アル中ワンダーランド

アル中ワンダーランド

アルコール依存症となりそれを克服した女性漫画家まんしゅうきつこが過去を振り返って描き下ろした実体験漫画。全体的にギャグテイストで描かれているが、笑えないエピソードも多数存在する。

正式名称
アル中ワンダーランド
ふりがな
あるちゅうわんだーらんど
作者
ジャンル
エッセイ
レーベル
扶桑社(扶桑社)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

マン臭きつ子」という最悪のペンネームで漫画ブログを始めたまんしゅうきつこは業界から注目される漫画家となる。しかし、慣れない漫画原稿作成とブログ更新作業がプレッシャーとなり、家事をおろそかにした挙げ句、部屋は汚部屋と化していく。まんしゅうきつこはいつしか酒に逃げるようになり、アルコール依存症となっていく。

常に酩酊状態にあり次第に奇行が増えていった彼女は、治療に専念するため夫と離れ、実家に戻ることとなる。

登場人物・キャラクター

まんしゅう きつこ

漫画家。主婦だったが、「マン臭きつ子」のペンネームでブログ漫画を描き始め人気が出る。しかし身内からの苦情を受け、ペンネームを「まんしゅうきつこ」に改める。慣れない漫画原稿作成とブログ更新に追いつめられ、家事をおろそかにするようになった挙げ句、部屋が汚部屋となる。結果、プレッシャーから酒に逃れるようになってしまう。 もともと対人スキルに難があったこともあり、酒を飲めば社交的になれることから、一層酒に溺れるようになり、アルコール依存症となる。そしてまんしゅうきつこは、次第に夢と現実の区別がつかないようになっていく。モモという名の犬を飼っており、その散歩の途中で、空を飛ぶ飛行機に話かけられたりする。 一番好きなジブリアニメは『天空の城ラピュタ』。また、彼女は左よりも右のおっぱいの方が形が整っていると自負している。お客として行ったキャバクラでいきなりホステスとして働かされた時は、まなみという源氏名にされた。

やっちゃん

まんしゅうきつこの弟。職業はプロカメラマン。泥酔したまんしゅうきつこが何かと頼ろうとする弟。酔って家に押しかけた姉の虚無的な目を見て写真に撮ろうとした。コンビニのおにぎりは食べない主義。モデルとなったのは実弟のカメラマン・江森康之。

まんしゅうきつこの夫 (まんしゅうきつこのおっと)

まんしゅうきつこの夫。会社員。まんしゅうきつこの飲酒に関して作中ではほぼ無関心の様子。しかし、作中のエッセイによれば、漫画の仕事で忙しいくなり酒量も増えたことで「家事が行き届いていない」と指摘し、姑と舅を呼んで家の散らかり具合を見せたことがあったという。

モモ

『アル中ワンダーランド』に登場する犬。まんしゅうきつこの飼い犬。阿佐ヶ谷ロフトAのイベントで自分が酩酊して左のおっぱいを出したことを後に知ったまんしゅうきつこが床に倒れて涙した時、その涙をぺろぺろなめた。まんしゅうきつこがアルコール依存症の治療に専念するため埼玉県の実家に帰った際にも同行した。

まんしゅうきつこの母 (まんしゅうきつこのはは)

まんしゅうきつこの母親。2014年の正月、帰省したまんしゅうきつこが朝から晩まで庭でクリスタルチューナーをチンチン鳴らすことから「オウムの残党がいる」と近所で言われ始めていると苦情をもらす。

まんしゅきつこの父 (まんしゅうきつこのちち)

まんしゅうきつこの父親。まんしゅうきつこの正月の帰省時に登場したが、彼女の過度の飲酒に関して特にコメントはしなかった。彼女の妄想内での葬儀に登場した際にも何も語らなかった。

まんしゅうきつこの妹 (まんしゅうきつこのいもうと)

まんしゅうきつこの妹。やっちゃんの姉。まんしゅうきつこの脳内妄想まんしゅうきつこ葬儀に出席した。脳内妄想葬儀では特に悲しむこともなくせんべいを食べながら雑誌を読んでいた。妄想の中の彼女は弟のやっちゃんと仲が悪く口をきこうとしない。

村田さん (むらたさん)

まんしゅうきつこの近隣の住人。ご近所の主婦のボス的存在。赤ん坊に授乳させながら煙草を吸う感じの人。まんしゅうきつこ家の塀にサッカーボールをぶつけて遊ぶ迷惑な村田さんの子供に対し、まんしゅうきつこが「よなか~ 僕たちの家に×××を行かせるよ~」と脅しをかけたところ、「大人げないよアンタ」とクレームをつけてきた。 それに対し、日頃から村田さんが、飼い犬(コーギー)の散歩を怠っていることに不満を抱いていたまんしゅうきつこは「まず犬の散歩をしやがれコノヤロウ」と罵倒した。翌日、村田さんはご近所に「あの人は△△△」と近所に触れ回った。

静香 (しずか)

某出版社の新年会で泥酔したまんしゅうきつこが何故か立ち寄ったキャバクラ海ほたるのキャバクラ嬢。まんしゅうきつこはその時の記憶がまったくなかったが、後日静香からメールが来たことで、何故自分があの時キャバクラに立ち寄ったかを確かめるべく、再び店を訪れ彼女を指名した。

須藤元気の幻覚 (すどうげんきのげんかく)

まんしゅうきつこと街角ですれ違った瞬間、時空をゆがませた。本物であったか幻覚であったか定かでないが、まんしゅうきつこは「あれは宇宙人だね」と弟のやっちゃんに電話で報告した。このあとまんしゅうきつこはアルコール依存症の治療に専念するため実家に戻った。モデルとなったのは、元総合格闘家にして作家、ミュージシャン、パフォーマーの須藤元気と思われる。

女医 (じょい)

まんしゅうきつこの主治医。家族から勧められて受診に来たまんしゅうきつこにアルコール依存症の診断を下した。誰かどう見ても「アルコール依存症」であったにも関わらず、診断を下されたまんしゅうきつこは「完全に誤診だな」と思っていた。しかし処方された薬はちゃんと飲んで治療につとめた。 女医はその後禁酒を続けているまんしゅうきつこに断酒会に参加することを薦める。

キャバクラの店長 (きゃばくらのてんちょう)

キャバクラ「海ほたる」の店長。泥酔して店の近くの生垣に行き倒れいたまんしゅうきつこを発見し、店に運んでキャバクラ嬢の静香に彼女を託した。この時は「店長が連れてきた客人」として料金は取らなかった。しかし、その後まんしゅうきつこが店を再訪した際には、事前に了解を取らぬまま彼女に「まゆみ」という源氏名を与え、いきなりキャバクラ嬢として接客することを強要した。 この時のバイト代は支払われたが、「静香さんの指名料金」はそこからきっちり差し引かれていた。

飛行機 (ひこうき)

『アル中ワンダーランド』に登場する、UFOが擬態しているとまんしゅうきつこに疑われている存在。空を飛びながらまんしゅうきつこに様々な言葉を投げかけてくる。

場所

阿佐ヶ谷ロフトA (あさがやろふとえー)

『アル中ワンダーランド』に登場するイベント会場。まんしゅうきつこが初めて出演したトークイベントが開催された会場。まんしゅうきつこは極度の緊張から、ワイン1本、缶ビール4本を飲んで酩酊状態で登壇。支離滅裂なことをつぶやいた後、「はなすことないので」と言って、おもむろに左のおっぱいを出して見せた。この時のことについて後にまんしゅうきつこは「出すにしてもなぜ、どちらかといえば整っている右でなかったのか」と述懐している。

海ほたる (うみほたる)

まんしゅうきつこが酩酊して迷い込んだキャバクラ。まんしゅうきつこの担当キャバクラ嬢は静香さん。こじんまりとした場末の雰囲気のお店でお客もご老人が多い。まんしゅうきつこが二度目に訪れた際には、何故かまゆみという名前でキャバ嬢として接客させられてしまう。

書誌情報

アル中ワンダーランド 全1巻 扶桑社〈扶桑社〉 完結

第1巻

(2015年4月9日発行、 978-4594072469)

SHARE
EC
Amazon
logo