ギーヴ

ギーヴ

アルスラーン戦記(漫画)の登場人物。

登場作品
アルスラーン戦記(漫画)
正式名称
ギーヴ
フリガナ
ギーヴ
関連商品
Amazon 楽天

概要

旅の楽士、流浪の吟遊詩人を名乗る青年。得意の琵琶(ウード)演奏や歌で報酬を得る他、盗みで手に入れた金品を糧に旅を続けている。金品財宝と女性に目が無いキザで軽薄な男だが、弓や剣、槍の腕が立ち、才知にも優れている。その能力を活かし、依頼理由や報酬、成功の可能性次第で、裏仕事を請け負うこともある。

旅の道中、アトロパテネ会戦でパルス王国軍を破ったルシタニア王国軍によって攻囲された、パルス王国の王都・エクバターナへ立ちより、ルシタニア軍の拷問によって辱めを受けるパルス王国軍の万騎長(マルズバーン)・シャプールを目撃する。パルス王国軍の兵士たちが、「敵になぶり殺されるより、味方の矢に射殺されたい」というシャプールの訴えに躊躇する中、一撃の矢でシャプールの眉間を射抜き絶命させる。シャプールを苦しみから救った功を讃えられ、パルス王国の王妃・タハミーネから恩賞を受ける。しかし、自らを亡国の王子だと身分を偽り、タハミーネの侍女をたぶらかしたことが露呈して、報奨金が減額された。

パルス王国の宰相・フスラブからタハミーネの王都脱出に協力するように依頼され、一度は引き受けたが、信条に合わないことを理由に遂行途中で離脱する。陥落寸前のエクバターナを一人で脱出し、旅を再開した道中で、アルスラーンの行方を捜していたミスラ神殿の女神官(カーヒーナ)・ファランギースと出会う。若く美しいファランギースに一目惚れし、行動を共にする大義名分を得る目的で、アルスラーンの一行に合流する。

関連人物・キャラクター

ファランギース

女神官(カーヒーナ)。ミスラ神を信仰し、パルス王国領・フゼスターン地方にあるミスラ神殿に仕える。精霊(ジン)にしか聴こえない水晶笛(ライシャール)を用いて、精霊(ジン)に問いかけ、霊波から答えを読み解... 関連ページ:ファランギース

登場作品

アルスラーン戦記

王太子・アルスラーンが、ルシタニア王国により占領されたパルス王国の首都エクバターナの奪還のための戦いの中で、パルス王家の血筋に隠された謎に迫っていく。原作は田中芳樹の小説。 関連ページ:アルスラーン戦記

SHARE
EC
Amazon
logo