ふしぎの国のバード

ふしぎの国のバード

明治初期の日本を舞台とする。英国から来日した女性冒険家・イザベラ・バードが、東京から蝦夷ヶ島まで旅する姿を描いた旅行記漫画。

正式名称
ふしぎの国のバード
作者
ジャンル
明治時代
関連商品
Amazon 楽天

概要

1878年、明治初期の日本を舞台に、イギリス人の女性冒険家・イザベラ・バードが東京から蝦夷ヶ島までを旅する姿を描く。様々なトラブルや人々の好奇の目に悩み、日本特有の文化や食事に戸惑いながらも、関わった人々の好意や興味深い日本文化を心から楽しむ姿を描いている。

登場人物・キャラクター

主人公

実在の人物。イギリス国籍の女性冒険家で、冒険記を複数出版しており、その人気は日本に滞在するイギリス人でも良く知られているほど。この来日では、西海岸ルートで東北方面を移動し、蝦夷ヶ島(北海道)でアイヌと... 関連ページ:イザベラ・バード

実在の人物。イザベラ・バードの通訳ガイドをする日本人男性。英語がうまく、なぜそんなに英語がうまいのかというバードの質問に、子供の頃から西洋人の従者(ボーイ)をしていたからだと答えた。過去、チャールズ・... 関連ページ:伊藤 鶴吉

イザベラ・バードの妹。バードがイギリスから日本へ出発する際、手紙を欲しいと願い、バードは毎日手紙を書くと約束する。実在した人物、ヘンリエッタがモデル。 関連ページ:ヘンリエッタ

実在の人物。イギリスから来日した医療宣教師。ヘボン式ローマ字の創始者。日本に滞在する西洋人としては最長老で、人望も厚い。イザベラ・バードから通訳を探すよう依頼され、面接の場などを設ける。歴史上の実在の... 関連ページ:ジェームス・ヘボン

駐日イギリス全権公使兼総領事をつとめる男性。彼の妻、ファニー・パークスの評価は「一度決めたことは必ずやり遂げる男」で、その評価通り、イザベラ・バードの希望通りのルートで旅行免除(パスポート)の交渉を成... 関連ページ:サー・ハリー・パークス

落ち着いた雰囲気の聡明な女性。サー・ハリー・パークスの妻。ゴシップ好きの日本居留民が苦手。イザベラ・バードに携帯用の折りたたみ式のベッドをプレゼントする。歴史上の実在の人物、ファニー・パークスがモデル... 関連ページ:ファニー・パークス

人力車夫の男性。東京から粕壁までイザベラ・バードを運ぶ。背中に刺青をしている。明るく優しい性格で、言葉が通じないながらも、バードを良く気にかけてくれ、慣れない日本での旅にへこたれそうになるバードの心の... 関連ページ:弥平

イザベラ・バードが日光で宿泊した民宿の娘。数えで13才(満12才)の少女だが、家業の手伝いを良くする。明るく、少女らしい性格の持ち主で、バードの願いに応じて町を案内した。バード滞在中に初潮を迎え、その... 関連ページ:お春

日本に滞在する西洋人。イザベラ・バードを一目見ようと、イギリス領事館に押しかけた。ゴシップ好きなため、総領事の妻・ファニー・パークスからは苦手に思われている。バードの旅行記に書かれたいという下心から、... 関連ページ:イザベラ・バードを訪問した居留民

眼鏡をかけた妻と頑固そうな夫の西洋人夫婦。妻がイザベラ・バードのファンで、食事に誘った。夫は差別的な発言を厭わず、日本文化を低く見ている。 関連ページ:日光、鉢石で出会った西洋人夫婦

炒り糠と黒砂糖を混ぜ、煎餅状に焼いたものを三角にたたみ、その中に小さな玩具を隠したもの。イザベラ・フォーチュンは日光でお春という少女に町を案内してもらったさい、駄菓子屋に立ち寄り、これを口にした。 関連ページ:包み煎餅

イベント・出来事

髪上祝

『ふしぎの国のバード』に登場する慶事。少女に初潮が来たことを祝い、祝膳を設ける。少女はこの日以降、髪を結い上げ、大人として扱われるようになる。イザベラ・バードは、日光でお春という少女の髪上祝に出席する... 関連ページ:髪上祝

その他キーワード

旅行免除

『ふしぎの国のバード』に登場する書類。特定のエリア以外立ち入りを禁止されている外国人が日本国内を旅行するために必須なもの。旅行のルートや旅行期間が記されている。これを日本国政府に申請し、了解を得て旅行... 関連ページ:旅行免除

蝉退

『ふしぎの国のバード』に登場する薬。蝉の抜け殻を炙って粉状にしたもの。めまいに効く。イザベラ・バードが宿泊した民宿の娘、お春が服用していた。 関連ページ:蝉退

SHARE
EC
Amazon
logo