シャールカ

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(漫画)
正式名称
シャールカ
ふりがな
しゃーるか

総合スレッド

シャールカ(乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

金髪ロングヘアの幼い少女。心根が優しく、誰も殺したくない、死なせたくないと常に思っているが、戦乱の中でそれが叶わないことを知り、苦しんでいる。住んでいたボヘミアの村にやってきた十字軍に、家族と村人を皆殺しにされ、自分も強姦された後、さまよっていた。ヤン・ジシュカに拾われてから、「ピーシュチャラ(銃の原型)」を渡され、フス派の兵士として戦うことになる。

士気を高めるために結成された、少女たちの聖歌隊「ターボル天使隊」に参加、他の少女たちと交流を深めていく。戦いの最中、炎に囲まれ死にかけた時に、カトリック派のドイツ騎士、ヴィルヘルム・フォン・シュバルツに救出されたことがある。

ヤン・ジシュカには強い信頼を抱きながら、彼を守るための行動を取るが、自分の義にそぐわない時は強く言い返す気丈さを持っている。

登場作品

1420年のボヘミアでは、本来の目的を失った十字軍が殺戮を繰り返していた。少女シャールカが暮らす村も皆殺しにされ、強姦されつくしていた。一人生き残ったシャールカは戦略家のヤン・ジシュカに拾われ、女子供...