アドルフ・カミル

アドルフに告ぐ(漫画)の登場人物。

  • アドルフ・カミル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アドルフに告ぐ(漫画)
正式名称
アドルフ・カミル

総合スレッド

アドルフ・カミル(アドルフに告ぐ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『アドルフに告ぐ』の主人公のひとり。神戸でパン屋ブルーメンを営むユダヤ人一家の少年。アドルフ・カウフマンの親友。12歳となったとき、小城典子から秘密文書を渡される。秘密文書はその後、本多大佐の息子、本多芳男に預けられるが、秘密文書を追ってきたアドルフ・カウフマンは、アドルフ・カミル小城典子峠草平を、赤羽警部(すでに警部ではなかったが)を使って拷問にかける。

神戸の空襲で母を失い、その後、イスラエル軍兵士となり、パレスチナ解放戦線に加わったアドルフ・カウフマンと決闘して射殺し、父の敵を討つ。

登場人物・キャラクター

『アドルフに告ぐ』の主人公のひとり。ドイツ総領事館につとめるドイツ人、ヴォルフガング・カウフマンと日本人の妻、由季江の間に生まれる。パン屋でユダヤ人のアドルフ・カミルを親友として育つ。自分の意思に反し...

登場作品

ベルリンオリンピックに記者として派遣された峠草平は、ドイツ留学中の弟を何者かに殺され、その存在の証拠すら消されてしまったことに不審を抱く。探るうち、弟がナチスの秘密をつかんでいたことを知る。帰国した彼...