ドカコック

ドカコックと呼ばれる流れのドカ、京橋建策が行く先々で豪快で旨い料理を作り、人々の諍いや問題を解決していくグルメ漫画。

  • ドカコック
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ドカコック
作者
ジャンル
グルメ
レーベル
一迅社

総合スレッド

ドカコック(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

京橋 建策(ドカコック)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35
登郎(ドカコック)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

【お仕事案内書】想像できないガテン系の裏側チェック
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
大切な人への料理♡漫画で幸せを知ろう
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

新着関連ガイドもっとみる

概要

数々の難現場を成功に導くと言われる伝説の流れドカがいた。その名もドカコック。彼はチカラメシでドカ達の腹を満たし、現場を成功へと導く。頼られることを嫌い、流れた先でまた頼られてしまう彼は、今日も日本全国を流れてどこかの現場を成功へと導いている。

登場人物・キャラクター

主人公
非常に腕の立つドカ。また、料理の腕も人並みではなく、食べた人たちを軒並み感動させている。数々の難現場に現れては、ドカの腕と料理で現場を成功に導いていることから「伝説のドカコック」と呼ばれ、名建築のカゲ...
北海道にある赤字路線が、集客を目的に新しい駅弁を作ろうとした際に、企画の担当をした。角食(=食パン)に、砂糖を投入したマーガリンをバターと偽りタップリと塗り、真ん中に鉄道を模して準チョコレートで線を引...
「一橋一家」キャッチワードに鹿児島でドカをしている橋田一家の二代目。男勝りな性格で、父親の死後二代目を継いだが、現場のことは分からないとドカたちに馬鹿にされ、うまく纏めきることが出来ないでいる。ある日...
長野県伊那の出身。10年前に立派な大工になることを心指して渡米するも、アメリカの圧倒的合理性の凄さに膝を屈し、それ以来異常なまでに合理性を求めるようになってしまった。京橋建策の作った伊那のド勘太ローメ...
山梨県甲府市で、大衆食堂を営む男性。ドカ達にたくさん食べて思いっきり働いてもらおうと「精の付くラーメン」を作るも、やる気のなくなってしまったドカ達には相手にされなかった。京橋建策の作った揚げたてドカコ...
学生時代に友人のタカと、横浜ベイブリッジでハマっ子のソウルフード、焼売を食べながら医者になる約束をした。しかし、実習生の時に医者の責任の重さを目の当たりにし、それ以来自信を無くして徘徊する日々が続いて...
横浜開港152周年記念道路工事に参加している若手のドカ。学生時代、横浜ベイブリッジでお互いの夢を語りあった友人ユージが夢破れ、放浪している様を見て愕然とした。京橋建策の作った横浜開港ロードカレーを食べ...
大阪第2通天閣の建設に参加していたドカ。現場のエースだったが、ちょっとした事故で怪我をしてしまい、辞めてしまった。周囲からは故郷の福井へ帰って実家の水菜農業を継いでいると思われていたが、まだドカに未練...

その他キーワード

『ドカコック』に登場する弁当。京橋建策が、北海道の赤字路線を救うための案として作った。鮭の切り身をよく焼いて解し、ミソとカレー粉とバターという北海道のニューグルメの味を入れ、地場産のコメを引きつめた弁...
『ドカコック』に登場する料理。京橋建策が鹿児島のドカ、橋本組の内部争いをよそに作った。ゴマをオーガスクリューのように擦り、サラダ油と共に中華鍋に投入、飯を投入しお玉をスコップのように使い炒めていく。そ...
『ドカコック』に登場する料理。京橋建策が、大工の心を無くしたサブヲに、昔を思い出させる為に作った。マトンを玄翁で釘を打つようにテンダーミートで叩いて柔らかくし、包丁を鉋のように使い薄く削ぐ。削いだ肉を...
『ドカコック』に登場する料理。京橋建策が、難工事に嫌気がさしてやる気を無くしたドカたちに、昔の気持ちを思い出させる為に作った。ニンニクと玉ねぎをランマーのリズムで刻み、キャベツも同様に千切りにする。茹...
『ドカコック』に登場する料理。夢から逃げてしまった若者、ユージに初心を思い出してもらうために京橋建策が作った。蒸した焼売を潰し、ソースとカレーで味付けをして、スタビライザーのごとく撹拌させる。それをレ...
『ドカコック』に登場する料理。働き甲斐とは志であると、悩む若きドカ登郎に思い出してもらおうと京橋建策が作った。福井の水菜をモンケンのリズムで刻み、出汁を沸かせた鍋に投入する。そこに紀州沖で獲れた鯨の赤...