スローループ

スローループ

親の再婚によって義理の姉妹となった海凪ひよりと海凪小春が、釣りを通じて絆を深めていくガールズストーリー。釣りの中でもフライフィッシングをメインに扱っているのが特徴の日常系釣り漫画。「まんがタイムきららフォワード」で2018年6月号にゲスト掲載され、2018年11月号から正式連載されている作品。

正式名称
スローループ
作者
ジャンル
釣り
 
日常
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

3年前に父親を病気で亡くした海凪ひよりは、父親に教えてもらったフライフィッシングをしながら母親の再婚に思いを馳せていた。その最中、ひよりは一人の少女と出会う。初めて目にする海にテンションを高める少女と釣りを通してなかよくなり、ひよりは彼女が再婚相手の連れ子、海凪小春であることを知る。義理の姉妹となった二人は、小春が「釣り」に興味を持ったのもあり、釣りを通じて少しずつなかよくなっていく。しかし二人はなかよくなるにつれ、あらためてお互いの親に距離があることに気づく。そこで二人はひよりの幼なじみである吉永恋に頼み、家族ぐるみの釣りキャンプを決行する。釣った魚を調理し、みんなで囲んで食べることで、二人はお互いの親とそれぞれ距離を縮め、家族としての第一歩を歩み始めるのだった。

第2巻

海凪ひより海凪小春は、吉永恋の誕生日を祝うために吉永家を訪れる。そこで二人は、一花二葉の釣り船屋の姉妹と知り合う。船での釣りに興味を覚えた二人は、アルバイトをしてお金を稼ぎ、一花の船に乗せてもらう。どこかよそよそしい態度の二葉とも、船での釣りを通じて二人は打ち解け、なかよくなる。そしてひよりと小春は、二葉から釣り趣味がクラスの中で浮いているという、悩みを打ち明けられる。ひよりは二葉と釣り仲間になると宣言し、彼女を勇気づける。そしてひよりに背中を押された二葉は、友人の藍子に釣りが趣味であることを打ち明けることを決心。相談した恋にアドバイスされ、釣り堀のある遊園地に藍子を誘う。遊園地での釣りで背中を後押しされた二葉は、藍子に趣味を告白して心を通じ合わせるのだった。

登場人物・キャラクター

海凪 ひより (みなぎ ひより)

高校1年生の少女。黒のショートカットの髪型で、内気な性格をしている。父親と死別しており、父親との思い出であるフライフィッシングを趣味としている。ただし、教えてもらったのがフライ(毛ばり)の使い方のみで、エサに使う虫が苦手なため、生餌を使った釣りはできない。中学校の卒業まで「山川ひより」という名前だったが、母親の再婚に伴って「海凪ひより」と名字が変わり、海凪小春と血のつながらない姉妹関係となる。引っ込み思案だが、無邪気な小春とは釣りを通じて少しずつ距離を縮めていく。実用性を第一に考えており、お小遣いのほとんどを釣り道具につぎ込んでいるため、実はおしゃれが壊滅的。小春からもひそかに服装が「ダサい」と思われている。

海凪 小春 (みなぎ こはる)

高校1年生の少女。明るい茶髪のロングヘアで、明るく無邪気な性格をしている。海凪ひよりの2か月年上であるため、父親の再婚で家族となってからはひよりの姉を自称する。よくも悪くも思ったことを言葉にするタイプで、初対面の人間ともすぐになかよくなれる。一方でいらない一言が多く、そのうち何か問題を起こすのではないかとひよりから心配されている。父親と二人暮らしだったために自炊ができ、料理が得意。ひよりの釣った魚の調理を担当している。バイタリティあふれる言動をしているが、実は幼い頃は喘息持ちでよく入院していた。そのため、外での遊びはあまり経験がない。釣りに関しても素人だが、ひよりから教わって少しずつ釣りを覚え始めている。釣りの道具も買い集めているが、見た目も重視しているために通常の物より金額がかさんでおり、金欠に陥っている。

吉永 恋 (よしなが こい)

高校1年生の少女。色素が薄い灰色の髪をツインテールにセットしており、シビアな性格をしている。長姉で、弟が三人いる。父親が友人同士であるため、海凪ひよりとは幼なじみの関係で家族ぐるみの付き合い。実家はフライフィッシング専門の釣具店を営んでおり、釣りに関してはかなり詳しい。店主の吉永のおじさんが専ら店をサボっているため、代わりに店をやりくりしている。商売上手で店番も難なくこなしているが、父親のせいで釣りに関してはいい印象を持っておらず、自分で釣りをすることはあまりない。ひよりとは仲がよく、彼女を通じて海凪小春とも知り合ってなかよくなる。彼女たちとの付き合いで釣りに同行するが、その際も自分で釣りをすることはなく、専ら二人のサポートに回る。またその際には日焼けを嫌い、露出がほぼ皆無な重装備になることが多い。ふだんはドライな態度で家族や友人と接するが、実は非常に甘えん坊。唯一心を許せる母親には素の甘えた姿を見せる。名前の由来は魚の「鯉」で、父親が無理やり付けようとしたのを母親が必死に止めて、同じ読みの漢字「恋」に変えた経緯がある。

海凪 一誠 (みなぎ いっせい)

海凪小春の父親。やさしげな風貌をした中年の男性で、眼鏡を掛けている。妻と息子を交通事故で亡くし、小春を男手一つで育ててきた。海凪ひなたと再婚し、海凪ひよりの義理の父となる。実はファンシーなものが好きで、流行り物の店には小春を連れてよく遊びに行く。

海凪 ひなた (みなぎ ひなた)

海凪ひよりの母親。おっとりとした雰囲気の中年女性で、髪をショートカットに整えている。3年前、夫を病気で亡くし、ひよりを女手一つで育ててきた。海凪一誠と再婚し、海凪小春の義理の母となる。「山川ひより」という名前だったが、再婚に伴って「海凪ひより」となる。料理が苦手で、仕事が忙しいのもあり、再婚するまではほとんどスーパーのお惣菜で乗り切っていた。そのため、料理上手な小春には助けられており、彼女に料理を教わることで少しずつ距離を縮めていく。

吉永のおじさん

吉永恋の父親。釣りの名人で、年中釣りばかりしている「釣りバカ」。魚のことしか考えておらず、子供の名前にまで魚の名前を付けようとして、妻に阻止されているほど。職業は釣具店店主だが、店の仕事もほとんどサボって釣りに出かけている。よくも悪くも自由人だが、雑誌の取材が来るほど釣りの腕前には定評がある。さらに釣りのノウハウを隠さず人に教えることもあり、釣り仲間からも慕われている。海凪ひよりの死んだ父親とは友人関係だったため、山川家とは家族ぐるみの付き合いだった。

一花 (いちか)

釣り船屋の娘。小麦色に焼けた肌をした女性で、長い髪をポニーテールにセットしている。溌溂(はつらつ)とした性格で、男女問わず慕われる人気者。年の離れた妹である二葉を溺愛しており、最近、釣りをしなくなったのを心配している。吉永恋の誕生日会で、海凪ひより、海凪小春と知り合ってなかよくなる。

二葉 (ふたば)

小学5年生の女子で、一花の妹。黒い髪を長く伸ばし、姉とは正反対のおとなしい性格をしている。釣り船屋の娘で、幼い頃から釣りを趣味として過ごしてきたが、釣りの趣味で学校で浮いているのを気にして、最近は釣りに対して消極的。誰にも悩みを打ち明けられずに、人知れず悩みを抱えている。楽しく釣りをしている海凪ひより、海凪小春と知り合い、彼女たちを通じてあらためて釣りの楽しさに向き合うようになる。吉永恋の計らいで友達の藍子に趣味を打ち明けてからは、再び釣りに打ち込むようになる。

藍子 (あいこ)

小学5年生の女子。二葉のクラスメートで、よくいっしょに行動している。外で遊ぶことよりも、お菓子作りやお化粧といった女子らしい遊びが大好き。二葉とは趣味が微妙に異なっているが、仲がいいために二葉には本当の趣味を明かしてもらえずにいた。実は藍子自身は二葉が釣り好きなことは知っており、彼女が最近、釣りをしないでいることを気にかけている。吉永恋の計らいで自分に遠慮して二葉が釣りをせずにいることを知ってからは、彼女の釣り趣味を応援するようになる。

SHARE
EC
Amazon
logo