アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・プーシキン

ブロンズの天使(漫画)の登場人物。別称、サーシャ。

  • アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・プーシキン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ブロンズの天使(漫画)
正式名称
アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・プーシキン
フリガナ
アレクサンドルセルゲーエヴィチプーシキン
別称
サーシャ

総合スレッド

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・プーシキン(ブロンズの天使)の総合スレッド
2016.07.28 18:46

概要

有名な詩人でナターリアの夫となる。風刺的な詩を書くため、皇帝の敵として常に監視されている。文学新聞の発行者。先祖がエチオピア人であり、赤銅色の肌をしている。女ったらしでお調子者。すぐに決闘をする短気な人物であったが、結婚してからは控えるようになった。愛称はサーシャ

実在した詩人、アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキンがモデル。

登場作品

19世紀、帝政ロシア。美しい没落貴族の少女ナターリアは社交界にデビューする。注目を浴びた彼女は、有名な詩人プーシキンと結婚することになる。まっすぐなプーシキンの愛に戸惑いながらも、家庭を築く2人。しか...