テケテケ★ランデヴー

大食いで、食費を稼ぐためキャバクラでアルバイトをしながら大学の農学部に通う三本杉たよ子の恋愛を描いたラブコメディ。

正式名称
テケテケ★ランデヴー
ふりがな
てけてけ らんでゔー
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
Feelコミックス(祥伝社)
巻数
全4巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

大食いで食費を稼ぐためにキャバクラでアルバイトをしながら大学の農学部に通っている三本杉たよ子は、酔いつぶれた客、森野リス蔵を家まで送った際、森野獅子王と出会い、一目で彼と恋に落ちる。しかし、獅子王は請われれば誰とでも関係を持ち、結婚さえしてしまうほどの博愛主義者だった。たよ子と獅子王の恋愛を中心に、ゼミ合宿のために渡っためかけ島でおこる様々な事件や、周囲の人物の恋愛模様をドタバタ喜劇風に描くラブコメディ。

登場人物・キャラクター

三本杉 たよ子 (さんぼんすぎ たよこ)

大学の農学部に通う女子大生。我孫子ゼミに所属している。大食漢で酒豪。空腹になると動けなくなることから、食費のためにキャバクラ・clubランデブーでバイトをしている。大学では農作業中もキャバクラ嬢風の髪型と化粧を欠かさない。見た目は派手だが、性格は真面目で純粋、言葉遣いも丁寧で、礼儀をわきまえている。 南米からの帰国子女のためか、時折日本の常識と外れた行動をすることがある。海外で見た食糧難や自身が大食いであることから、世界の食糧危機を救う究極のエコフードの開発を夢見ている。過去、しし丸という名の犬を飼っていたことがあり、等多々獅子丸にその面影を見て懐かしんだ。

森野 獅子王 (もりの ししお)

三本杉たよ子が好きになった男性。森野リス衛門の孫で、森野動物病院で夜間救急の獣医師として働いている。容姿と声がよく、リルケや中原中也の詩を朗読している。女性に優しく、頼まれると結婚すら拒まないほどの博愛主義者で、祖父であるリス衛門から「だらしのないやさしさ」と評されるほどだが、去るものは追わない。 酒豪のたよ子に勝てるほど酒に強い。捨てられている動物を見捨てることができず、動物病院の2階で保護している。動物にもよく好かれるている。二度の離婚歴がある。

岬 虎太朗 (みさき こたろう)

三本杉たよ子と同じ大学の農学部で我孫子ゼミに所属する、眼鏡をかけた男性。たよ子ともにゼミ合宿のためめかけ島へ渡る。料理がうまく、真面目で几帳面な性格だが、酔うと豹変する。過去の経験からギャルが嫌いなため、たよ子には辛辣な言葉をかけることも。 きのこマニアで、めかけ島では個人的にヤコウタケを探している。富士峰翼とは幼馴染。

富士峰 翼 (ふじみね つばさ)

三本杉たよ子と同じ大学の農学部で我孫子ゼミに所属する男性。たよ子とともにゼミ合宿のためめかけ島へ渡る。ハードコアバンドでギターとボーカルを担当している。我孫子に「永遠の中2病」と評され、能天気で落ち着きがない性格だが、ハードコア界ではギロチン先輩と呼ばれ、畏怖される存在である。 岬虎太郎とは幼馴染。

松岡 茜 (まつおか あかね)

三本杉たよ子と同じ大学の農学部で我孫子ゼミに所属する女性。たよ子とともにゼミ合宿のためめかけ島へ渡る。巨乳でアニマル柄が好き。見た目は可愛く女性的な雰囲気を作っているが、内面は肉食系で気が強い一面もある。

蒼井 マリン (あおい まりん)

三本杉たよ子と同じ大学の農学部で我孫子ゼミに所属する。前髪が隠れているため、表情が定かでなく、言葉数も少ないため存在感が薄く忘れられがち。嗅覚に優れており、臭いから人の感情まで読むほどである。酒蔵の後継者。

等多々 与悦 (らたた よえつ)

めかけ島で民宿と自然農法での農業を営む38歳の男性。我孫子と面識があり、自然農法を学ぶための合宿ゼミで我孫子ゼミ生である三本杉たよ子たちを預かる。等多々リリィの兄であり、等多々獅子丸のおじ。めかけ島出身だが、両親の離婚をきっかけに、7歳の時、母と共に東京へ移住。 11年間東京で暮らすも、父の死を機に引き取られたリリィと共にめかけ島に戻った。現在は過疎化が進むめかけ島の島おこしに努力しているが、一発逆転を狙う行き当たりばったりな性格なため、今ひとつ実を結んでいない。離婚歴あり。

等多々 リリィ (らたた りりぃ)

めかけ島に住む30代の女性。等多々獅子王の母で、等多々与悦の妹。サーフィンがうまく、父島でサーフィンのインストラクターを行っている。美人だが気が強く、なかなか素直になれない性格をしている。息子の獅子王が東京へ出ることを拒んでいる。

等多々 獅子丸 (らたた ししまる)

めかけ島に住む男子高校生。等多々リリィの息子で、等多々与悦のおい。高校は隣の父島まで通っている。森野獅子王と姿がそっくりの美形。東京に出たいと考えているが、夢見がちな性格で、考えがかなり甘い。

森野 リス衛門 (もりの りすえもん)

森野獅子王の祖父で、背の小さい老人。森野動物病院の院長を務める。三本杉たよ子が勤めるキャバクラ・clubランデブーの客。たよ子の飲みっぷりが気に入り、愛人にしようと勝負を仕掛ける。

我孫子 (あびこ)

三本杉たよ子が通う農学部の教授。たよ子が勤めるキャバクラ・clubランデブーの常連客でもある。7月までゼミが一度も開かれていなかったが、キャバクラで知り合った等多々与悦から頼まれ、自然農法を学ぶという名目で三本杉たよ子らゼミ生たちをめかけ島に送り込む。 めかけ島名産の焼酎・めかけ島が好き。

等多々与悦の母 (らたたよえつのはは)

等多々与悦、等多々リリィの母。等多々は同じめかけ島出身の前夫の名字。めかけ島出身ではあるが、島を嫌い、東京で暮らす。夫とは東京で出会い、結婚後に島に戻ったものの、島の暮らしが合わず離婚。3歳だったリリィを前夫の元に残し、7歳だった与悦を連れ、東京へ戻った。 後に小澤姓の男性と再婚。再婚した男性との間に双子を儲けている。前夫の死をきっかけにリリィを迎え入れ、東京へと連れ出す。

テケテケ

『テケテケ★ランデブー』に登場する動物。大きな目を持つ小型のシカのような姿で、めかけ島に生息している。人にあまりなつかないが、等多々獅子丸と森野獅子王にはなついている。実在する動物だが、日本国内で野生での生息例はない。

場所

めかけ島 (めかけじま)

『テケテケ★ランデブー』に登場する島。小笠原諸島の父島付近に存在する、人口100人弱の小島。父島からの定期便はない。三本杉たよ子ら、我孫子ゼミ生がゼミ合宿と称して送り込まれた。等多々与悦や等多々リリィ、等多々獅子丸が暮らしている。過疎化と高齢化が進んでおり、10代の若者は等多々獅子丸のみとなっている。 名産品は、島の名前を冠した焼酎・めかけ島と、その原材料となるめかけ芋。

書誌情報

テケテケ★ランデブー 全4巻 祥伝社〈Feelコミックス〉 完結

第1巻

(2010年1月12日発行、 978-4396740016)

第2巻

(2011年4月23日発行、 978-4396740023)

第3巻

(2013年5月13日発行、 978-4396740030)

第4巻

(2014年7月8日発行、 978-4396740047)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo