クローチェ事件

クローチェ事件

GUNSLINGER GIRL(漫画)の用語。

登場作品
GUNSLINGER GIRL(漫画)
正式名称
クローチェ事件
関連商品
Amazon 楽天

概要

クローチェ検事一家がバカンスに出かけた際、爆破テロによって妻と娘のエンリカ、ジャンの婚約者ソフィアの全員が死亡した事件。その後イタリアにおける五共和国派のテロ活動の旗印になる。元々は五共和国派ミラノ派のクリスティアーノ・サヴォナローラがフリーの活動家ジャコモ=ダンテに依頼したもの。

この事件の後に、政府は「公益法人社会福祉公社」を設立。クローチェ検事の息子であるジャンジョゼが復讐のため参加することになる。

登場作品

GUNSLINGER GIRL

イタリアの政府機関「公益法人社会福祉公社」では、死に瀕した少女たちの身体改造と洗脳を行い、一流の暗殺者として育てていた。これはテロリストに対抗するための措置で、「義体」と呼ばれる身体は、大怪我を負って... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

アニメ

GUNSLINGER GIRL

国内に様々な対立構造や問題を抱えるイタリア政府は、「社会福祉公社」なる障害者支援法人を立ち上げる。その実態は身体障害の少女たちの体を改造、「条件付け」とよばれる洗脳を施し、暗殺者として行動させる超法規... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo