ブロンズの天使

19世紀、帝政ロシアを舞台に、ロシアの詩人プーシキンに愛された美しい没落貴族の少女ナターリアを描くラブストーリー。

  • ブロンズの天使
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ブロンズの天使
作者
ジャンル
歴史もの一般
 
恋愛一般
レーベル
フラワーコミックス(小学館) / 小学館文庫(小学館)

総合スレッド

ブロンズの天使(漫画)の総合スレッド
2016.07.28 18:45

新着関連スレッド

エカテリーナ・ゴンチャロフ(ブロンズの天使)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.28 18:46
ナターリア・ゴンチャロフ(ブロンズの天使)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.28 18:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

19世紀、帝政ロシア。美しい没落貴族の少女ナターリアは社交界にデビューする。注目を浴びた彼女は、有名な詩人プーシキンと結婚することになる。まっすぐなプーシキンの愛に戸惑いながらも、家庭を築く2人。しかし、ナターリアは青年将校のダンテスと恋に落ちてしまう。2人は駆け落ちまでするが、結局別れることに。

その後、ダンテスはナターリアの姉と結婚。しかし、ある舞踏会でのダンテスの行動に激怒したプーシキンは、ダンテスと決闘し、命を落としてしまうのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
没落貴族の娘で3人姉妹の3女。美しい容姿のために、母親から大きな期待をかけられ、恋愛について何かもわからないまま16歳の時、社交界にデビューする。プーシキンの強い押しに折れ、結婚するが、ダンテスと出会...
ナターリアの姉で長女。母親のゴンチャロフ夫人曰く「ごつい体型」をしているが、心優しい女性。宮廷女官として仕える。ダンテスに恋し、のちに妻になる。実在したエカテリーナ・ゴンチャロワがモデル。
ナターリアの姉で次女。母親に「つぶれたパンみたい」といわれる。プーシキンのファン。のちに、女官になる。
有名な詩人でナターリアの夫となる。風刺的な詩を書くため、皇帝の敵として常に監視されている。文学新聞の発行者。先祖がエチオピア人であり、赤銅色の肌をしている。女ったらしでお調子者。すぐに決闘をする短気な...
プーシキンの友人。文学新聞に載せた詩が原因でシベリア収容所送りで脅され、気が滅入り、身体を壊して亡くなる。歴史上の実在人物アントン・デリヴィグがモデル。
プーシキンを監視している将軍。
貴族でプーシキンの友人。結婚の仲介をするためゴンチャロフ家を訪れる。
ロシア皇帝。プーシキンを敵対視しているが、彼の人気を気にして慎重に蹴落とすことを考えている。歴史上の実在の人物、ニコライ1世がモデル。
ナターリアたちの母。夫が落馬して発狂してから、女手1つでゴンチャロフ家を支えている。もともとは美人だった。実在したナターリア・ザグリャスカヤがモデル。
新人作家でナターリアとプーシキン結婚式直後の家に押しかけてくる。歴史上の実在の人物、ニコライ・ゴーゴリがモデル。
プーシキンの友人。妻はヴェーラ・フョードロヴナ。デリヴィグとも親友だった。
ヴィーゼムスキイの妻。陰ながら夫を見守る。ナターリアに友だちになろうと提言する。
フランス人。生粋のブルボン王朝支持派(レジテイミスト)で軍人。美貌と聡明で知られる。射撃の名手。ロシアに向かう途中、ファン・ヘッケルン男爵に助けられる。ロシアでは近衛騎兵隊少尉。歴史上の実在の人物、ジ...
オランダ大使。美青年好き。ダンテスの後見人として、彼をロシアに連れて行く。歴史上の実在の人物、ヤコブ・ファン・ヘッケレン男爵がモデル。
ナターリアの兄で今は、ゴンチャロフ家の領地経営をしている。
プーシキンに手紙が見られていることを知らせに来る。昔の先生。心からプーシキンを心配している。
ナターリアの伯母で女官として宮廷に仕えている。