アポロの歌

アポロの歌

ギリシャ神話のアポロとダフネのエピソードを題材に、愛を知らずに育った少年がさまざまな時代をさすらいながら、報われない恋を繰り返す姿を描くSF青春漫画。「週刊少年キング」1970年4月10日号から11月6日号にかけて連載された。

正式名称
アポロの歌
作者
ジャンル
性、セックス、性愛
レーベル
手塚治虫漫画全集(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

第1巻

精神科医のは、警察の依頼で動物殺しの常習犯である少年、近石昭吾を治療することになった。荒療治が必要と考えた榎は昭吾に電気療法を施す。昭吾は電流のショックで気を失うが、目を覚ますと、そこには謎の女神が立っていた。次々に男を変えるふしだらな母親に虐待されたため男女の愛を憎んで嫌悪する昭吾に、女神は罰として、永久に続く愛の試練を与える。その試練は、生まれ変わるたびに一人の女性を愛するが、結ばれる前に必ず死に別れ、決して報われることはないという過酷なものだった。

気がつくと昭吾はナチスの少年兵になっていた。ユダヤ人の少女、エリーゼに心奪われた昭吾は、空襲のどさくさに紛れて彼女を逃がすが、ナチスを憎むエリーゼに撃たれてしまう。エリーゼもまたナチス兵に殺され、二人は死に別れたのであった。

意識を取り戻した昭吾は、自分が精神病院に戻っていることに気づく。そして榎は変わらず反抗的な昭吾に対し、催眠療法を試みる。夢の中で小型飛行機のパイロットとなった昭吾は、女性カメラマンのナオミと共に、動物だけが棲む不思議な島に不時着する。昭吾とナオミは反発し合いながらも、やがて魅かれ合っていくが、今回もまた結末は悲劇的なものであった。 

第2巻

夢から覚めた近石昭吾は、入院患者の女性を殺してしまったと思い込み、精神病院を脱走。殺人の容疑で追われる身となる。実の母親からも見捨てられた昭吾だったが、そんな彼の前に渡ひろみという女性が現れる。彼女は元陸上の長距離選手で、昭吾にはマラソンランナーの資質があると告げる。かくして昭吾はひろみに匿われ、彼女の指導を受けることになるが、二人の前にひろみの元婚約者だという山部が現れる。嫉妬する山部の乗る車に追われて昭吾は崖から転落し、瀕死の重傷を負ってしまう。

目を覚ました昭吾は未来の世界にいた。未来では「合成人」と呼ばれる人造人間が世界を支配していて、昭吾は合成人たちに反抗するレジスタンスに属していた。仲間から合成人の女王シグマの暗殺を命じられた昭吾は、わざと捕まって女王付きの奴隷になる。ところが、人間の愛に興味を持つ女王シグマは、昭吾を愛するようになってしまう。女王シグマの強引な求愛にとまどいながらも、昭吾は何とか彼女を殺そうとする。だが、何度殺しても彼女は蘇り、昭吾の前に現れるのだった。 

第3巻

近石昭吾に愛されるため、女王シグマは人間になろうと試みた。しかし、彼女は人間を嫌悪するビビンバ首相によって拘束され、醜い顔に変えられてしまう。女王シグマへの愛を自覚した昭吾は、彼女を連れてレジスタンスのアジトに逃げ込むが、合成人を憎む仲間達は女王シグマを破壊。レジスタンスたちは余勢をかって合成人の王室センターに攻め込む。新たに生み出された女王シグマもまた自分を慕っていることを知った昭吾は、彼女を助けるべく戦うが、乱戦の中に倒れる。こうして彼の恋は、またも悲惨な結末を迎えるのであった。

現代に戻った昭吾はマラソンのトレーニングを続けていた。昭吾は渡ひろみに惹かれつつあったが、そんな中、彼女が精神病院の医師であるの依頼で、自分に近づいたことを知ってしまう。昭吾は絶望のあまり崖から身投げしようとするが、昭吾に対する愛を自覚したひろみが寸前で阻止。だが、ひろみはあやまって崖から転落してしまい、昭吾に見取られて息を引き取る。警察に追われ、ガソリン置場に逃げ込んだ昭吾は、警察隊の発砲を誘い、ひろみの遺体と共に業火の中に消えたのだった。

気がつくと昭吾は女神の神殿にいた。昭吾の試練はいまだに終わってはおらず、女神は次の運命が待っていると彼に告げるのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

男と女の愛を激しく憎む少年。母親が複数の男と関係を持つふしだらな女で、「望んで生んだ子ではない」と言われたことから男女の愛情を嫌悪。人間はおろか動物のオスとメスが仲良くしているのを見るだけで激昂するよ... 関連ページ:近石 昭吾

近石昭吾の治療を担当することになった精神科医の男性。昭吾の心を正常にするべく、電気療法や催眠術などのさまざまな治療を試みる。戦争で敵の少年兵を殺した経験があり、その時に爽快感を感じたことから、世の中には人を狂わせる要素が無数にあり、どんなまともな人間もわずかなきっかけで狂ってしまうという持論を持つ。

女神

近石昭吾の夢に現れる謎の存在で、石像のような姿をしている。男と女の関係を憎み、動物のつがいを次々に殺した昭吾に「何度もある女性を愛するが、その愛が成就する前に女性か自分かが死ぬ人生を無限に繰り返す」という愛の試練を与える。

エリーゼ

女神の試練を受け、ナチスの少年兵に生まれ変わった近石昭吾が戦火の中で出会ったユダヤ人の少女。強制収容所への移送の途中、昭吾の手引きで列車から逃亡するが、ナチス兵士の姿をしている昭吾のことを信じることができず、彼に対して銃を向ける。

軽飛行機のパイロットとなった近石昭吾が出会うことになる女性カメラマン。芸術家ぶっているわがままな女性で、海中火山噴火の取材のため昭吾の操縦する飛行機に搭乗するが、いい写真を撮ろうとするあまり火山への無... 関連ページ:ナオミ

殺人の容疑で警察に追われていた近石昭吾を助けた美女。元長距離の選手で昭吾にマラソンランナーの素質を感じたと称し、彼を山荘にかくまってトレーニングを課す。実は精神科医の榎の教え子で、昭吾に近づいたのは彼... 関連ページ:渡 ひろみ

未来世界の日本に転生した近石昭吾が出会うことになる、渡ひろみに瓜二つの合成人の女王。自身の身体の一部を保管しており、たとえ死んでもクローン合成によって何度でも蘇る。他の合成人と同じく人間を下等な存在と... 関連ページ:女王シグマ

近石昭吾の母親。男をとっかえひっかえしているだらしない女で、息子の世話よりも異性関係を優先している。愛人との性行為の最中に部屋に入って来た昭吾に「生むんじゃなかった」と言い放ち、彼に大きなトラウマを与... 関連ページ:ママ

山部

渡ひろみの元婚約者。ボストン・マラソンで2位になった経験を持つ現役のトップランナーだが、女グセが悪く、ひろみに婚約を解消された。ひろみに未練があり、嫉妬から彼女のコーチを受けている近石昭吾を車で追い、谷底に落として殺そうとする。

眼帯の男

合成人の支配に抵抗するレジスタンスのリーダーを務める男性。合成人のことを激しく憎んでおり、女王シグマの暗殺を計画。レジスタンスの殺し屋に生まれ変わった近石昭吾の歯に強力な爆弾を埋め込み、奴隷となって女王に接近するよう彼に命じる。

ビビンバ

山部によく似た男性の合成人で未来世界の日本の首相。女王シグマの秘書となった近石昭吾を危険視し、密かに彼を抹殺。代理として合成人の昭吾を作り出し、秘書として女王にあてがった。だが、それでも人間の昭吾に執着する女王に激怒し、彼女の首を醜い顔にすげ替え、人間たちの住むエリアに追放する。

ミナ

近石昭吾が未来世界で出会った合成人の少女。昭吾に未来の東京を案内し、なぜ人間が絶滅寸前となったかを教える。人間は嫌いではないと語っているが、合成人に劣る愚かな存在とバカにしており、殺してもかまわないと考えている。

合成人の昭吾

近石昭吾の細胞をもとに生み出された合成人。ビビンバの命令で女王シグマの秘書兼ガードマンとして側に仕える。女王シグマに要求されて人間の昭吾のようにふるまうが、合成人のため感情がこもっておらず、彼女を失望させることになる。

場所

無人島

パイロットとなった近石昭吾がカメラマンのナオミとともに不時着した島。野生動物だけが暮らす島で肉食草食の関係なく、すべての動物が助け合いながら共同生活を送っている。島の動物を殺してはいけないという暗黙の掟があり、破った者には理由の如何を問わず動物たちによって制裁が加えられる。

その他キーワード

合成人

西暦2030年の未来世界において人間が科学的に作り出した人造人間。外見は人間そのものだが、生殖行為や排泄の必要がないので性器はない。知能、身体の丈夫さのどちらも生身の人間をはるかに上回っているため人間... 関連ページ:合成人

SHARE
EC
Amazon
logo