ソル・カプラ・セイリオス

海皇紀(漫画)の登場人物。ファンとはライバル関係。レグルス・マリキ・セイリオスとは親族関係にある。

  • ソル・カプラ・セイリオス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
海皇紀(漫画)
正式名称
ソル・カプラ・セイリオス
ふりがな
そるかぷらせいりおす

総合スレッド

ソル・カプラ・セイリオス(海皇紀)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

海の一族のひとりで、先代の海王であるレグルス・マリキ・セイリオスの息子。末子ではあるが、その才は兄たちを凌ぐと目されている俊英で、海王を継ぐ者として名乗りを上げる。しかし、ファンにも海王の後継者となる資格があることが判明し、王海走と呼ばれる帆船レースによって海王の座を争うことになる。

幼少時よりファンの能力と人望を気にかけており、ファンから勝利を得ることを渇望していた。

登場人物・キャラクター

海の一族を統べる海王。公的には三人の息子を持つ。ファンたちが操る影船八番艦が海の一族の本拠である海都へ帰還した時点で、すでに死亡(乗艦と共に沈没)していたため、名前だけしか登場しない。後にファンの実父...
海の一族の一員であり、影船八番艦の艦長を務める男。自身を「怠け者」「大嘘つき」と称し、人をはぐらかすような言動を好む。その一方で、仲間を篤く遇する度量を持つため多くの者から慕われている。船乗りとしては...

関連キーワード

『海皇紀』の主人公ファン・ガンマ・ビゼンが属する国。海を領土とし、海運によって国家経営が成されている。その海軍力は絶大であり、海上戦においては世界最強を誇っていたが、ロナルディアが魔道の兵器であるカノ...

登場作品

漆黒の帆船を操り、仲間と共に自由に海を駆ける男ファン・ガンマ・ビゼンは、航海を続けながら様々な人物と出会い、味方と敵を増やしていく。そして、ついには海の一族を率いて、西の大国ロナルディアと大陸平定を目...