ふたがしら

江戸時代、盗賊「赤目」の一味を抜けた弁蔵と宗次が新たな盗賊一味を作り上げていく時代劇マンガ。オノ・ナツメ作『さらい屋五葉』の登場人物・仏の宗次と鬼蜘蛛の弁蔵の若き日を描いた作品。

  • ふたがしら
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ふたがしら
作者
ジャンル
時代劇
レーベル
IKKI コミックス(小学館)

総合スレッド

ふたがしら(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

しの(ふたがしら)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37
弁蔵(ふたがしら)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37

新着関連スレッドもっとみる

概要

江戸時代。盗賊「赤目」の頭目・辰五郎のいまわの際に一味の今後を託された弁蔵宗次。しかし、遺言が出てきたことにより、跡目は辰五郎の弟分甚三郎がとることとなった。納得いかない二人は一味を抜け、「でっかいことをやる」ため大阪へ向けて旅立つ。

登場人物・キャラクター

主人公
『ふたがしら』の主人公のひとり。盗賊一味赤目を宗次と共に抜け、「でかいことを成し遂げる」ため旅に出る。騙されやすく向こう見ずな性格だが、勘がよく決断力に優れている。腕っ節も強い。大阪の盗賊夜坂での修行...
主人公
『ふたがしら』の主人公のひとり。弁蔵と共に盗賊一味赤目を抜け出し、旅に出る。整った容姿の持ち主で女性にもてる。料理の腕もよく、宿屋の料理人がつとまる程である。常に冷静に物事を判断し、先を読んで行動する...
弁蔵と宗次が属していた盗賊一味赤目の先代頭目。生前、ふたりのことを目に掛け、死に際に「一味のこと、まかせた」と言い残し、息を引き取った。
盗賊一味赤目の頭目。元は辰五郎の弟分で冷酷な男。辰五郎が死去した後、遺言状によってその跡目をついだ。だが、弁蔵と宗次郎は甚三を頭とは認めず、赤目を抜けることとなった。表の職業は髪結い。赤目の頭目となっ...
盗賊一味赤目の頭目辰五郎の女だったが、死亡した後は新頭目の甚三の女になった。彼女が甚三に一味を譲ると記された遺言状を出したことで、跡目相続が決まったが、それが本物であったかどうかは定かでない。辰五郎の...
平塚の宿場で旅籠・叶屋を営む。叶屋は裏で賊に隠れ家を提供したり、金や文を預かる盗賊宿である。知らずに泊まった弁蔵と宗次に仕事の手配をし、稼いだ金を預かった。ふたりが大阪から戻った頃には、平塚ではなく川...
弁蔵と宗次が大阪で頼った盗賊一味夜坂の先代頭目。赤目の辰五郎と生前親交があった。弁蔵と宗次は一味を作る時の手本とするべく彼を訪ねた。
大阪の盗賊一味夜坂の幹部。隠居した先代の世話役。頭目の鉄治郎との橋渡し役でもある。船頭四兄弟からは夜坂を継ぐべき人と思われている。すべてを見通す怜悧な頭脳の持ち主だが、物腰は柔らかく、人のために動くこ...
大阪の盗賊一味夜坂の頭目。前頭目の娘婿。表の仕事として船宿柏屋を営んでいる。夜坂を継いだものの思うところあってつとめを控えている。
大阪の盗賊一味夜坂に属する、銀次郎、銀三郎、銀四郎、銀五郎の四人の兄弟。捨て子だったところを先代の頭目に拾われ、養われた。しゃくれたアゴに鋭い眼差しの風貌で兄弟四人同じ顔をしている。夜坂解散後、弁蔵と...
大阪で古着屋を営む妖艶な美女。実は盗人で、盗んだ着物を店に出して商売している。芳にほれている。
盗賊一味赤目で下働きをしている少女。弁蔵と宗次と一緒に赤目を抜けようとしたが、宗次に説かれて一味に残った。弁蔵に惚れており、壱師が江戸でつとめをした後合流する予定だったが、甚三に殺されてしまう。
大阪の盗賊一味夜坂の一員。表向きは茶屋の看板娘として働いていた。夜坂解散後は、壱師に入って、関東にやってきた。

集団・組織

『ふたがしら』に登場する組織。武州八王子に本拠をかまえる盗賊の一味。弁蔵と宗次が属し、盗賊のいろはを学んだ組織。先代辰五郎の頃は、いたずらに人を殺めることのない一味だったが、甚三が跡目をとった後は、押...
『ふたがしら』に登場する組織。大阪の盗賊一味。盗賊仲間うちでは江戸にまで名の通った組織だが、頭目が変わってからはつとめを控えている。前頭目の娘婿の鉄治郎が跡目を継いでいる。一味を作る上で必要なことを学...
『ふたがしら』登場する組織。弁蔵と宗次がふたがしらとなって立ち上げた盗賊一味。殺しをしないあざやかな手口で盗みを行うことを信条としている。壱師は曼珠沙華の別称とされ、夜坂の隠居の墓の側に曼珠沙華が咲い...

その他キーワード

『ふたがしら』登場する用語。通常、組織の頭目となるのはひとりだが、弁蔵と宗次はふたりで立つことを選び、自ら「ふたがしら」と名乗った。