やえ

やえ

太閤記(漫画)の登場人物。

登場作品
太閤記(漫画)
正式名称
やえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

きのしたとうきちろうの結婚相手。ぎふ城の足軽組頭であるふじいまたえもんの娘。結婚時期と相手は史実とは異なるが、とうきちろうの結婚は、この作品の締めを飾るイベントとなった。一般的に、木下藤吉郎の妻はねね(もしくはおね)であるが、山岡荘八の大河小説『徳川家康』では、木下藤吉郎は足軽頭・藤井又右衛門の娘、お八重と結婚したとあるので、ここから引用したか類似のことが講談で語られていたのではないかと推測される。

登場作品

太閤記

村のガキ大将だったひよしまる(日吉丸)は、悪さが過ぎて寺に預けられてしまう。が、その地方の権力者に恥をかかせたためにそこにもいられなくなり、放浪の旅に出る。武芸者の家に住みこみで弟子になったり、野武士... 関連ページ:太閤記

SHARE
EC
Amazon
logo