶきの母校の理事でもあり、音無惣一郎が非常勤講師を務められるよう斡旋したり、教育実習の受け入れ先が無くて困っていた五代裕作に助け舟を出したりもしている。

郁子

音無惣一郎の兄姉の娘であり、惣一郎の父にとっては孫に当たる。音無惣一郎の兄姉のどちらの子であるかは作中で触れられていないため、姓は不明。登場時は12歳で、腰の悪い惣一郎の父の付き添いで一刻館を訪れた。当初から五代裕作に懐いており、その後3年間、彼に家庭教師を務めてもらうことになる。 五代裕作が音無響子に気があることには早い段階で気づいており、五代裕作が郁子から音無響子の情報を聞き出そうとすると子供の無邪気さを装って躱したり、逆にそれをエサに五代裕作をからかったりすることも多い。

五代 ゆかり

五代裕作の祖母。共働きの両親の代わりに五代裕作を育てたゆえに、彼の性格を隅々まで熟知している。小柄だが矍鑠とした老婆で、一刻館の酒盛りにも余裕で溶け込めるほど酒に強い。また、誰に対しても歯に衣着せぬ物言いをし、相手をタジタジとさせる局面もあり、実にフリーダムな老婆である。孫と直接話すときは、勢いで言い合いになることが多いが、その心底には常に孫への愛が含まれている。

黒木 小夜子

五代裕作と同じ学科を専攻している女性。クラブに所属せず暇そうに見えた五代裕作を、自分が所属する人形劇クラブに半強制的に入部させた。しかし、この出会いと経験が、五代裕作が保父を志す大きなターニングポイントとなる。黒木小夜子は大学卒業後、しいの実保育園に勤務しており、五代裕作がこの保育園でアルバイト(最終的には本就職)できたのは、ひとえに彼女の紹介によるもの。

坂本

名前は不明。五代裕作の浪人時代からの悪友で、同じ大学に進学した。基本的に不真面目、お調子者、適当なことを無責任に口走るタイプだが、その性格が五代裕作の行動を後押しすることがある(五代裕作の最初の告白もそのひとつ)。五代裕作が本音を吐露できる数少ない友人であり、坂本のアパートは音無響子と喧嘩したときの避難所となっている。

マネージャー

五代裕作が終盤にアルバイトしていたキャバレーバニーのマネージャーで、姓名は言及されていない。坂本の高校時代の先輩で、五代裕作が就職浪人した際に引き合わされた。強面なチンピラ風の風体や荒い言葉遣いが目立つが、実際には人情味ある男。五代裕作の保父資格受験やプライベートな都合に協力的で、合格した際には心から喜んだ。 時折与える助言は的を射ており、終盤の五代裕作を陰から支える重要人物のひとり。

一の瀬 賢太郎

一の瀬家のひとり息子。登場時は小学生、最終的には中学生へと成長する。母親を含め、周囲の大人たちが何かと非常識なためか、最年少でありながら一刻館で最も常識的な人物である。音無響子の姪である郁子に淡い恋心を抱いているが、郁子自身はそれに気づいておらず(または気づかないふりをして)、弟のように接している。

茶々丸のマスター

六本木朱美が勤務し、一刻館の住人たちの行きつけともなっているスナック茶々丸のマスターで、姓名は不明。妻子持ちだが、六本木朱美に気があり、何度かデートしているシーンが見られる。最終的には妻と離婚し、六本木朱美と結婚した。

三鷹の叔父

三鷹瞬の叔父で名前は不明。三鷹家の繁栄のために、三鷹瞬と旧華族令嬢・九条明日菜の結婚をまとめようと画策する。当人に断りなく結納の日取りを決めるなど、強引な手段も厭わない手練れで、三鷹瞬も必死に抵抗を続けたが、最終的には叔父の思惑通りに両者は婚姻することとなる。

八神いぶきの担任

姓名は不明。五代裕作が教育実習で訪れた女子高のベテラン教師で、彼の受け持ちクラスの担任でもある。さらに、音無響子が在学していたときの担任でもあり、音無惣一郎と音無響子の過去を知る人物のひとり。恋に恋する八神いぶきを諭し、彼女に身を引かせるきっかけを作った。

惣一郎

『めぞん一刻』に登場する犬。音無響子の愛犬。元は雑種の野良犬だったが、音無惣一郎が購入した焼き鳥の匂いに釣られてきたことをきっかけに音無家の飼い犬となった。音無惣一郎はシロと呼んでいたが、音無響子が夫を呼ぶたびに反応を示したことから、音無惣一郎の死後はその名を継承する。音無響子にとっては亡夫を偲ぶ縁のひとつであり、五代裕作にとっては最大の恋敵の象徴であり、そして犬恐怖症の三鷹瞬にとっては音無響子に接近するための最大の障害という重要な存在だった。

マッケンロー

『めぞん一刻』に登場する犬。飼い主に似て笑顔がチャーミングなポメラニアン種のオスで、歯を見せると光がこぼれる。犬恐怖症の三鷹瞬が、それを克服するために飼い始め、一時は五代裕作と音無響子の間に深い亀裂を入れるきっかけを作りもした。だが、九条明日菜が、泥酔した三鷹瞬を彼のマンションに運んだ際、彼女が連れていた愛犬のサラダを身篭らせたことで、飼い主同士の婚姻が成立。 最終的には三鷹瞬に音無響子を諦めさせる役回りとなる。

サラダ

『めぞん一刻』に登場する犬。九条明日菜の飼い犬のうちの1匹で、ポメラニアン種のメス。九条明日菜が三鷹瞬のマンションを訪れた際にマッケンローと結ばれ、これがきっかけで三鷹瞬と九条明日菜の結婚が決まった。

五代 春香

五代裕作と音無響子の間に生まれた愛娘。桜の咲く季節に誕生し、春の香りと名付けられた。

場所

一刻館

『めぞん一刻』に登場するアパート。時計坂という架空の地域にある、とても古い木造建築の二階建てアパートで、『めぞん一刻』の主要な舞台である。所有者は惣一郎の父。1階に管理人室と1号室から3号室、2階に4号室から6号室があり、各部屋には番号に対応した姓(5号室なら五代裕作など)の住人がいるが、3号室はずっと空き部屋のままだった。 また屋根には時計塔が備えられており、これが一刻館の名称の由来となっている。

しいの実保育園

『めぞん一刻』に登場する架空の施設。黒木小夜子の紹介で、五代裕作が大学卒業後にアルバイトをしていた保育園。一時は人員削減の理由で解雇されるが、園長がぎっくり腰でリタイアしたことから、保父として正式に採用された。

キャバレーバニー

『めぞん一刻』に登場するキャバレー。五代裕作がしいの実保育園を解雇された後、坂本に紹介してもらったアルバイト先。ここで働きながら、保父の資格取得を目指すことになる。最初は呼び込み担当だったが、しいの実保育園のアルバイト経験などから、ホステスの子供たちを預かる福利厚生部長に就任し、頼りにされた。

書誌情報

めぞん一刻 全10巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(1997年1月発行、 978-4091921710)

第2巻

(1997年1月発行、 978-4091921727)

第3巻

(1997年2月発行、 978-4091921734)

第4巻

(1997年2月発行、 978-4091921741)

第5巻

(1997年3月発行、 978-4091921758)

第6巻

(1997年3月発行、 978-4091921765)

第7巻

(1997年4月発行、 978-4091921772)

第8巻

(1997年4月発行、 978-4091921789)

第9巻

(1997年5月発行、 978-4091921796)

第10巻

(1997年5月発行、 978-4091921802)

めぞん一刻 全15巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻

(2007年5月発行、 978-4091812650)

第2巻

(2007年5月発行、 978-4091812667)

第3巻

(2007年5月発行、 978-4091812674)

第4巻

(2007年6月発行、 978-4091812681)

第5巻

(2007年6月発行、 978-4091812698)

第6巻

(2007年7月発行、 978-4091812704)

第7巻

(2007年7月発行、 978-4091812728)

第8巻

(2007年8月発行、 978-4091812735)

第9巻

(2007年8月発行、 978-4091812742)

第10巻

(2007年9月発行、 978-4091812759)

第11巻

(2007年9月発行、 978-4091812766)

第12巻

(2007年10月発行、 978-4091812773)

第13巻

(2007年10月発行、 978-4091812780)

第14巻

(2007年11月発行、 978-4091812797)

第15巻

(2007年11月発行、 978-4091812803)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo