カルロス・ルッケーゼ

カルロス・ルッケーゼ

最上の命医(漫画)の登場人物。

登場作品
最上の命医(漫画)
正式名称
カルロス・ルッケーゼ
関連商品
Amazon 楽天

概要

世界で3本の指に入るシシリアンマフィアのボスで、妻は日本人。貿易商を営む宗像彰造の父親の紹介で、息子の力也・ルッケーゼを平聖第二病院へ入院させた。力也はそこで心臓の腫瘍で手術を受けるが再発。宗像は助かる見込みの少ない力也の手術を西條命に任せ、失敗してルッケーゼに始末されるよう仕組んだ。

ルッケーゼは力也が助からなければ執刀した命らを暗殺するつもりだったが、手術は成功。以後、ルッケーゼは命の恩に報いるため命を賭けることを誓う。

関連人物・キャラクター

西條 命

西條生の弟。父親は彫刻家で、海外での活動が多い。生後すぐ完全大血管転移症の心臓手術を受けた経験から、小児外科医を目指すように。小学生時代、自分の手術を執刀した神道護から大いに感化される。やがて父親の仕... 関連ページ:西條 命

登場作品

最上の命医

アメリカで医学を学んだ後、日本の大病院で小児外科を職場に選んだ天才外科医・西條命。患者軽視の病院経営、医局の派閥争いなどに立ち向かいながら、用意周到な行動力と医療への情熱で周囲の人々を変えていく。 関連ページ:最上の命医

SHARE
EC
Amazon
logo