カミサマのお戯れ

カミサマのお戯れ

口も態度も悪い神の遣いの九官鳥と、曲がったことが嫌いで困った人を放っておけない人情派の女子高生るり子が、世界滅亡を止めようとするファンタジーコメディ。「flowers」2018年1月号~3月号に掲載。コミックスには表題作のほか、『黄金の娘』(「flowers」2017年9月号)、『末っ子は貧乏神』(「flowers」2014年5月号)、『おうちにカエル』(「flowers」2017年3月号)、『ふかふかキャンペーン』(「flowers」2017年4月号増刊春号)、『おまけマンガ リシさま(6歳)と?ナゾのいきもの?』(描き下ろし)を収録。

正式名称
カミサマのお戯れ
ふりがな
かみさまのおたわむれ
作者
ジャンル
和風ファンタジー
レーベル
フラワーコミックスアルファ(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

神の遣いである九官鳥は「傲慢になりすぎだ」と人間たちに警告していたが、鳥の話など誰も本気で聞かなかった。すっかりひねくれた九官鳥は、下を歩いていた女子高生のるり子にわざとフンを落とす。るり子は九官鳥に謝らせようと、驚異的な身体能力で九官鳥を追う。九官鳥は逃げきれず、神の集う場所にるり子を連れてきてしまった。神々の宴が始まってすぐ「人間に宝珠を盗まれた」と場内は大騒ぎに。宝珠は世界の均衡を保つ神の大切な宝。失うといまの世界は滅びてしまう。調子に乗りすぎた人間たちを助ける必要はないと怒る神たちに、るり子は自分が宝を取り戻すと名乗りを上げた。るり子と共に人間界に戻った九官鳥は、なぜか人間の男の姿に変身。神に昇格したと喜ぶ九官鳥に九蔵と名付けたるり子は彼と共に宝珠を探すのだった。

SHARE
EC
Amazon
logo