アサギロ~浅葱狼~

アサギロ~浅葱狼~

剣技の才覚はあるが他の部分が欠落した少年沖田惣次郎(のちの沖田総司)を主人公に、試衛館の面々や浪士組の関わりが丹念に描かれる。

正式名称
アサギロ~浅葱狼~
作者
ジャンル
幕末
レーベル
ゲッサン少年サンデーコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

江戸に住む足軽の子沖田惣次郎は、十二歳にして御前試合で指南番の村上に勝利する。この敗北で切腹する事になった村上は、自分の刀を惣次郎に託して介錯を依頼した。引き受ける惣次郎だったが、誤って村上が腹を切る前に首を落としてしまう。その過ちで惣次郎は投獄されるが、兄弟子の島崎勝太に救われる。

惣次郎や島崎は試衛館にまつわる人々と関わりながら成長し、次第に幕末の大きな歴史の流れに関わっていく。

登場人物・キャラクター

沖田 惣次郎

九歳で天然理心流の剣術を学び、十二歳で白河藩の剣術指南番に勝利するほどの、剣術の天才。だが剣以外のことには抜けていて、清河八郎には「剣のみの男」と評される。実在の人物沖田総司をモデルとしたキャラクター。

島崎 勝太

天然理心流の4代目を継ぎ、試衛館の道場主として近藤勇と名を改める。器が大きく人を惹きつけるが、凡人には理解されづらい人物。実在の人物近藤勇をモデルとしたキャラクター。

村上

白河藩の剣術指南番だったが、御前試合で十二歳の沖田惣次郎に敗れ、切腹をすることになる。惣次郎の才を認めて自分の刀を託し、介錯を依頼した。

山南 敬助

仙台の脱藩浪士。千葉周作に学ぶ北辰一刀流の使い手だったが、自らの剣に悩み道場を出て、試衛館に居つく。道場破りの際には沖田惣次郎を破ったが、以後は勝てないでいる。実在の人物山南敬助をモデルとしたキャラクター。

土方 歳三

我流の剣が近藤勇に認められていた、多摩の薬売り。沖田惣次郎を嫌っていたが彼の刀をめぐって山賊と敵対し、その戦いをきっかけに試衛館に加わる。実在の人物土方歳三をモデルとしたキャラクター。

井上 源三郎

近藤勇より年上の、試衛館門下生。剣の才能は乏しいが、稽古熱心。真面目ではあるが、道場破りに来た山南には見栄を張り、新入りには尊敬されたがる一面もある。実在の人物井上源三郎をモデルとしたキャラクター。

永倉 新八

松前藩士の子で、剣は神道無念流本目録の腕前を持つ。悪友の市川と諸国を旅していたが、江戸で近藤勇と知り合い、その人柄に惹かれる。試衛館を訪れた時の試合で沖田惣次郎に敗れ、惣次郎から一本取ることを目標に通ううち試衛館の食客となる。実在の人物永倉新八をモデルとしたキャラクター。

藤堂 平助

伊東甲子太郎の道場で北辰一刀流を学んだが、剣術試合で沖田惣次郎に無様に敗れたため伊東に疎まれ、試衛館への間者という名目で厄介払いされる。試衛館では惣次郎の弟子にされ、腕を上げる。実在の人物藤堂平助をモデルとしたキャラクター。

下村 継次

仲間を斬り殺した罪で投獄されていたが恩赦で釈放され、後に芹沢鴨と改名する。清河八郎発案の浪士組に参加し、近藤勇らと対立する。酒好き。実在の人物芹沢鴨をモデルとしたキャラクター。

清河 八郎

文武両道の才人だが、倒幕と尊皇の思想に傾向する活動家となって、幕臣の山岡鉄舟と共に虎尾の会を築いた。徳川家茂の上洛に合わせ、浪士組を発案する。実在の人物清河八郎をモデルとしたキャラクター。

伊東 大蔵

北辰一刀流、伊東道場の道場主。美しいものを好む性格で、風采の上がらない藤堂平助を疎んじていた。実在の人物伊東甲子太郎をモデルとしたキャラクター。

集団・組織

試衛館

『アサギロ~浅葱狼~』に登場する組織。近藤勇が四代目道場主を務める、天然理心流の道場。江戸市中の牛込に位置し、しばしば多摩への出稽古を行う。近藤勇に惹かれて集まった、門弟や食客を多く抱えていた。実在の組織試衛館がモデルとなっている。

浪士組

『アサギロ~浅葱狼~』に登場する組織。徳川家茂の上洛に際し、将軍警護という名目で清河八郎が発案した。試衛館の面々が参加したが、入隊者にはそれまでの罪を免じるという条件があったため、ならず者を多く抱える。実在の組織浪士組がモデルとなっている。

虎尾の会

『アサギロ~浅葱狼~』に登場する組織。江戸幕府の弱体化を感じた清河八郎が、山岡鉄舟達と結成した。目的は尊皇攘夷で、会の名は「国を守るためなら虎の尾を踏む危険も辞さない」という意味を持つ。実在の組織虎尾の会がモデルとなっている。

SHARE
EC
Amazon
logo