ダリューン

アルスラーン戦記(漫画)の登場人物。

  • ダリューン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アルスラーン戦記(漫画)
正式名称
ダリューン
ふりがな
だりゅーん

総合スレッド

ダリューン(アルスラーン戦記)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

新着関連ガイド

華麗なる王宮の裏側……謀略の目撃者になれ!
マンガペディア公式 2016.11.17 08:00

概要

パルス王国軍の万騎長(マルズバーン)の一人。「ダリューン一人で1万の兵力」と恐れられる豪腕剣士で、愛馬の黒馬・シャブラングは無類の瞬足を誇る。パルス王国では5本の指に入る「戦士の中の戦士(マルダーン・フ・マルダーン)」と呼ばれ、国内外で一目置かれている。

叔父であるパルス王国軍の大将軍(エーラーン)・ヴァフリーズと同じく、パルス王家への忠誠心が強い。特に王太子・アルスラーンの人柄に好意を抱いており、ヴァフリーズからも「アルスラーン個人への忠誠を誓うように」と進言され、厚い忠義心を持っている。

王国の暦であるパルス暦320年に勃発したアトロパテネ会戦で、敵対するルシタニア王国の不穏な動きを察知し、国王(シャーオ)・アンドラゴラス3世に軍の撤退を進言する。しかし、これに逆上したアンドラゴラス3世から万騎長(マルズバーン)を解任される。騎兵隊を指揮する権限を失ったが、混乱するアトロパテネの戦場で、一番にアルスラーンのもとに駆けつけ守り抜いた。敗戦後は王都・エクバターナ帰還を目指すアルスラーンと行動を共にし、古くからの友人であるパルス王国領ダイラムの元領主・ナルサスを訪ねて協力を仰ぐ。旅の道中では、ヴァフリーズの代わりに、アルスラーンの剣の稽古相手も務めるようになった。

登場人物・キャラクター

パルス王国の国王(シャーオ)・アンドラゴラス3世と、王妃・タハミーネを両親にもつ、パルス王国の王太子。アンドラゴラス3世には気質も容姿も似ておらず、両親からの関心が非常に薄い。身分や敵味方を分け隔てな...

関連キーワード

大陸公路の中心に位置し、栄華を極める王国。先代の国王(シャーオ)・オスロエス亡き後は、アンドラゴラス3世が国王(シャーオ)として統治する。王妃はタハミーネ、王太子は主人公・アルスラーン。王都・エクバタ...

登場作品

あらすじパルス王国は、豊かな王都・エクバターナを中心に隆盛を誇っていた。パルス王国軍は、豪傑の国王(シャーオ)・アンドラゴラス3世の名の下に、大陸で不敗神話を築く。王太子・アルスラーンは穏やかで繊細な...