最前線

最前線

第二次世界大戦中のヨーロッパを舞台に、アメリカ軍の日系二世たちで編成された部隊に所属する、ミッキー・熊本たちの分隊が、敵だけでなく味方の偏見や差別とも戦う戦争アクション漫画。実在した第100大隊442部隊をモデルにしたフィクションだが、銃器や兵器は、当時使用されていたものが数々登場する。戦争の犠牲となり苦しむ人々や、国籍を超えた友情がテーマとして描かれる。長編連載として月刊誌でスタートした後に誌面を変え、一話完結の短編シリーズとして続いた。二世部隊をモチーフとした作品は、その後、舞台やキャラクターを変えながら『悪一番隊』『愛と青春の百大隊』といった作品へと引き継がれ望月三起也の得意ジャンルとなる。望月三起也の代表作。

正式名称
最前線
作者
ジャンル
アクション
 
第二次世界大戦
レーベル
ST comics(大都社)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

第二次世界大戦中のヨーロッパで、ドイツ軍の進攻を食い止めるために、ミッキー・熊本伍長をはじめ、バッキー・平方ジョー・古城(ビー玉)サミー・渡辺(野牛)らアメリカ陸軍の日系二世で編成された442部隊のヤンキース分隊は戦っていた。彼らはみな志願兵で、日本が真珠湾を攻撃した日からアメリカ国内で迫害され続け、収容所に入れられた家族たちを守るため、自分たちが裏切り者ではない事を証明しなくてはならず、誰よりも過酷な最前線に立ち、命を落とす覚悟で戦いに挑んでいた。

味方の上官からもスパイと疑われ、危険な任務に就かされたり、仲間が命を落として手にした功績が横取りされるなど、数々の不条理な扱いを受け続けるが、それでも勇敢に戦い続け、多くの勲章を授与されることになる。

登場人物・キャラクター

ミッキー・熊本

442部隊ヤンキース分隊分隊長。スタート時の階級は伍長。ハワイ出身の日系二世で、日本の真珠湾攻撃以降、一般のアメリカ人たちの日本人移民に対する態度が変わってしまい、母と二人で経営していた花屋を破壊されてしまう。警察から保護という名目で収容所に入れられてしまった家族を救うために、自ら進んで危険な任務に就き、裏切り者でないことを証明しようとしている。 戦争を憎み、正義感が強く、時に指揮官として仲間たちからも非情と思われる行動や言動を取るが、敵味方関係なく人道的に反する行為には怒り拳を上げ、弱者や愛するものを守るために戦う者に対しては自らを犠牲にする。観察力に優れ、窮地を乗り切る思いも寄らない作戦を次々考える。 数々の功績が認められ、ヨーロッパ以外にも特殊任務でアラブやアフリカの戦地に派遣される事がある。敵の駆逐艦を沈め、その川の巡洋艦侵入を防いだ功績が認められ、軍曹に昇進する。故郷に両親と兄思いの可愛い弟がいる。

バッキー・平方

442部隊ヤンキース分隊所属。階級は一等兵。ハワイ出身の日系二世。血の気が多く、味方の二世を馬鹿にする態度に、しばしば怒りを露わにする。仲間たちから慕われ、戦地で大怪我をして生き別れとなった後に再び基地で生存が確認された際には、みな受け取った勲章を忘れるほど喜んだ。ドイツ兵に変装して敵を欺いたり、仲間が痛めつけられる姿を見かねて秘密を白状するフリなど、相手を油断させる芝居がかった事が得意な芸達者。 女装して女言葉を使いながら、抱いていた赤ん坊に見せかけた手りゅう弾で攻撃した事もあるが、その後に訪れた村で実際の赤ん坊の世話をした時には、全く泣き止まずすぐにクビにされてしまう。

ジョー・古城

442部隊ヤンキース分隊所属。階級は一等兵。ハワイ出身の日系二世。日本語に時々関西弁が交じるお調子者。ミッキー・熊本とは付き合いも長いため良き理解者で、厳しい態度に不信感を覚える新兵たちに、ミッキー・熊本の真意を伝える役目を担う。小柄でありながら肝が据わっていて、例え拷問で気絶するほど恐ろしい目に遭っても、絶対に白状しない男らしさは仲間たちも認めている。 ただし幽霊には弱い。ドイツ兵に狙われた将軍役として身代わりに捕えられ、敵の正体やアジトの情報を伝えてきた。

サミー・渡辺

442部隊ヤンキース分隊所属。階級は一等兵。アラスカ出身の日系二世。巨体で手が早いタフな男。ドイツ軍の検問所を通過する際には樽の中に隠れたミッキー・熊本、ビー玉を天秤棒で担いだり、巨大な岩を持ち上げるほどの力持ち。

カワイチ・野末

442部隊ヤンキース分隊所属。階級は一等兵。ハワイ出身の日系二世。無残な死体を目にしてショックを受けハワイに逃げ帰りたいと願うが、祖国に残してきた二世たちのために踏みとどまる気の優しい男。投げ込まれた手榴弾から仲間たちを守るために身を犠牲にする。自分の手柄で母親を収容所から出せる事と、これ以上戦争をしなくていい事を嬉しがりながら命を引き取るが、中隊長が二世の功績を認めず本国に報告しなかったため犬死となる。

シボレー

身分以上の階級章を身に着けていたため、新聞に載るほどのミスター英雄マッキーン軍曹と間違えられ、自らも英雄気取りで二世たちに大きな口を叩くが、戦場では命を惜しがり先頭に立って戦う勇気はない。ミッキー・熊本に正体を気付かれるが、劣勢な戦闘で他の兵士たちの士気を落とさせないために強引に英雄のまま最前線で戦わさせられる。

大隊長

アメリカ陸軍442部隊大隊長。階級は少佐。白人だがヘンリー大尉とは違い、二世も同じアメリカ軍人として差をつけてはいけないという考えの持ち主でミッキー・熊本たちの言葉にも耳を貸す。

ヘンリー

アメリカ陸軍442部隊中隊長。テキサス出身。階級は大尉。偏見から二世たちをジャップと呼ぶほど憎み、何かとミッキー・熊本たちの妨害を働く卑劣な男。カワイチ・野末の命を懸けた手柄をマッキーン軍曹から横取りしたものと言って認めず、本国に報告しなかったためにミッキー・熊本の怒りを買い殴られる。 本来銃殺となるべき上官への犯行を許す代わりに、ミッキー・熊本に自分の命令を無理やり従わせる。マッキーン軍曹が偽物と分かると、保身のために戦死するように仕向けるがミッキー・熊本たちの活躍で阻止される。

レオ

アメリカ陸軍第3戦車中隊戦車長。ヘンリー中隊長が選びミッキー・熊本に護衛として就けられた戦車兵。戦場で初めて顔を合わせた時からミッキー・熊本とは反りが合わず、何かと挑発をして命令にも従おうとしない。ハワイの不良少年でミッキー・熊本とは過去に因縁があったため、二人だけで決闘を行う。 その後、心を改めミッキー・熊本を認めるようになり、ピンチを救いに向かう。

チャーリー

ドイツ軍の捕虜になった兵たちを助け出すため、自分も捕虜となり脱走計画に参加するイギリスの特務機関員。脱走作戦中に度々怪しい行動を取りミッキー・熊本にスパイと疑われてしまう。

ハーレン

ドイツ独立戦車隊地獄軍団を指揮し、16台の4号戦車を率いる戦車隊長。階級は大佐。地獄軍団では、草むらでも離着陸ができる身軽さから第一次大戦の旧式複葉機を戦車隊付の偵察機として採用し、次々と獲物を探しては突撃を掛けるスタイルが、短期間で連合軍に大きな打撃を与え多くの兵士から恐れられた。 トラック輸送隊を襲撃するが、その生き残りの中に重大な秘密兵器の設計図を盗み出したアメリカ情報部員がいると知り、ミッキー・熊本たちを追撃する。

アーサー

前線へ視察に行く途中、乗っていた飛行機が撃たれパラシュートで飛び出したまま行方不明となった将軍。不時着地点がドイツ軍陣地から近かったため、ミッキー・熊本たちが司令部を作るために下見に来ていた村で、一兵士に成りすまして連合軍各国の部隊からはぐれた集団の中に紛れ込むが、その中にも将軍を見つけるために潜り込ませたドイツ兵がいた。

リー・一郎太

442部隊所属の日系二世。イギリス軍の要請でアラブの石油確保のため、ゲリラ部隊赤い土一族の協力を得るために、赤い土一族が指名してきたミッキー・熊本と一緒に現地に向かうが、途中ミッキー・熊本が古傷を痛めて引き返さなくてはけなくなったため、代わりにミッキー・熊本に成りすまして交渉に当たる。 日本男児として、自分が信用されない悔しさから腹を切ろうとする度胸と潔さがある。口が達者で文明人離れしていると赤い土一族のリーダーに気に入られ、ゲリラにならないかと誘われる。作戦を成功させるが、その事がかえってイギリスが外交官を通じて行っていた交渉の妨げになってしまう。

カウンター・オックス

ミッキー・熊本たちが敵から奪った秘密書類を横取りして司令部に届けようとした戦車兵。階級は軍曹。タフな野牛を一発で倒すほどのパンチを持つボクサーだが、試合ではいつもいい所まで進めても一度ダウンをすると余力を残して二度と立ち上がらず、勝負が敗けらしいと思ったところでダメージの少ない内に自分から降りてしまうタイプ。 ミッキー・熊本に、試合は次があるが戦場に明日はないと言われ、一度は逃げ出し酒に溺れたものの、改心をする。

パリス

戦火の街で長い間ドイツ軍に街を占拠された生活を送る内に、祖父をはじめとするドイツ兵を追い払えず言いなりになっている街の大人たちに嫌気がさし、すれてしまった子供。大人たちが信用できず、物事を損得でしか判断できなくなってしまった戦争の犠牲者。煙草を吸い、同じ境遇の姉や街の子供たちを束ね、ドイツ兵相手に小遣い稼ぎをしながら、訪れた連合軍兵士を差出し謝礼をもらっていた。 ドイツ軍の先鋭部隊アルプス師団が迫る中、ミッキー・熊本を捉えて売り飛ばそうとするが、一日も早く戦争を終わらせるために必ず大部隊を連れて戻るというミッキー・熊本の言葉にあらためて望みを託し、抜け道を教えた後に大人たちと命懸けの反攻に出る。

集団・組織

442部隊

『最前線』に登場する組織。アメリカ陸軍の日系二世で編成された部隊で、そのほとんどが、故郷の収容所に入れられた家族を偏見による迫害から守るための志願兵。最初は中隊長などの指揮官には二世以外の一般のアメリカ兵が就いていた。自ら進んで危険な戦地で闘ったため、二世部隊の勇敢さは世界中に轟き、終戦の時には900を超える勲章を請けたが、その被害も大きかった。 物語では少年伍長(後に軍曹)ミッキー・熊本率いるヤンキース分隊が活躍する。

書誌情報

最前線 全3巻 大都社〈ST comics〉 完結

第1巻 第442部隊

(1993年9月発行、 978-4886530349)

第2巻 流血の丘

(1993年9月発行、 978-4886530356)

第3巻 鬼軍曹

(1993年9月発行、 978-4886530363)

SHARE
EC
Amazon
logo