エンリケ・デ・トラスタマラ

アルカサル-王城-(漫画)の登場人物。アルフォンソ11世とは親族関係にある。

  • エンリケ・デ・トラスタマラ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アルカサル-王城-(漫画)
正式名称
エンリケ・デ・トラスタマラ

総合スレッド

エンリケ・デ・トラスタマラ(アルカサル-王城-)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

ドン・ペドロの異母兄。アルフォンソ11世と愛妾レオノーラ・デ・グズマンの間に生まれた双子の兄。自己中心的で、手段を選ばない冷酷さを持つ。庶子だがアルフォンソ11世の愛を受けて育ったため、王位に対する執着が異様に強く、正嫡で王となった異母弟ドン・ペドロを憎む。

一度はドン・ペドロの権力掌握に力を貸すが、ドン・ペドロが恋愛に暴走し失策を犯すと、素早くそこにつけ込んで反対勢力を形成し、ドン・ペドロから権力を剥ぎ取った。しかし、反対勢力同盟が内部分裂を起こし、ドン・ペドロが権力を取り戻すと、国外に逃亡する。以後、隣国アラゴン王国やフランスに居住し、カスティリアの王権を狙い続ける。

妹のカテリナを偏愛する。実在の人物であるエンリケ・デ・トラスタマラがモデル。

登場人物・キャラクター

カスティリア王国の王でドン・ペドロの父。元ポルトガル王女だった王妃マリアとの間に、嫡子ドン・ペドロ1世をもうけるが、愛は常に愛妾レオノーラ・デ・グズマンに向かっており、レオノーラが権力を濫用するのを容...

登場作品

イベリア半島中央部に実在したカスティリア王国、その王である父の病死により、即位したドン・ペドロ1世は、恐ろしく精力的かつ直情径行な男であった。即位当初は宰相の傀儡に甘んじていたが、18歳の時に自らの新...