アイシールド21

気弱な少年小早川瀬那がアメリカンフットボールの選手となり、強敵との戦いを通して成長していく様を描いたスポーツ漫画。原作は稲垣理一郎。

正式名称
アイシールド21
原作者
稲垣 理一郎
作画
ジャンル
ラグビー・アメフト
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社)
巻数
全37巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

気弱な高校生小早川瀬那は、高校入学を機に自分を変えたいという思い立ち、高校のアメフト部である泥門デビルバッツに入部する。ひよわで体力の無いセナはチームのサポート役である主務として入部したつもりだったのだが、唯一の取り柄である驚異的な俊足を蛭魔妖一に見込まれ、強制的に選手として登録させられてしまう。

さらに、ほかのチームに威圧感を与えようとする蛭魔妖一の策略によって、伝説の日本人アメフト選手であるアイシールド21の名を名乗り、試合に出場することになるのだった。

登場人物・キャラクター

小早川 瀬那 (こばやかわ せな)

小柄な体格と臆病な性格が災いし、幼い頃からパシリとして孤独な人生を送ってきた。しかしそのパシリの経験が、彼に40ヤード(50m)を4秒2(アメリカのプロアメフト選手のトップスピード)でという驚異的な走力を培っていた。アメフトの全国大会制覇を狙う蛭魔妖一にそのスピードを見込まれ、気づけばセナはアメフト部の選手にさせられていた。 フルフェイスのメットで顔を隠し、伝説のスター選手アイシールド21として、意図せず華々しいデビューを飾らされてしまう。

蛭魔 妖一 (ひるま よういち)

通称ヒル魔。泥門デビルバッツの主将で、ポジションはクォーターバック。小早川瀬名を半ば無理矢理アメフト部へと入部させ、アイシールド21としてデビューさせた。恐ろしいほどに狡知に長け、人の弱みを握っては脅して自分の利益にする外道だが、唯一アメフトに関しては真摯な情熱を傾ける。 身体能力はあまり高くないが、すさまじい練習量と綿密な試合運びで、全国レベルのトッププレーヤーたちに肉迫している。中学の時に一緒にアメフトを始めた栗田良寛、武蔵厳とは気心の知れた仲である。

栗田 良寛 (くりた りょうかん)

泥門デビルバッツ所属のセンター。穏やかな性格で、少し気弱なところもあるが、ひとたびフィールドに出るとその巨体と怪力で敵選手を圧倒する。アメフトへの情熱は誰よりもあついものを持っており、午前2時から朝練を始めるほど練習熱心でもある。中学の時に一緒にアメフトを始めた蛭魔妖一、武蔵厳とは気心の知れた仲である。

雷門 太郎 (らいもん たろう)

。泥門デビルバッツ所属のワイドレシーバー。元は野球部に所属していたが、キャッチばかり練習していたため極度のノーコンになってしまい、活躍できずにいた。腐りかけていたところを小早川瀬名と蛭魔溶一に勧誘され、泥門デビルバッツへ入部する。野球で鍛えた一流のキャッチ術を武器に、チームのパスの要として活躍する。

武蔵 厳 (たけくら げん)

泥門デビルバッツ所属のキッカー。家は工務店を経営しており、怪我に倒れた父の手伝いをするために、高校を休学して一時アメフトから離れていた。無骨な容姿と寡黙な性格を併せ持つ武士のような男。その荒々しいキックはく若干正確さに欠けるものの、抜群の飛距離を誇り、高校最強レベルのキッカーと称される。 中学の時に一緒にアメフトを始めた蛭魔妖一、栗田良寛とは気心の知れた仲である。

姉崎 まもり (あねざき まもり)

泥門デビルバッツ所属のマネージャー。面倒見がよく、正義感が強い性格で、幼なじみでいじめられっこの小早川瀬名を小さい頃から守ってきた。彼がアメフト部に入部すると、彼を蛭魔妖一から保護する目的で、マネージャーとしてデビルバッツに入部。小早川瀬名にアメフトのようなハードなスポーツは無理だと思い込んでおり、物語中盤になるまで彼がアイシールド21だと気づかなかった。

進 清十郎 (しん せいじゅうろう)

王城ホワイトナイツ所属のラインバッカー。高校アメフト史上最強・最速の選手と言われている。たぐいまれな才能を持ちながら、誰よりもハードなトレーニングを続ける、「努力する天才」。小早川瀬名の目標とする人物だが、進自身も「初めて巡り会った、自分よりも速い選手」としてセナのことを最大の好敵手と認めている。

桜庭 春人 (さくらば はると)

王城ホワイトナイツ所属のワイドレシーバー。高校に通いながらアイドル活動も行っており、女子に絶大な人気を誇る。一方アメフト選手としての実力は今ひとつで、理想と現実の板ばさみに悩んでいたが、一流のプレイヤーたちの勇姿に触発され、アイドルをやめてアメフトに専念することを決意。 チームメイトの進清十郎を目標と定め、彼を超えるべく努力を重ねている。

武者小路 紫苑 (むしゃのこうじ しえん)

「西部ワイルドガンマンズ」のクォーターバック。「早撃ちキッド」の異名を持ち、0.2秒の高速投球が武器。オリンピックのピストル競技金メダリストを父に持つサラブレッドだが、周囲との不和から戸籍を捨て、独立している。物事を斜に構えてみるニヒルな性格。同チームのワイドレシーバー、鉄馬丈は幼なじみでもあり、パートナーとして全幅の信頼を置いている。

金剛 阿含 (こんごう あごん)

「100年に一人の天才」と呼ばれる「神龍寺ナーガ」のエース。人間の限界を超えた反射神経と暴力的なプレイで、一騎当千の実力を持つ。実力はあるのだが練習嫌いで、いつも酒と女遊びにうつつを抜かしている。極度の才能主義者で、凡人を嫌い見下している。蛭魔妖一とは中学時代、つるんで悪事を働いていたことがあり、複雑な感情を抱いている。

峨王 力哉 (がおう りきや)

「白秋ダイナソーズ」の選手で、ポジションはディフェンシブタックル。身長200cm、体重131kgの巨漢で、栗田良寛をも上回る超怪力の持ち主。戦ったチームのクォータバックを、ことごとく病院送りにしている。突進で相手選手を蹴散らすという愚直なプレイスタイルに反し、冷静で誇り高い性格。 強い相手と戦うことを何よりも好んでいる。

パトリック・スペンサー

アメフトの本場アメリカのチーム「NASAエイリアンズ」のランニングバック。「無重力の脚を持つ男」と称される黒人選手で、人間の限界を超えたた50ヤード4秒1の走力の持ち主。家が貧しく、プロになって祖母にいい暮らしをさせてあげることを夢見ている。憧れの選手・アポロが監督を務めるエイリアンズに所属したものの、当のアポロから差別的な仕打ちを受けていた。

アイシールド21

『アイシールド21』に登場するアメフト選手。アメリカの名門校・ノートルダム大附属中でエースランナーを務めていた伝説の日本人選手。パワー・スピード・ボディバランス・メンタルなどあらゆる面で高い能力を誇るスーパープレーヤーだが、その正体は謎に包まれている。蛭魔妖一は他のチームに威圧感を与えるため、小早川瀬名を伝説のアイシールド21としてデビューさせた。 物語が進むうちに、徐々にその正体が明らかになってゆく。

集団・組織

泥門デビルバッツ (でいもんでびるばっつ)

『アイシールド21』に登場するアメフトチームで、泥門高校のアメフト部。蛭魔妖一を中心に、栗田良寛、武蔵厳の3人で立ち上げたチーム。初めのうちは正式な部員が集まらず、試合のたびに助っ人をかき集めるような体だったので、万年負けてばかりだったが、小早川瀬名の入部を機に、様々な人材が集まり、東京でも屈指の強豪になっていった。 「99点取られても100点取りゃ勝つ」という言葉に代表される、攻撃的なプレイが信条。

王城ホワイトナイツ (おうじょうほわいとないつ)

『アイシールド21』に登場するアメフトチームで、王城大学付属高校のアメフト部。堅固な守備を信条とする、東京の強豪チーム。最強と呼ばれた「黄金世代」が卒業し弱体化が噂されていたが、史上最高の選手と名高い進清十郎をはじめとした新生メンバーたちの努力によって、再評価の機運が高まっている。

クレジット

アニメ

アイシールド21

使いっ走りだった小早川瀬那は、高校でひょんなことからアメフト部へ入部。チーム運営を行う主務としての入部だったが、使いっ走りで鍛えられた俊足に目を付けられ、選手としても活動することに。以後、正体を隠した... 関連ページ:アイシールド21

書誌情報

アイシールド21 全37巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻

(2002年12月発行、 978-4088733708)

第2巻

(2003年3月発行、 978-4088733982)

第3巻

(2003年6月発行、 978-4088734392)

第4巻

(2003年8月発行、 978-4088734989)

第5巻

(2003年10月発行、 978-4088735191)

第6巻

(2003年12月発行、 978-4088735535)

第7巻

(2004年3月発行、 978-4088735788)

第8巻

(2004年5月発行、 978-4088735986)

第9巻

(2004年8月発行、 978-4088736419)

第10巻

(2004年10月発行、 978-4088736631)

第11巻

(2004年12月発行、 978-4088736839)

第12巻

(2005年3月発行、 978-4088737782)

第13巻

(2005年5月発行、 978-4088738055)

第14巻

(2005年7月発行、 978-4088738291)

第15巻

(2005年9月発行、 978-4088738505)

第16巻

(2005年11月発行、 978-4088738741)

第17巻

(2006年1月発行、 978-4088740065)

第18巻

(2006年3月発行、 978-4088740287)

第19巻

(2006年6月発行、 978-4088741079)

第20巻

(2006年8月発行、 978-4088741413)

第21巻

(2006年10月発行、 978-4088742649)

第22巻

(2006年12月発行、 978-4088742908)

第23巻

(2007年2月発行、 978-4088743165)

第24巻

(2007年4月発行、 978-4088743400)

第25巻

(2007年7月発行、 978-4088743837)

第26巻

(2007年9月発行、 978-4088744124)

第27巻

(2007年11月発行、 978-4088744339)

第28巻 決戦の東京ドーム

(2008年2月発行、 978-4088744742)

第29巻 二代目のクォーターバック

(2008年4月発行、 978-4088744957)

第30巻 This is an American football

(2008年6月発行、 978-4088745237)

第31巻 And the winner is…

(2008年8月発行、 978-4088745534)

第32巻 Xmas bowl

(2008年11月発行、 978-4088745909)

第33巻 悪魔のミス

(2009年1月発行、 978-4088746166)

第34巻 The last of demon devilbats

(2009年3月発行、 978-4088746418)

第35巻 The world is mine

(2009年5月発行、 978-4088746647)

第36巻 Sena vs Panther

(2009年8月発行、 978-4088747132)

第37巻 Ready set hut

(2009年10月発行、 978-4088747354)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo