アカクサ

アカクサ

八雲立つ(漫画)に登場する麻薬の一種。

登場作品
八雲立つ(漫画)
正式名称
アカクサ
関連商品
Amazon 楽天

概要

考古学者だった葛城姉妹の曾祖父が南米から持ち帰ったものが根付き、瀬戸内海の斎島で群生した。南米では「神の赤い草」あるいは「ロハ」と呼ばれ、乾燥後、お茶や香として使うと強烈な幻覚作用を起こす。その株を布椎闇己の代役で顕斎儀の祭主となった眞前が譲り受け、熊野の紀斐神社で密かに栽培。

香として信者獲得に使用された。

関連キーワード

紀斐神社

熊野の山地にある「入ラズ森」の禍神を結界で封じてきた歴史を持つ。120年間途絶えているが、その神事暗闇祭は村から犠牲を出すという血なまぐさいもの。紀埜家断絶後は、最後の犠牲の血を含ませた布で結界を守っていた。また、本殿には、強力な気を放つ神剣草薙が、犠牲の血の結界で封じられていた。

登場作品

八雲立つ

出雲の山地に封印された素戔嗚の怨念を昇華するために奔走する、巫覡と鍛冶師の姿を描く。現代日本を舞台にしたエピソードを軸に、時折、神々が息づく古代編が語られ、最終的には時空を超えた邂逅を得る。SF要素を... 関連ページ:八雲立つ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
登場作品
八雲立つ
logo