ナムジ

神武(漫画)の登場人物。別称、大国主命・大穴持・大己貴命・八千矛・葦原醜男。ツヌヒコ、タギリとは親族関係にある。

  • ナムジ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神武(漫画)
正式名称
ナムジ
ふりがな
なむじ
別称
大国主命・大穴持・大己貴命・八千矛・葦原醜男

総合スレッド

ナムジ(神武)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

ツノミテルヒメツヌヒコの父。タギリの夫。前・於投馬王(いずもおう)。沖ノ島を本拠にムナカタ海人族を率い、於投馬の追手と十余年に渡って戦い続けていたが、邪馬台国(やまとのくに)の大軍を前にして、忽然と海の中に消え去った。その際、「生きて根の国に棲み、幽界に棲む!」と言い残した。

登場人物・キャラクター

ツノミの弟。成長後も言葉を発せぬ子供だったが、邪馬台国(やまとこく)ヒミコの策謀で、於投馬(いずも)の王とされた。言葉を発しない身ながら、オオドシの霊言を受け、ツノミを大和纒向(まきむく)に向かわせた...
ナムジの妻でツノミの母。邪馬台国の女王ヒミコを母とする。沖ノ島でツノミら3人の子供を育てたが、夫のナムジが隠れて後は、末子ツヌヒコの後見として於投馬(いずも)に住んだ。日本神話の女神で宗像三女神の多紀...

登場作品

ナムジの息子ツノミは沖ノ島で育ったが、邪馬台国の軍に侵略され、於投馬(いずも)へ連れて行かれる。於投馬の相続権を持つ弟のツノミは王にしたてられるが、何かと諍いを起こすツノミは命を狙われ、大和へと逃がれ...