ジルベール・コクトー

風と木の詩(漫画)の主人公。オーギュスト・ボウとは親族関係にある。

  • ジルベール・コクトー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風と木の詩(漫画)
正式名称
ジルベール・コクトー

総合スレッド

ジルベール・コクトー(風と木の詩)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

『風と木の詩』の主人公のひとり。金髪碧眼、少女のような面差しの妖艶な美少年。14歳。生徒から教師まで多くの男性を惑わし、性的関係を持っている。高名な詩人であるオーギュスト・ボウが義兄ペール・コクトーの妻アンヌ・マリーに誘惑され生まれた不義の子。マルセイユの城館海の天使城で教育も受けず使用人たちによって育てられていたところを、オーギュストに引き取られる。

オーギュストは猟犬を躾けるようにジルベールを支配し、やがてジルベールはその暴力的な愛へ応えるようになっていった。再びジルベールを引き取りたいというペールの申し出を契機に、オーギュストの手によってラコンブラード学院に入学することとなる。

同室となったセルジュ・バトゥールの清廉さに反発するが、その優しさに触れ次第に彼に心を開くようになる。

登場人物・キャラクター

『風と木の詩』の主人公のひとり。黒い瞳、とび色の肌をした混血の少年。14歳。生真面目な性格で、ピアニストとして高い才能を持つ。子爵家の跡取りであった父アスラン・バトゥールとジプシーの高級娼婦パイヴァの...
高名な男性詩人。35歳。遠く離れたマルセイユの海の天使城に住みながら、莫大な金額の寄付によって自らの出身校でもあるラコンブラード学院を裏から操り、生徒総監アリオーナ・ロスマリネにジルベール・コクトーを...

関連キーワード

『風と木の詩』の舞台で、フランス、アルルにある寮制の男子校。ジルベール・コクトーやセルジュ・バトゥールらが通学している。

登場作品

世界観物語の舞台は、一九世紀後半のフランス。全二部で構成されており、第一部は南フランスのプロバンス地方のアルルにある、ラコンブラード学院を中心に進行する。貴族と高級娼婦の間に生まれたセルジュ・バトゥー...