クラッサ・ライ

海皇紀(漫画)の登場人物。

  • クラッサ・ライ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
海皇紀(漫画)
正式名称
クラッサ・ライ
ふりがな
くらっさらい

総合スレッド

クラッサ・ライ(海皇紀)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

イベルグエンを統べる謎の男。ロナルディアの女帝レアニ・ルヴァタ・ロナルに付き従い、大陸各地に放った配下から送られた情報をもとに様々な献策を行っていた。ファンすら圧倒するほどの超人的な体術を操る。

登場人物・キャラクター

ロナルディア海軍所属の軍人。カノン砲を搭載した最新鋭艦を指揮して、影船八番艦を追跡してきた。まだ若いが、艦長としての高い見識と技量を持ち合わせており、ロナルディアの黒幕であるクラッサ・ライからも高く評...
西の大国ロナルディアに君臨する女帝。自身が治めるロナルディアに絶対の正義があると妄信しており、その支配を拒む国の存在を許さない。その独善は自国民にも及んでおり、不都合な事実を隠蔽するために住民もろとも...

関連キーワード

『海皇紀』に登場する国家。大陸の西に位置する帝政の国で、ラオン・グラを帝都とする。現在は女帝レアニ・ルヴァタ・ロナルによって統治されている。魔道師アナハラムによってカノン砲などの超兵器がもたらされたこ...
『海皇紀』に登場する集団。クラッサ・ライを頭目とし、「闇の魔人衆」とも呼ばれている。代々伝わる独自の戦闘術に加え、ルドランの目、ダンドーの耳などの魔道具を用いて、諜報・暗殺などの任務に従事する。一人前...

登場作品

漆黒の帆船を操り、仲間と共に自由に海を駆ける男ファン・ガンマ・ビゼンは、航海を続けながら様々な人物と出会い、味方と敵を増やしていく。そして、ついには海の一族を率いて、西の大国ロナルディアと大陸平定を目...