ウルスラ

ウルスラ

天は赤い河のほとり(漫画)の登場人物。

登場作品
天は赤い河のほとり(漫画)
正式名称
ウルスラ
ふりがな
うるすら
関連商品
Amazon 楽天

概要

ユーリの異名・イシュタルをかたり、カタパの街で贅沢と横暴を尽くしていた娘。ウルヒ・シャルマが身分の低いウルスラを利用し、カイル・ムルシリユーリの評判を落とすため裏で操っていた。後に改心してユーリに仕える女官となる。ナキア皇妃によりアルヌワンダ2世暗殺の濡れ衣を着せられたユーリを助けるため、自分が犯人だと名乗り出て処刑された。

登場作品

天は赤い河のほとり

女子中学生・鈴木夕梨はある日、水たまりから現れた謎の手に捕まって姿を消す。夕梨がやってきたのは紀元前14世紀のヒッタイト帝国。ナキア皇妃が呪いの生け贄とするため、夕梨を魔力で引き寄せたのだった。夕梨は... 関連ページ:天は赤い河のほとり

SHARE
EC
Amazon
logo