スポーツマン金太郎

スポーツマン金太郎

オトギ村の足柄山ジャイアンツの金太郎は強打者。鬼が島ライオンズの桃太郎は速球投手。いつも優勝を争って試合を続けていた二人は、ついにプロ野球に入って力比べをすることにした。金太郎はジャイアンツの本塁打打者、桃太郎はライオンズの完投投手を目指して球界に飛び込み活躍していく。第1回講談社児童まんが賞受賞(1959年)。

正式名称
スポーツマン金太郎
作者
ジャンル
野球
レーベル
漫画名作館(アース出版局) / マンガショップシリーズ(マンガショップ)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

オトギ村の金太郎桃太郎はライバル同士。いつも優勝を争って試合を続けていた二人は、ついにプロ野球に入って力比べをすることにした。金太郎はジャイアンツの本塁打打者、桃太郎はライオンズの完投投手を目指して球界に飛び込む。めきめきと実力を発揮した二人は周囲の人たちの温かい応援に支えられ、競争相手でありながら無二の親友として成長していく。

登場人物・キャラクター

坂田 金太郎 (サカタ キンタロウ)

桃太郎と勝負をつけるため、ジャイアンツに入団する。背番号は100。初期はライトを守っていたが、強肩を見込まれ投手に転向する。しかし、あまりの球威に受け取れる捕手がおらず、金太郎専属としてクロちゃんが捕手を務めることになる。桃太郎がジャイアンツに入団してからは息のあったコンビプレーを見せ、金・桃コンビと称され、桃太郎の捕手としてバッテリーを組むこともあった。 なんに対しても真剣で、みんなから好感を抱かれる。シーズンオフの退屈に耐えかね、もうひとつの得意技の相撲を生かし、若乃花がいる花篭部屋に入門し、新序で優勝したこともある。

クロちゃん

常に金太郎と行動を共にする黒いクマ。投手に転向した金太郎の球を受けられるのはクロちゃんしかいないと、「クロクマ」の名前で選手登録されバッテリーを組んだ。背番号は96(クロ)。当たればデカい1発を放つが打率は低く、走るスピードも遅い。常々野球に向いていないと自覚していたが、桃太郎のジャイアンツ入団を機に引退する。 金太郎の保護者がわり。

桃太郎 (モモタロウ)

家はきびだんご屋を営んでいる。いつもイヌのシロくん、おサルのモンちゃん、キジのケンちゃんを従えている。ライオンズに投手として合格。先に入団した金太郎に倣い、背番号100番が与えられた。経験が浅く、また気が優しいために駆け引きが不得意。打者がホームベースの上に身を乗り出すと、たちまち投球が乱れてしまう。 速球と、カーブが得意球。おじいさんが手術を受けることになり、手術に付き添うためにプロ野球選手を一時的にやめる。おじさんの病気が治った後、金太郎と毎日競争することができるとジャイアンツに入団する。しかし、金太郎と勝負がしたいという競争心が再び強くなり、大洋ホエールズへと移籍。 移籍後の背番号は99。快速球、超スローボール、高めの釣り球、カーブを投げ分け打者を翻弄。落ちるシュートで金太郎を打ち取った。その後、特訓を積み下手投げから繰り出す浮き上がる快速球で巨人打線を完封した。金太郎に対抗して立浪部屋に入門したこともある。

坂田 金子 (サカタ キンコ)

金太郎の母。東京に行った金太郎を心配し、巨人軍の寮に手紙を送って来た。足の怪我がもとでジャイアンツをやめるつもりで家に戻って来た金太郎を温かく迎え、優しい言葉で送り返す気丈夫な性格。東京で、金太郎と一緒に暮らせる家を探す。

乙姫 (オトヒメ)

金太郎桃太郎の友人でオトギ村に住んでいる。オトギ野球リーグの会長。

川上監督 (カワカミカントク)

時に悩みに沈む金太郎を、熱い言葉で叱咤激励する。

王選手 (オウセンシュ)

ジャイアンツの1塁手。意地悪な質問で金太郎を困らせる新聞記者のお尻にボールをぶつけて追い払った。

長島選手 (ナガシマセンシュ)

ジャイアンツの3塁手。金太郎と一緒に上りと下りの電車ですれ違う桃太郎を見送った。金太郎とは本塁打王を巡る好敵手でもある。

源 頼光 (ミナモト ライコウ)

特種日本新聞社社会部部長を務める有名なトクダネ王で、金太郎の大ファンであり親友。金太郎の投手への転向を、どの新聞よりも早くスッパ抜いた。陰になり日向になり、金太郎と桃太郎の友情を見守る。社屋は有楽町にある。名前のモチーフは、歴史上の実在の人物、源頼光と思われる。

伊矢見記者 (イヤミキシャ)

伊香様スポーツの記者。クロちゃんの入団会見で「捕球しかできないプロ野球選手がいるか」と詰め寄り、その場でやり込められたことで源記者や金太郎を逆恨みする。批判的な記事を書こうと金太郎のアラを探す内に、金太郎とクロちゃんの真摯な態度に感銘を受け改心する。

人好特派員 (ヒトヨシトクハイン)

特種日本新聞社運動部の記者で、ドジャースのキャンプに参加した金太郎と桃太郎の取材で渡米した。その後もたびたび金太郎と桃太郎の前に姿を見せ、最新情報などを聞かせてくれる。

日刊野球クラブ記者 (ニッカンヤキュウクラブキシャ)

新聞社協会などにも属していない日刊野球クラブの記者で、非公式な発言などを元にしたデッチアゲ記事を書く。桃太郎がジャイアンツを退団するというトバシ記事を書いたことで日刊野球クラブの売り上げを激減させ首になった。そのことを根に持ち、デマの電話で金太郎と桃太郎の友情にヒビを入れようと画策する。

宇和佐記者 (ウワサキシャ)

日刊野球ボーイの記者。金太郎の発言として桃太郎を貶めるような記事を書いたことで、金太郎に怒られる。特種日本新聞の記者からは野球ブームにあやかって出現したヨタ新聞と一刀両断される。

片岡記者 (カタオカキシャ)

特種日本新聞社社会部の記者で、源部長の部下。迷宮入り事件を解決する活躍を見せたことで、大特ダネ賞として賞金をもらった。

亀田カメラマン (カタオカキシャ)

特種日本新聞社社会部のカメラマンで、源部長の部下。金太郎とクロちゃんにカメラを渡し、社会面を飾る写真を撮ってもらう。

早川捜査課長 (ハヤカワソウサカチョウ)

警視庁捜査課の課長。金太郎が偶然撮った写真から、槍栗商事の河井社長を殺した犯人を挙げた。

ブラック・インク

「ホワイト・ヨーグルト」の偽名を使う前科7犯のサギ師。英語がわからない金太郎と桃太郎に、ニューヨーク・ヤンキースとの契約書を差し出しサインさせた。しかし、怪しげな雰囲気を悟った2人が、とっさにそれぞれのサインを入れ替えて書き、無効となった。

院長先生 (インチョウセンセイ)

白坂の前川医院の院長先生。急性腹膜炎で担ぎ込まれた金太郎の手術を執刀した。

ヤッタリ・トッタリ

デトロイト・タイガースのスカウト。日米親善試合で金太郎と桃太郎の活躍を目の当たりにし、二人を引き抜こうと動き回る。

ターザン・ジュニア

デトロイト・タイガースから1年間契約で阪神タイガースに移籍した選手。勇猛なターザンの子孫の少年。背番号は200。気持ちが昂ると勝ちどきの雄叫びを上げる。

書誌情報

スポーツマン金太郎 全3巻 アース出版局〈漫画名作館〉 完結

第1巻

(1989年8月発行、 978-4876480715)

第2巻

(1989年11月発行、 978-4876480746)

第3巻

(1989年12月発行、 978-4876480753)

スポーツマン金太郎 全1巻 マンガショップ〈マンガショップシリーズ〉 完結

第1巻

(2012年7月発行、 978-4775914571)

SHARE
EC
Amazon
logo