概要

何らかのパワーや特殊能力を持ったビジョンであり、守護霊のように持ち主の傍らに立つ場合が多いことから「スタンド」と名付けられた。そして作中では、スタンドを発現させて使う者をスタンド使いと呼ぶ。初期のスタンドはタロットカードの大アルカナによって名前が示されていたが、カードが全て出揃った以降はそれに限らず命名されている。

スタンドにはいくつかのルールがあり、大原則としてスタンドはひとりにつき一体で、スタンドはスタンド使いにしか見ることができない。ただし、物質と一体化したり、何かに憑依している場合は一般人にも見えたり、触れたりすることが可能。

また、スタンドスタンドでしかダメージを受けないが、本体がダメージを受けた場合はスタンドにも影響が出る。そしてパワーの大きなスタンドは射程距離が短く、非力なものほど遠隔操作が可能となっている。

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース

1987年、日本。ジョセフ・ジョースターの孫である空条承太郎は、ある日突然、悪霊が自身に取り憑いたかのような体験をする。その原因は、かつてジョナサン・ジョースターを殺害した吸血鬼・DIOが、ジョナサン... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo