アナハラム

海皇紀(漫画)の登場人物。メルダーザとは親族関係にある。

  • アナハラム
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
海皇紀(漫画)
正式名称
アナハラム
ふりがな
あなはらむ

総合スレッド

アナハラム(海皇紀)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

メルダーザの父であるはずの魔道師。カガクの力をもって神となることを望み、クラッサ・ライの協力を得てロナルディアを影から操っていた。物語のごく初期からその名が語られていたが、姿を見せたのは最終盤であった。登場と同時に、その正体が暗殺を逃れて野に下ったロナルディア先帝の弟、ムジク・タイ・ダ・ロナルであったことが判明する。

登場人物・キャラクター

カガクの秘密を知るという魔道師アナハラムの娘。アナハラムの痕跡を残す土地グリハラにてファンたちと出会い、客分として影船八番艦に乗り込むが、父の行方とその真意を確かめるために、ギルス・ヴェダイと共にロナ...

関連キーワード

『海皇紀』に登場する国家。大陸の西に位置する帝政の国で、ラオン・グラを帝都とする。現在は女帝レアニ・ルヴァタ・ロナルによって統治されている。魔道師アナハラムによってカノン砲などの超兵器がもたらされたこ...

登場作品

漆黒の帆船を操り、仲間と共に自由に海を駆ける男ファン・ガンマ・ビゼンは、航海を続けながら様々な人物と出会い、味方と敵を増やしていく。そして、ついには海の一族を率いて、西の大国ロナルディアと大陸平定を目...