クギ子ちゃん

クギ子ちゃん

ランドセルにクギをいっぱい詰め込み、手には金槌をもっているという少女・クギ子の噂話を中心とした物語。小学生の少女・トモを中心に、学園の七不思議を扱ったコメディタッチの妖怪譚。単行本には『クギ子ちゃん』の作家とされる漫画家の男性・Pを中心とし、クギ子さんの噂に関する読者投稿から、クギ子さんの正体を探ろうと試みる怪奇譚風の『クギ子さん』が収録されている。

正式名称
クギ子ちゃん
作者
ジャンル
怪奇
レーベル
KCデラックス なかよし(講談社)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

小学生の少女・トモに呼び出された学校の七不思議のひとつ・クギ子ちゃん。トモはクギ子ちゃんのトモダチとなり、様々なおばけに関するトラブルに巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

ランドセルにクギをいっぱい詰め、手には金槌を持っている小学生の女の子として、小学生の間で噂される存在。校舎ウラのカベの穴に向かって5時のチャイムぴったりに「クギ子さん」と3回となえると現れるとされ、出... 関連ページ:クギ子

トモ

小学生の女の子。注目を浴びたいがために小さな嘘をつくため、友達がいない。えりんに強制され呼び出したクギ子ちゃんと仲良くなり、様々な騒動に巻き込まれる。鍵っ子のため、ひとりで食事をとることも少なくない。運動はあまり得意ではない。

しおり

小学生の女の子。ロングの黒髪にヘアバンドをしている。趣味は読書。図書委員として活動中、七ふしぎおばけ・ブック紳士に襲われたところを、トモとクギ子ちゃんに助けられ、ふたりと友達になる。ものすごく怖がりで、怖いことに出会うと気絶してしまう。

ギョロちゃん

クギ子ちゃんのお目付役として常にそばにいるひとつ目の人魂のような姿をしたおばけ。おばけアナライズでおばけを分析できる。怖がり。

ネジ

ネジとドライバーを持った男の子の姿をしたおばけ。通学路の曲がり角を5時55分に曲がると現れ、プラスのネジを打ち込まれるとポジティブに、マイナスのネジではネガティブに性格がねじくれてしまうと言われている。クギ子ちゃんとは過去1度会ったことがあり、ライバル心を燃やしている。

アメ子

雨の日しか現れないというおばけ。てるてる坊主がたくさんついた傘をさし、長いマフラーを巻き、ハート形の眼帯をした女の子の姿をしている。飴を渡してくるが、それを受け取って帰ってくると家の窓にてるてる坊主が下げられており、それを目印にやってきて、飴をもらった子供を窓に吊るしてしまうという。

階子さん

トモの通う小学校に広まる七ふしぎおばけの噂の一つ。旧校舎の三階にあがる階段は12段しかないはずなのに、時々13段になって生徒を転ばせるという噂の正体。人を転ばせることが好きな女の子のおばけ。階段に現れる顔とリボンの姿で表される。イケメンの足が好き。

モっくん

トモの通う小学校に広まる七ふしぎおばけの噂の一つ。スイッチが入るととつぜん動きだしておそってくる「理科室のカタカタ人体模型」の噂の正体。人体模型の姿をしたおばけで、普段はおとなしいがイラッとすると怒り出し、人を襲う。細かいことにうるさく、怒りっぽい。

トモの通う小学校に広まる七ふしぎおばけの噂の一つ。4時44分にひとりで図書室にいると本が好きな子を食べてしまうという「図書室の人食いブック」の噂の正体。メガネをかけ、口ひげを生やした巨大な本の姿をした... 関連ページ:ブック紳士

美魔女ミランダ

トモの通う小学校に広まる七ふしぎおばけの噂の一つ。唇のついた大きな鏡の姿をしている。自分よりモテる子を消してしまう。

透明ランナー

トモの通う小学校に広まる七ふしぎおばけの噂の一つ。放課後の校庭で走る足音だけが聞こえてくるという。負けず嫌いで、1位になるまでずっと走り続けている。

トペットちゃん

トモの通う小学校に広まる七ふしぎおばけの噂の一つ。「3階の女子トイレの一番端の個室でトイレットペーパーを使いすぎると現れる」という噂の正体。トイレットペーパーとホルダーに目がついた姿をしたおばけで、使う人が30センチ以上取ろうとすると怒る。

えりん

小学生の女の子。トモのクラスメイト。ポニーテールの髪型が特徴。わがままで気が強い。トモのつく嘘に辟易しているためか、トモにたいして当たりが強い。しい太、まい太という双子の弟がいる。

池照

小学生の男の子。容姿に優れ、文武両道で勉強もできるため、女子の人気が高い。ナルシストの気がある。クギ子ちゃんに好かれ、ストーキングされる。

『クギ子さん』に登場する青年。『クギ子ちゃん』の作者とされる少女漫画家。表向きは女性二人組の作家として活動しており、男性と知っているのは編集長と担当のカワモトのみ。ファンレターに書かれていたクギ子さん... 関連ページ:P

カワモト

『クギ子さん』に登場する若い女性。少女向けの漫画雑誌「なかよし」編集部員で、Pの担当をしている。Pから無茶振りをされることも多いため、Pに対するツッコミは厳しい。恐怖からか、クギ子さんの調査には消極的な発言をすることも。

書誌情報

クギ子ちゃん 全3巻 〈KCデラックス なかよし〉 完結

第1巻

(2012年12月19日発行、 978-4063767452)

第2巻

(2013年4月5日発行、 978-4063768039)

第3巻

(2013年8月6日発行、 978-4063768695)

SHARE
EC
Amazon
logo