アンボワーズ城

アンボワーズ城

王妃マルゴ(漫画)に登場する城。

登場作品
王妃マルゴ(漫画)
正式名称
アンボワーズ城
ふりがな
あんぼわーずじょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ロワール川ぞいに建てられており、幼い頃のメアリやエリザベートがともに育った。ギーズ公たちの希望により、マルグリットが7歳の年に、宮廷が移動。プロテスタントの反乱軍によって襲撃されたが、すぐに制圧された。捕らえられた千人のプロテスタントは、カトリックへ改宗した場合は命を助けられたが、ほとんどが処刑された。

死体はロワール川へ流されたり、城に首をつった状態で置かれたため、城には死臭が立ちこめていた。以降、カトリックとプロテスタントの対立の象徴として、イメージされるようになった。

登場作品

王妃マルゴ

16世紀フランスを舞台に、王子様との結婚を夢見る美しい王女マルグリット。宗教対立が激化する時代、王宮の権謀術数や、自らの恋愛の中で、マルグリットは美しく成長していく。 関連ページ:王妃マルゴ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
王妃マルゴ
logo