カンビュセスの籤

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カンビュセスの籤(漫画)
正式名称
カンビュセスの籤
ふりがな
かんびゅせすのくじ

総合スレッド

カンビュセスの籤(カンビュセスの籤)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

紀元前500年代、ペルシア王カンビュセスの命でエチオピアへ遠征に出た軍勢は、道半ばで糧食が尽きてしまう。その解決策として行われたのが犠牲になる人間を決める籤引きであった。十人単位で籤を引き、当たりを引いた一人が残りの九人の食糧になるというもので、サルクは当たりを引いてしまい、恐れをなし逃亡したのだった。

登場作品

生き残りを賭けた籤引きから逃亡したサルクは、偶然迷い込んだ未来世界でエステルと出会い、数奇な運命をたどることになる。カンビュセス二世のクシュ遠征をモチーフに、生きることの意味を描いたSF短編。