神武

神武

ナムジ(大国主命)の息子ツノミ(賀茂健角身命)がイワレヒコ(神武)に仕え、大和王朝の礎を作るまでを描いた歴史ファンタジー漫画。『ナムジ』の続篇にあたる作品。

概要

ナムジの息子ツノミは沖ノ島で育ったが、邪馬台国の軍に侵略され、於投馬(いずも)へ連れて行かれる。於投馬の相続権を持つ弟のツノミは王にしたてられるが、何かと諍いを起こすツノミは命を狙われ、大和へと逃がれた。叔父オオドシのもとで成長したツノミは、その後、邪馬台国へ向かい、ヒミコの孫・イワレヒコに仕え、彼を大和の王に迎えるべく動き始める。

登場人物・キャラクター

主人公

ナムジとタギリの長子。沖ノ島で育つ。父ナムジが隠れて後、相続権を持つ弟ツヌヒコと共に於投馬(いずも)に連行されるが、命を狙われ、叔父オオドシの治める大和に逃れた。その後、邪馬台国の皇子イワレヒコに仕え... 関連ページ:ツノミ

ヒミコの孫で邪馬台国(やまとこく)の皇子。聡明で、人の和を尊ぶ気質を持つ。幼少の頃、邪馬台国とクマソの争いを収めたことが縁となり、ツノミが臣下として仕えるようになった。日向(ひむか)の皇子として成人し... 関連ページ:イワレヒコ

タギリ

ナムジの妻でツノミの母。邪馬台国の女王ヒミコを母とする。沖ノ島でツノミら3人の子供を育てたが、夫のナムジが隠れて後は、末子ツヌヒコの後見として於投馬(いずも)に住んだ。日本神話の女神で宗像三女神の多紀理毘売命(タキリビメ)がモデル。

ツヌヒコ

ツノミの弟。成長後も言葉を発せぬ子供だったが、邪馬台国(やまとこく)ヒミコの策謀で、於投馬(いずも)の王とされた。言葉を発しない身ながら、オオドシの霊言を受け、ツノミを大和纒向(まきむく)に向かわせた。後、釣りに出かけて水死してしまう。日本神話の神・言代主命(コトシロヌシノミコト)がモデル。

テルヒメ

ナムジとタギリの娘。ツノミの妹。母タギリと共に、於投馬(いずも)の王となったツヌヒコと暮らす。邪馬台国(やまとこく)より派遣された夷守(ひなもり)若日子と結婚したが、サルタヒコの謀略により夫を殺害されてしまう。

オオドシ

スサノオの三男。ツノミの叔父。大和纒向(まきむく)を統治する。於投馬(いずも)に居づらくなったツノミをツヌヒコを通した霊言で大和に呼び寄せ、保護した。すぐれた見識を持つ王としてよく国を統治し、邪馬台国のヒミコも彼を競争相手として最も恐れていた。 日本神話の神饒速日命(ニギハヤノミコト)がモデル。

ミトシ

オオドシの娘。ナガスネヒコの姪。幼少の頃よりツノミに想いを寄せていたが、大和纒向(まきむく)の国の後継者として邪馬台国(やまとこく)の皇子イワレヒコを婿とした。イワレヒコとの間に子供をもうけたが、ツノミへの想いは断ち切れず、その後彼の元に身を寄せた。

ナガスネヒコ

。大和の豪族で武人。アビヒコの弟でミトシの叔父。イワレヒコとミトシの婚姻に反対し、軍勢を率いて、イワレヒコ一行を襲撃した。古事記に登場する大和の豪族那賀須泥毘古(ナガスネヒコ)がモデル。

アビヒコ

元大和の族長。ナガスネヒコの兄でミトシの叔父。占いと薬の製造に長けている。イワレヒコが大和纒向に婿入りすると、重傷のナガスネヒコを連れ、船に乗って、いずこかへ姿を消した。

タニグク

沖の島から従うツノミの古くからの家臣。元々はツノミの父ナムジの部下だった。ツノミの無茶に何度も付き合うが、イワレヒコの婿入りを勧めにいった際、クマソに襲われ、そのケガがもとで命を落とした。古事記に登場するヒキガエルの神・多邇具久(タニググ)がモデル。

邪馬台国(やまとこく)の女王にして巫女。イクツヒコ、クスヒ、タギリらの母。ツノミ、ツヌヒコ、テルヒメ、イワレヒコらの祖母。高みから人を照らす大巫女として君臨していたが、ナムジを使って於投馬(いずも)を... 関連ページ:ヒミコ

イタケル

スサノオの二男。オオドシの兄、ツノミの叔父。怪力の老人で大男。於投馬(いずも)熊野山一帯の草木の種を全国に植えて回っている。邪馬台国(やまとこく)とクマソの戦いでは、幼きイワレヒコを戦場に連れて行き、戦争をやめさせた。日本神話の神・五十猛神(いそたける)をモデルとした人物。

ヒミコの命で邪馬台国(やまとこく)から於投馬(いずも)に派遣された夷守(ひなもり)。サルタヒコの副官。ツノミと瓜二つの容貌をしている。ツノミの妹テルヒメと結婚したが、於投馬に積極的にとけ込み、よい政治... 関連ページ:ワカヒコ

オオドシの息子。ミトシの兄。オオドシの死後、ツノミの考えに同調し、邪馬台国からイワレヒコを妹ミトシの婿として受け入れようとする。保身に走りやすい日和見的な人物で、ツノミとミトシの間に子ができたことで、... 関連ページ:ウマシマチ

兄ウカシ

宇陀山の洞穴に棲む部族・土蜘蛛の族長。大和纒向(まきむく)に入ろうとしたツノミとイワレヒコに表向きでは協力を約束し、罠にかけて殺そうとする。しかし、ツノミとの縁でイワレヒコ側についた弟ウカシによって谷に落とされ、死亡する。古事記の登場人物・宇陀の兄宇迦斯(エウカシ)をモデルとした人物。

宇陀山の洞穴に棲む部族・土蜘蛛の族長・兄ウカシ(えうかし)の弟。ツノミと大イノシシのタテガミをとる勝負を行い、敗れた。以来、ツノミのことを認め、気に入っている。後、宇陀と吉野の山人を集めて、イワレヒコ... 関連ページ:弟ウカシ

ナムジ

ツノミ、テルヒメ、ツヌヒコの父。タギリの夫。前・於投馬王(いずもおう)。沖ノ島を本拠にムナカタ海人族を率い、於投馬の追手と十余年に渡って戦い続けていたが、邪馬台国(やまとのくに)の大軍を前にして、忽然と海の中に消え去った。その際、「生きて根の国に棲み、幽界に棲む!」と言い残した。

イセポ

窮地に陥ったツノミを度々助けた少女の霊。稲羽に生を受けた少女で、その名はウサギを意味する。ツノミの父親ナムジとも深い因縁を持つ。古事記に登場する因幡の白兎を元に創作された人物。

前作

ナムジ

2世紀後半の日本。後に大国主命と呼ばれるナムジが底辺からのし上がり、国造りに邁進するが、やがて倭国の覇権をめぐる戦いに巻き込まれていく生涯を描いた歴史ファンタジー漫画。古事記や日本書紀を題材にした作品... 関連ページ:ナムジ

書誌情報

神武 全4巻 中央公論新社〈中公文庫コミック版〉 完結

第1巻

(1997年11月発行、 978-4122030053)

第2巻

(1997年11月発行、 978-4122030060)

第3巻

(1997年12月発行、 978-4122030305)

第4巻

(1997年12月発行、 978-4122030312)

神武 全4巻 KADOKAWA〈角川コミックス・エース〉 完結

第1巻

(2013年11月発行、 978-4041209134)

第2巻

(2013年11月発行、 978-4041209141)

第3巻

(2013年12月発行、 978-4041209493)

第4巻

(2013年12月発行、 978-4041209509)

SHARE
EC
Amazon
logo